【加付式“連番の法則”】天皇賞(秋)など先週の回顧・検証

歴史的快挙が達成された。11月1日、東京競馬場で行われた「第162回 天皇賞(秋)」においてアーモンドアイが勝利。史上初となる芝GⅠ8勝の最多勝利記録を更新した。 <2018年・桜花賞、優駿牝馬(オークス)、秋華賞、ジャパンカップ、2019年・ドバイターフ、天皇賞(秋)、2020年・ヴィクトリアマイル、天皇賞(秋)>

これは、前週のコントレイルまでに史上2頭しか存在しなかった「無敗の3冠馬」シンボリルドルフやディープインパクトでさえも到達できなかった勝利数。しかもこの2頭をはじめ、「7勝」を超えられなかった歴史的名馬は6頭。いかに高い壁だったかがわかる、というものである。しかも「天皇賞(秋)」の連覇は牝馬初。さらには、騎乗したC.ルメール騎手は、自身の持つ天皇賞連勝記録を5連勝へと更新し、「天皇賞(秋)」の3連覇も保田隆芳元騎手以来69年ぶり2人目という快挙となった。

歴代芝GⅠ勝利数上位馬
生年馬名戦歴(GⅠ勝数)
2015アーモンドアイ14戦10勝(8)
2012キタサンブラック20戦12勝(7)
2009ジェンティルドンナ19戦10勝(7)
2004ウオッカ26戦10勝(7)
2002ディープインパクト14戦12勝(7)
1996テイエムオペラオー16戦13勝(7)
1981シンボリルドルフ16戦13勝(7)
2011モーリス18戦11勝(6)
2009ゴールドシップ28戦13勝(6)
2008オルフェーヴル21戦12勝(6)
2008ロードカナロア19戦13勝(6)
2006ブエナビスタ23戦9勝(6)

レースは、終始4~5番手につけていたアーモンドアイが直線馬なりで抜け出し、宝塚記念馬クロノジェネシスと春の天皇賞馬フィエールマンが上がり32秒台の末脚で追い込んできたが、アーモンドアイが半馬身抑え込んでゴールした。レース後には指で「8冠」ポーズをみせたルメール騎手は、目を真っ赤にして「あまりしゃべれないです。最後、ちょっと怖かったけどアーモンドアイはめちゃくちゃ強いですから」と話した。

そして先週は、「一組連番」で決着した前記「天皇賞」をはじめ、連番の法則が出現数、配当面で大暴れの2日間となった。それでは、先週の結果を振り返ろう。全結果は下表のとおり。

10月31日
-東京京都福島合計出現率(%)
ALL連番023513.9
一組連番6441438.9
同番01125.6
合計678--
出現率(%)50.058.366.7--
11月1日
-東京京都福島合計出現率(%)
ALL連番121411.1
一組連番7692261.1
同番11025.6
合計9910--
出現率(%)75.075.083.3--

※「同番」「一組連番」、同時に成立(13番→2番→3番 等)は「同番」としてカウント

先週も3場、合計72レース。出現確率No.1の「一組連番」が36レース、「ALL連番」が実に9レース、「同番」が4レース、といった出現回数。「ALL連番」は東京のみ土日で1回、配当も低めとなったが、京都では土日2回ずつ、福島は土曜3回、日曜も1回ではあったが高額配当。その他は前週同様偏った出現もなく、ほぼ平均的な出現回数ながら、高額配当が多発した。全体としても土曜東京のみ「50.0%」となったが、その他すべてで「58.3%~83.3%」の高確率出現を記録した。

「一組連番」は、計36回の出現回数。その内お勧め同枠・一組連番決着は、計11回。万馬券は7回で1桁万馬券が4回、10万超は10万、50万、80万の3回。10万と50万の2回は1番人気との同枠から、80万は「万馬券の宝庫」日曜東京最終Rで注目・3~5番人気該当の4番人気との同枠でのものであった。通常の「一組連番」、「同枠・一組連番」ともに全場両日ともに満遍なく出現し、好配当連発となった先週。こうした機会を是非逃さないようチャレンジし続けてほしい。

「同番」は、先週も回数的には当たり日は無かった。土曜東京と日曜新潟以外は、1日1回の平均出現となりすべて万馬券。全4回のうち、10万超が2回となったが土曜京都の15万馬券は人気薄(9番人気と12番人気)同士の「同番」でかなり難しかったかと思う。もう一方の日曜東京24万馬券もやや難解ではあったが、注目・3~5番人気の5番人気との「同番」で、こちらを的中出来た方が居れば「お見事」の一発回収となったであろう。残る1桁万馬券の2回も2番人気との「同番」であったので、上位人気~5番人気あたりからの「同番」相手は、常に抑えておいてほしい。

最もお勧めの「ALL連番」は、久々の爆発出現。京都、新潟で4回ずつの計8回で、配当も10万超の高額が半数の4回で、その内3回が同枠・一組連番が絡んでの「ALL連番」。京都日曜は万馬券に届かなかった1回と20万馬券の2回とも、新潟は土曜の3回中2回と日曜の1回が同枠2騎絡みで、土曜最終Rに至っては、1着同着となったため同枠・一組連番絡みで2つの万馬券となった。比較的狙い易い「ALL連番」、中でも同枠2騎を絡めれば更にチャレンジし易いと思う。

「万馬券の宝庫」最終Rは、全6レース中連番の法則決着が4レース。そして先週特筆すべき最終Rは、日曜に集中。東京は前記同枠・一組連番で80万、京都は同枠・一組連番絡みの「ALL連番」で21万、そして新潟は1番人気との「一組連番」から久々の100万馬券。法則率かつ超高額が面白いように出現するのが「最終R」をお勧めする所以で、先週はまさにその週となった。

※YouTubeは、筆者プロフィール欄のリンクから、もしくは「馬券的塾」で検索ください