小倉大賞典(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今年の小倉競馬の一発目の重賞は「小倉大賞典」です。小倉で行われる数少ない中距離重賞の一つですが、ローカル開催のハンデ戦ということもあり波乱要素を多分に含んだレースと言えるでしょう。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心に小倉大賞典の傾向を探っていきたいと思います。

■「6枠」が好成績、伏兵の台頭に警戒必要

人気データ
人気成績
1番人気1-2-2-5
2番人気1-2-0-7
3番人気1-0-0-9
4番人気1-0-1-8
5番人気1-0-4-5
6番人気3-2-0-5
7番人気2-0-1-7
8番人気0-2-0-8
9番人気0-1-0-9
10番人気0-1-0-9
11番人気0-0-1-9
12番人気0-0-0-10
13番人気0-0-1-9
14番人気0-0-0-10
15番人気0-0-0-10
16番人気0-0-0-8
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-0-0
2.0~2.9倍1-2-2-0
3.0~3.9倍0-0-0-4
4.0~4.9倍0-1-0-4
5.0~6.9倍2-1-0-8
7.0~9.9倍1-1-4-11
10.0~14.9倍3-2-2-14
15.0~19.9倍2-0-1-13
20.0~29.9倍1-2-0-19
30.0~49.9倍0-1-1-21
50.0~99.9倍0-0-0-20
100.0倍以上0-0-0-14
馬単/三連単データ
馬単三連単
20086,940円64,610円
20095,020円35,500円
201010,460円344,930円
201140,890円179,710円
201228,100円127,400円
20135,700円52,270円
20143,780円34,990円
20157,580円93,800円
20164,910円45,220円
201714,190円141,970円

最多勝利は3勝をあげている「6番人気」で、次いで高いのは2勝をあげている7番人気で、それ以外は1勝となっております。2006年から12年連続で6番人気以下の馬が連対しており、伏兵の台頭が目立ちます。

配当も10万馬券以上が4回と多く、高配当も期待できるレースと言えるでしょう。

【該当馬】6番人気(下記「予想オッズ」参考):
ストレンジクォーク

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ウインガナドル2.8
2ダッシングブレイズ4.8
3クインズミラーグロ6.0
4ダノンメジャー8.2
5トリオンフ12.4
6ストレンジクォーク15.6
7スズカデヴィアス17.2
8ヒットザターゲット26.6
9サトノアリシア32.4
10ヤマカツライデン35.1
11クラリティスカイ40.7
12サトノスティング48.3
13トラスト66.7
14マサハヤドリーム87.5
15ケイティープライド118.2
16ハッピーユニバンス206.3
17ヒラボクプリンス245.1
18タイセイサミット311.7

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■「1枠」&「逃げ馬」が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠2-4-1-13
2枠1-2-1-15
3枠2-1-1-16
4枠2-0-1-17
5枠1-0-1-17
6枠0-0-4-16
7枠0-3-1-16
8枠2-0-0-18
脚質データ
脚質成績
逃げ4-0-0-7
先行1-2-4-27
差し2-6-6-48
追い込み1-1-0-3

コースは小倉競馬場の芝1800m。右回りの典型的な小回り・平坦コースで、スタートしてすぐに1コーナーへ差し掛かるため、自然とペースは落ち着きやすいコースです。外枠の馬はコースロスが大きく、脚を溜めにくいく、開催の前半は特に内枠の先行馬が有利な傾向が強くなっております。データでも「1枠」が2勝、連対率60%、複勝率70%と好成績をあげており、内枠が有利な傾向となっております。

脚質は、序盤の直線の短さからもラップは速くならず、平均的な流れになることが多いです。従って前が残りやすいコースといえるでしょう。データでは「逃げ馬」が最多の4勝をあげており、逃げ切るケースが多く見られます。

【該当馬】逃げそうな馬:
クインズミラーグロ
ウインガナドル
ダノンメジャー
トラスト
ヤマカツライデン

■ハンデは「55キロ」、馬体重は「+4kg~+9kg」が好走傾向に

ハンデデータ
斤量成績
~50kg0-0-0-0
51kg0-0-0-2
52kg0-0-0-13
53kg0-0-0-7
54kg1-1-1-25
55kg3-1-4-33
55.5kg0-0-0-0
56kg2-2-2-25
56.5kg0-0-0-2
57kg1-0-2-7
57.5kg1-0-2-7
58kg1-1-0-2
58.5kg0-0-0-0
59kg~0-0-0-0
馬体重増減データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-1
-19~-10kg0-1-2-9
-9~-4kg2-2-1-28
-3~+3kg2-4-1-53
+4~+9kg6-2-5-26
+10~+19kg0-1-0-11
+20kg~0-0-1-0
今回減3-4-3-57
同体重0-3-1-13
今回増7-3-6-58

ハンデは最多の3勝をあげている「55キロ」が好走傾向に。馬体重の増減は最多の6勝をあげている「+4kg~+9kg」が好走しており、全体的には馬体重が増えている馬の好走が多いです。

■「4歳」&「関西馬」に注目

馬齢データ
馬齢成績
4歳2-2-2-20
5歳4-2-4-34
6歳1-1-2-32
7歳以上2-5-1-33
性別データ
性別成績
牝馬0-0-0-13
牡馬10-10-10-115
所属データ
所属成績
栗東9-9-8-111
美浦1-1-2-17
地方0-0-0-0
外国0-0-0-0

最多の4勝をあげ、3着内の頭数も一番多い「4歳馬」に注目。牝馬は過去10年で3着内はゼロ頭。所属は「関西馬」が中心となります。

【該当馬】4歳の関西馬:
サトノアリシア
トラスト
トリオンフ

■前走が「中山金杯」だった馬に注目。大敗馬の巻き返しにも警戒必要

前走データ
前走成績
中山金杯(G3)3-1-4-12
アメリカJCC(G2)1-0-2-3
毎日王冠(G2)1-0-0-1
金鯱賞(G2)1-0-0-1
有馬記念(G1)1-0-0-1
新春S(1600万下)1-0-0-0
松籟S(1600万下)1-0-0-0
リゲルS(OP)1-0-0-0
日経新春杯(G2)0-3-1-11
ニューイヤーS(OP)0-2-0-7
前走クラスデータ
前走成績
1600万下2-1-0-11
オープン特別1-2-1-30
G33-3-6-64
G23-4-3-20
G11-0-0-3
前走着順データ
前走着順成績
1着2-3-0-19
2着0-1-0-6
3着1-1-2-3
4着1-1-1-7
5着1-0-1-12
6~9着1-2-3-32
10着以下4-2-3-47

前走は最多の3勝をあげ、3着内の頭数も一番多い「中山金杯」に注目。前走着順は10着以下だった馬が4勝をあげるなど、大敗からの巻き返しも目立っております。

【該当馬】前走が中山金杯だった馬:
ストレンジクォーク(3着)
タイセイサミット(13着)

■騎手は「川田将雅」と「秋山真一郎」に注目

騎手データ
騎手成績
川田将雅2-0-0-1
秋山真一郎2-0-0-4
藤岡康太1-2-0-4
川須栄彦1-0-0-2
大野拓弥1-0-0-0
武士沢友治1-0-0-0
横山典弘1-0-0-0
武豊0-2-0-0
福永祐一0-1-2-0
丸田恭介0-1-1-2
丹内祐次0-1-0-5

騎手は最多の2勝ずつをあげている「川田将雅」と「秋山真一郎」に注目。

【該当馬】川田将雅の騎乗予定馬:
トリオンフ

秋山真一郎の騎乗予定馬:
なし