京成杯オータムハンデキャップ(2020)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週は中山競馬の開幕週を飾る一戦、そしてサマーマイルシリーズを締めくくるハンデG3「京成杯オータムハンデキャップ」が開催です。一昨年は上位3頭が3番人気内で決まる堅い決着でしたが、昨年は逆に1~3番人気が馬券圏外に飛んでおり、掴みどころがない難解なハンデ戦というイメージがあります。ということで、今回は過去10年間のデータをもとに京成杯オータムHの傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気は堅実も、波乱は常に潜む

人気は「1番人気」と「2番人気」が最多タイの3勝ずつを挙げており、連対数と3着内の回数は「2番人気」が最多となっています。勝ち馬は10頭中9頭が「4番人気以内」から出ており、勝ち馬は4番人気以内から狙うのが良さそうです。下位人気を見ますと、「6~9番人気」が2着5回、3着4回とよく絡んでおり、人気薄を狙うならこの辺りが良さそうです。

堅実な決着もあり、波乱の頻度もそこまで多いわけではありませんが、2015年に222万馬券が飛び出しているように、やはりハンデ戦である以上常に大波乱の種が潜んでいると考えたほうが良さそうで、気になる伏兵馬がいれば抑えたほうが良さそうです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3007
2番人気3124
3番人気1117
4番人気2017
5番人気0118
6番人気0217
7番人気0226
8番人気0109
9番人気0019
10番人気0019
11番人気0208
12番人気00010
13番人気1009
14番人気00010
15番人気0007
16番人気0003
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0000
2.0~2.9倍1001
3.0~3.9倍3012
4.0~4.9倍2107
5.0~6.9倍1137
7.0~9.9倍21111
10.0~14.9倍03313
15.0~19.9倍01015
20.0~29.9倍03213
30.0~49.9倍00015
50.0~99.9倍10017
100.0倍以上00019
馬単/三連単データ
馬単三連単
20107,430円66,000円
20115,320円35,040円
20128,060円59,410円
20132,820円28,410円
20147,360円153,480円
2015138,000円2,227,820円
20163,470円19,430円
20176,460円68,880円
20181,740円5,960円
20195,760円180,560円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1スマイルカナ2.8
2ルフトシュトローム4.7
3トロワゼトワル5.3
4アンドラステ6.6
5シゲルピンクダイヤ8.9
6アルーシャ15.4
7ミッキーブリランテ23.7
8エントシャイデン28.1
9ラセット32.3
10アフランシール40.7
11ボンセルヴィーソ46.5
12ストーミーシー52.9
13ジャンダルム60.2
14アストラエンブレム68.0
15スイープセレリタス89.6
16フィリアプーラ125.5
17メイケイダイハード187.8
18ディープダイバー236.0
19ノーワン269.9

■「外枠」が不振&「差し」が好成績

コースは中山競馬場の芝1600mを使用。枠は「5枠」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。「1・7・8枠」からは勝ち馬は出ておらず、とくに外枠は連対数が少なめです。やや外枠が不利な傾向となっています。

脚質は「差し」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。また「逃げ」は3着内が1回のみとなっており、割引が必要と言えそうです。

中山の1600mは最初のコーナーまでの距離が約240mと短いため、外枠に入った馬は外々を回らされることが多く、外枠は不利になりやすい特徴があります。また、スタートから3コーナー途中までは下り坂が続いており、ペースも速くなりがちです。ハイペースなのも相まって、差しや追込が決まりやすいといった特徴もあります。こうしたコース形態も、外枠が不振であることや差し馬が好成績を挙げている要因の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠01113
2枠22112
3枠11216
4枠01118
5枠51112
6枠22214
7枠00217
8枠02018
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ10012
先行33429
差し54641
追い込み13038
マクリ0000
該当馬 差し馬候補
  • ルフトシュトローム
  • アンドラステ
  • シゲルピンクダイヤ
  • アルーシャ
  • ミッキーブリランテ
  • エントシャイデン
  • ラセット
  • アフランシール
  • ストーミーシー
  • スイープセレリタス

■ハンデが「55kg」の馬に注目

ハンデは最多の3勝を挙げている「55kg」の馬に注目です。馬体重の増減は、最多の5勝を挙げている「-3~+3kg」に注目です。

ハンデデータ
斤量1着2着3着4着以下
~50kg0002
51kg0001
52kg2001
53kg12113
54kg13229
55kg31221
55.5kg0000
56kg10227
56.5kg0014
57kg12015
57.5kg0114
58kg1112
58.5kg0001
59kg~0000
馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0010
-19~-10kg0216
-9~-4kg35435
-3~+3kg51454
+4~+9kg21020
+10~+19kg0105
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0000
今回減37860
同体重31222
今回増42038
該当馬 ハンデが55キロの馬
  • アルーシャ
  • トロワゼトワル
  • ボンセルヴィーソ
  • メイケイダイハード
  • ラセット

■「5歳」が好成績

年齢は、最多の4勝を挙げ、連対数と3着内の回数も最多の「5歳」に注目です。性別は8勝を挙げている「牡馬」が中心となりますが、「牝馬」も2着には4回入着しており、2着まではよく絡みます。所属は「美浦」が8勝を挙げており、関東馬が優勢です。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳20314
4歳31213
5歳45234
6歳03241
7歳11116
8歳以上0002
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬24015
牡馬8610105
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦84468
栗東26652
地方0000
外国0000
該当馬 5歳馬
  • アルーシャ
  • エントシャイデン
  • ジャンダルム
  • トロワゼトワル
  • メイケイダイハード
  • ラセット

■前走レースが「関屋記念」だった馬に注目

前走レースは2勝以上を挙げているレースはありませんが、「関屋記念」は勝ち馬こそ少ないですが2・3着には5回ずつと馬券にはよく絡みます。前走着順は「1着」が最多の7勝を挙げており、勝利数・勝率と断トツの好成績です。勝ち馬は前走を勝っている馬から狙うのが良さそうです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
関屋記念(G3)15543
七夕賞(G3)1100
中京記念(G3)1028
朱鷺S(OP)10018
日本ダービー(G1)1001
豊明S(3勝クラス)1000
長岡S(3勝クラス)1000
新潟日報賞(3勝クラス)1000
夏至S(OP)1000
阿武隈S(3勝クラス)1000
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
2勝クラス0001
3勝クラス4003
オープン特別20038
G338963
G20003
G112111
海外0000
地方0001
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着70112
2着1119
3着01310
4着01212
5着0104
6~9着04132
10着以下22241
該当馬 前走が関屋記念だった馬
  • トロワゼトワル(2着)
  • アンドラステ(3着)
  • ミッキーブリランテ(4着)
  • エントシャイデン(6着)
  • アストラエンブレム(9着)
  • ジャンダルム(11着)
  • メイケイダイハード(12着)

■騎手は「田辺裕信」と「横山典弘」が好成績

騎手は最多タイの3勝ずつを挙げている「田辺裕信」と「横山典弘」の2名の騎手に注目です。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
田辺裕信3112
横山典弘3003
戸崎圭太1201
津村明秀1106
C.ルメール1001
池添謙一1001
北村宏司0207
内田博幸0123
石橋脩0107
田中勝春0105
吉田隼人0104

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬 田辺裕信騎手と横山典弘騎手の騎乗予定馬
  • ストーミーシー(田辺裕信)
  • トロワゼトワル(横山典弘)