きさらぎ賞(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週末2月4日(日)の京都メインは「きさらぎ賞」です。一昨年の勝ち馬サトノダイヤモンドは同年の菊花賞と有馬記念を優勝し、同年のJRA最優秀3歳牡馬を受賞しました。ついこないだアメリカJCCを制したダンビュライトは昨年の同競走の3着馬で、昨年は弥生賞と皐月賞でも3着に健闘するなどクラシック路線でも活躍。この後のクラシックや中距離路線を占う意味でも重要な一戦と言えるでしょう。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にきさらぎ賞の傾向を探っていきたいと思います。

1番人気は連対率70%、堅い決着になる傾向に

人気データ
人気成績
1番人気4-3-0-3
2番人気1-2-4-3
3番人気1-0-2-7
4番人気0-2-0-8
5番人気1-2-0-7
6番人気2-0-2-6
7番人気0-0-1-9
8番人気1-1-0-8
9番人気0-0-0-7
10番人気0-0-1-4
11番人気0-0-0-4
12番人気0-0-0-3
13番人気0-0-0-2
14番人気0-0-0-1
15番人気0-0-0-1
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍1-1-0-0
2.0~2.9倍2-1-0-0
3.0~3.9倍0-1-0-1
4.0~4.9倍0-0-0-2
5.0~6.9倍1-2-5-7
7.0~9.9倍1-1-0-6
10.0~14.9倍1-2-0-8
15.0~19.9倍1-0-2-4
20.0~29.9倍1-0-0-7
30.0~49.9倍0-1-0-7
50.0~99.9倍0-0-1-12
100.0倍以上0-0-1-17
馬単/三連単データ
馬単三連単
200820,710円213,030円
2009440円31,180円
20103,860円23,630円
201118,610円89,500円
20121,260円4,970円
20135,510円28,120円
2014380円3,310円
2015390円1,270円
2016830円1,570円
20173,580円14,180円

1番人気は最多の4勝を挙げており、連対率も70%と高いです。過去10年で3着内に入った述べ30頭中17頭が1~3番人気の馬で、半数以上が3番人気内の馬でした。9番人気以下からは連対馬がゼロ、11番人気以下からは3着内がゼロで、堅い決着となる傾向にあります。

【該当馬】1番人気(下記「予想オッズ」を参考):
ダノンマジェスティ

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ダノンマジェスティ2.4
2グローリーヴェイズ3.1
3カツジ3.8
4レッドレオン10.2
5サトノフェイバー15.9
6オーデットエール29.6
7ラセット35.7
8ノーブルカリナン40.3
9エポカドーロ51.2
10ニホンピロタイド53.6
11スラッシュメタル92.3
12スーサンドン116.7
13カクリョウ219.6
14メイショウヒサカタ274.5
15トーセンスーリヤ296.9

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■「外枠」&「差し・追い込み馬」がやや優勢も、枠・脚質ともに限りなくフラットに近い

枠番データ
枠番成績
1枠1-1-0-8
2枠1-2-0-8
3枠2-1-2-6
4枠0-1-2-9
5枠1-2-0-10
6枠1-1-1-11
7枠2-1-3-9
8枠2-1-2-12
脚質データ
脚質成績
逃げ1-3-0-6
先行5-2-2-28
差し4-1-5-17
追い込み0-4-3-21

コースは京都の芝1800m。データでは「外枠」がやや優勢となっておりますが、最初のコーナーまでの距離は約910mとかなり長いので枠順の有利不利は発生しにくく、極端な差はありません。

脚質は先行・差し、いずれも決まっております。馬券圏内の頭数は「差し・追い込み馬」の方が多くなっております。

【該当馬】差し・追い込み馬:
ダノンマジェスティ
オーデットエール
ラセット
ノーブルカリナン
トーセンスーリヤ

■馬体重は「-3kg~+3kg」が好走傾向に

馬体重増減データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg2-1-0-3
-9~-4kg1-5-3-14
-3~+3kg5-2-4-36
+4~+9kg1-2-1-13
+10~+19kg1-0-2-6
+20kg~0-0-0-1
今回減5-6-4-28
同体重3-0-3-17
今回増2-4-3-28

馬体重の増減は、最多の5勝を挙げている「-3kg~+3kg」が好走傾向に。全体的には馬体重が減っている馬の好走が多いです。

■「牡馬」&「関西馬」が中心

性別データ
性別成績
牝馬1-0-0-2
牡馬9-10-10-70
所属データ
所属成績
栗東9-9-9-69
美浦1-1-1-4
地方0-0-0-0
外国0-0-0-0

「牡馬」の「関西馬」が中心となります。牝馬で馬券に絡んだのは2015年に優勝したルージュバック(1番人気)のみとなっております。

■前走「500万下だった馬」に注目、前走大敗馬は割り引きが必要

前走データ
前走成績
福寿草特別(500万下)1-3-2-4
未勝利1-2-1-5
朝日杯FS(G1)1-0-3-5
シンザン記念(G3)1-0-1-5
ラジオNIKKEI杯(G3)1-0-0-3
500万下1-0-0-3
若駒S(OP)1-0-0-3
全日本2歳優駿(G1)1-0-0-2
京都2歳S(OP)1-0-0-2
百日草特別(500万下)1-0-0-0
シクラメン賞(500万下)0-3-0-0
前走クラスデータ
前走成績
新馬0-0-0-8
未勝利1-2-3-8
500万下3-8-3-25
オープン特別2-0-0-8
G32-0-1-15
G20-0-0-1
G11-0-3-5
前走着順データ
前走着順成績
1着4-8-4-21
2着2-0-2-6
3着3-1-0-7
4着0-1-0-6
5着0-0-0-4
6~9着1-0-3-20
10着以下0-0-1-9

前走は2勝以上挙げているレースがなく、極端な傾向はありません。近年はサトノダイヤモンドやルージュバックといった「500万下」から進めてきた人気馬の好走が目立っております。

前走着順は基本的には「1~3着だった馬」が中心で、前走大敗した馬が巻き返すケースはあまり見られません。

【該当馬】前走500万下:
グローリーヴェイズ
オーデットエール
スーサンドン
カクリョウ
メイショウヒサカタ
トーセンスーリヤ

■騎手は「武豊」&「M.デムーロ」に注目

騎手データ
騎手成績
武豊2-1-1-2
M.デムーロ2-0-0-1
和田竜二1-1-0-4
小牧太1-1-0-1
C.ルメール1-0-1-0
松若風馬1-0-0-1
戸崎圭太1-0-0-0
O.ペリエ1-0-0-0
秋山真一郎0-1-1-1
川田将雅0-1-1-3
藤岡佑介0-1-0-2

騎手は最多2勝を挙げている「武豊」と「M.デムーロ」に注目。

【該当馬】武豊騎手の騎乗予定馬:
なし

M.デムーロ騎手の騎乗予定馬:
グローリーヴェイズ