北九州記念(2020)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週はサマースプリントシリーズの第4戦となる「北九州記念」が小倉競馬場で開催されます。昨年は9番人気のダイメイプリンセスが優勝し、一昨年は1~3番人気が馬券圏外に飛び、その前は二桁人気馬が2頭も馬券に絡んで107万馬券が飛び出す波乱の結果となりました。夏のローカルハンデ重賞らしい波乱傾向の強いレースです。今回は過去10年間のデータをもとに北九州記念の傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気不振、波乱傾向は強め

人気は「1番人気」が0勝、「2・3番人気」も1勝ずつとなっており、上位人気の勝率は極めて低いです。勝利数は「8番人気」の4勝が最多で、「9番人気」も1勝を挙げるなど下位人気の台頭が目立ちます。「10番人気以下」からは勝ち馬は出ていませんが、2着3回、3着2回と馬券にはよく絡んでおり、穴馬もよく絡みます。3連単は10万馬券以上が5回で、そのうち2回は100万馬券以上の高額配当となっており、波乱傾向は強めです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気0217
2番人気1117
3番人気1216
4番人気0118
5番人気1117
6番人気2026
7番人気0019
8番人気4006
9番人気1009
10番人気00010
11番人気00010
12番人気0109
13番人気0108
14番人気0108
15番人気0018
16番人気0008
17番人気0016
18番人気0006
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0100
2.0~2.9倍0101
3.0~3.9倍0013
4.0~4.9倍0102
5.0~6.9倍2119
7.0~9.9倍13414
10.0~14.9倍30215
15.0~19.9倍20012
20.0~29.9倍10020
30.0~49.9倍13021
50.0~99.9倍00115
100.0倍以上00126
馬単/三連単データ
馬単三連単
201015,400円202,330円
20118,250円39,250円
201262,760円997,220円
20139,480円55,230円
201453,270円3,953,810円
20151,940円13,770円
20164,970円34,850円
201724,410円1,078,270円
20187,630円71,170円
201922,790円117,900円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1モズスーパーフレア2.3
2ジョーカナチャン4.8
3アウィルアウェイ6.5
4レッドアンシェル8.9
5タイセイアベニール12.1
6ダイメイプリンセス13.6
7アンヴァル15.0
8ラブカンプー19.7
9カリオストロ23.9
10エイシンデネブ30.1
11トゥラヴェスーラ33.6
12メイショウキョウジ52.2
13ゴールドクイーン62.5
14ジョイフル77.9
15メイショウカズヒメ84.4
16マイネルグリット102.5
17ブライティアレディ185.2
18ビアイ213.6
19クライムメジャー256.8
20イエローマリンバ287.8
21プリディカメント303.6
22メジェールスー356.3

■「外枠」&「差し」が好成績

コースは小倉の芝1200mを使用。枠は「8枠」が最多の3勝を挙げており、3着内の回数も最多です。「1枠」は3着内が1着1回、「2枠」は1着2回となっており、内枠はやや不振です。3着内に入った30頭中約半分の14頭が6枠よりも外の馬となっており、外枠が好走傾向にあります。

脚質は「差し」が最多の6勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。小倉の1200mは最初のコーナーまでの距離が479mと長く、スタートしてすぐに下りとなるため前傾ラップになりやすい特徴があります。最後の直線も短く先行逃げ切りが決まりそうなイメージがありますが、序盤のオーバーペースで差しがよく決まります。こうしたコース形態も、差し馬が好走している要因の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠10017
2枠20017
3枠12214
4枠14114
5枠10118
6枠12215
7枠01123
8枠31320
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ00010
先行35330
差し64455
追い込み11243
マクリ0010
該当馬 差し馬候補
  • アウィルアウェイ
  • レッドアンシェル
  • タイセイアベニール
  • ダイメイプリンセス
  • エイシンデネブ
  • ジョイフル

■ハンデは「55kg」が好成績

ハンデは、最多の4勝を挙げ、連対数も最多の「55kg」に注目です。馬体重の増減は、最多の5勝を挙げ、連対数と3着内の回数も最多の「-3~+3kg」に注目です。

ハンデデータ
斤量1着2着3着4着以下
~50kg00014
51kg0018
52kg24110
53kg22227
54kg10326
55kg43019
55.5kg0011
56kg11220
56.5kg0002
57kg0008
57.5kg0002
58kg0001
58.5kg0000
59kg~0000
馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0001
-19~-10kg0007
-9~-4kg02122
-3~+3kg55557
+4~+9kg42336
+10~+19kg11110
+20kg~0005
不明・初出走・未更新0000
今回減25143
同体重11230
今回増74765
該当馬 ハンデが55キロの馬
  • ジョーカナチャン
  • トゥラヴェスーラ
  • メイショウキョウジ

■「4歳」が好成績

年齢は「4歳」「5歳」「6歳」が3勝ずつを挙げていますが、中でも「4歳」は母数が少なさを考えると好成績で、勝率・連対率・複勝率の全てがトップとなっています。性別は「牝馬」が6勝を挙げており、2・3着も6回ずつとなっており牝馬の好走が目立っています。所属は「栗東」が9勝を挙げており、関西馬が中心となります。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳02217
4歳34419
5歳34135
6歳30239
7歳10119
8歳以上0009
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬66656
牡馬44482
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦1009
栗東91010129
地方0000
外国0000
該当馬 4歳馬
  • アウィルアウェイ

■前走レースが「アイビスSD」だった馬に注目

前走レースは、最多の4勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「アイビスSD」に注目です。前走着順は「1着」が最多の4勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。ただ、「6着以下」だった馬も4勝を挙げており、前走大敗馬の巻き返しも目立ちます。前走で掲示板外に敗れた馬にも十分警戒しておく必要がありそうです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
アイビスSD(G3)43337
バーデンバーデンC(OP)20220
佐世保S(3勝クラス)1114
CBC賞(G3)10329
佐世保特別(2勝クラス)1000
ルミエールS(OP)1000
北九州短距離S(3勝クラス)0101
葵S(OP)0102
船橋S(3勝クラス)0100
水無月S(3勝クラス)0100
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
2勝クラス1103
3勝クラス14115
オープン特別32236
G353677
G20002
G10015
海外0000
地方0000
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着47318
2着01212
3着1007
4着10112
5着0008
6~9着32136
10着以下10344
該当馬 前走がアイビスSDだった馬
  • ジョーカナチャン(1着)
  • メイショウカズヒメ(4着)
  • ダイメイプリンセス(5着)
  • ラブカンプー(10着)
  • ゴールドクイーン(16着)

■騎手は「北村友一」&「武豊」に注目

騎手は2勝ずつを挙げている「北村友一」と「武豊」の2名の騎手に注目です。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
北村友一2106
武豊2013
藤岡康太1212
秋山真一郎1100
福永祐一1001
小牧太1004
菱田裕二1001
丸田恭介1000
高倉稜0116
川田将雅0112
幸英明0108

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬 北村友一騎手と武豊騎手の騎乗予定馬
  • アンヴァル(北村友一)
  • トゥラヴェスーラ(武豊)