共同通信杯(2020)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週末はクラシックの重要ステップレースとも言われる一戦「共同通信杯」が東京競馬場で開催。将来のG1馬選抜戦と言ってもいいほど重要なレースの1つとなっており、注目度の高いレースです。ということで、今回は過去10年間のデータをもとに共同通信杯の傾向を探っていきたいと思います。

■「3番人気」が好成績

人気は「3番人気」が最多の4勝を挙げており、連対数と3着内の回数は最多です。複勝率も80%と好走率は高く、軸としては最適です。「1番人気」は1勝のみと勝率は低く、勝ち切れない傾向にあります。人気薄を見ますと「7番人気以下」が連対数が0回(0-0-2-51)となっており、穴は来ても3着までいうイメージです。配当も2018年以外は順当な決着がほとんどで、基本的には堅実な決着傾向が強いです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気1324
2番人気2215
3番人気4222
4番人気0118
5番人気0118
6番人気2206
7番人気00010
8番人気0009
9番人気0018
10番人気0018
11番人気0007
12番人気0005
13番人気0003
14番人気0001
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0312
2.0~2.9倍1011
3.0~3.9倍1013
4.0~4.9倍3204
5.0~6.9倍2123
7.0~9.9倍1114
10.0~14.9倍1224
15.0~19.9倍0007
20.0~29.9倍1107
30.0~49.9倍00111
50.0~99.9倍00015
100.0倍以上00122
馬単/三連単データ
馬単三連単
20103,230円6,750円
20113,680円30,970円
2012780円3,790円
20132,370円79,330円
20141,050円3,190円
20151,810円10,870円
201622,270円98,880円
20174,860円16,620円
201813,620円566,290円
2019800円2,170円
該当馬 1番人気
  • マイラプソディ(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1マイラプソディ2.0
2フィリオアレグロ3.3
3ダーリントンホール5.2
4ビターエンダー9.8
5ココロノトウダイ15.6
6サトノインプレッサ23.1
7シングンバズーカ29.7
8マートルフィールド46.8
9エン52.3
10コンバットマーチ63.5
11シコウ75.5
12スウィートメリナ136.0
13アジュバント196.4

■「外枠」が不振&「先行」が好成績

コースは東京競馬場の芝1800mを使用。枠は「1枠」と「5枠」が最多の3勝を挙げており、連対数も最多タイとなっております。「6枠」より外は勝利数が1回のみとなっており、外枠の馬が勝ち切れない傾向にあります。

脚質は「先行」が最多の6勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。東京の1800mは3コーナーまで750mと距離があり、先行争いはさほど激しくなりにくいため、前半と中盤のペースが遅くなりがちです。後半3Fが速いという典型的な上がり勝負になりやすく、位置取りが後ろ過ぎると届かないケースが多いです。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠3106
2枠1207
3枠1109
4枠1156
5枠31011
6枠01214
7枠12214
8枠01116
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0218
先行64717
差し24125
追い込み20131
マクリ0002
該当馬 先行馬候補
  • サトノインプレッサ
  • エン
  • コンバットマーチ
  • シコウ

■馬体重の増減が「+4~+9kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の4勝を挙げている「+4~+9kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg1005
-9~-4kg21328
-3~+3kg35536
+4~+9kg43111
+10~+19kg0113
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0000
今回減33343
同体重02515
今回増75225

■どのレースから来る馬にもチャンスあり

前走レースは、「ホープフルS」と「東京スポーツ杯2歳S」が2勝ずつを挙げておりますが、今年はいずれのレースからも出走馬が来ておりません。他のレースについては傾向らしい傾向は見られず、前走レースについてはどのレースから来る馬にもチャンスがあると考えたいと思います。

前走着順は、最多の5勝を挙げている「1着」に注目です。また、勝ち馬は10頭中9頭が「3着以内」に入線していた馬でした。勝ち馬は前走で馬券圏内に入った馬から狙うのが良さそうです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
ホープフルS(G1)※2126
東京スポーツ杯2歳S(G3)2112
ラジオNIKKEI杯(G3)1113
新馬1104
若駒S(OP)1100
1勝クラス1013
ジュニアC(OP)1003
ひいらぎ賞(1勝クラス)1000
朝日杯FS(G1)0303
セントポーリア賞(1勝クラス)0200

※G1昇格前のホープフルS含む

前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
新馬1105
未勝利00012
1勝クラス22225
オープン特別3226
G332622
G21004
G10304
海外0000
地方0005
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着54329
2着3318
3着1234
4着0004
5着0008
6~9着01120
10着以下00210

■どの騎手にもチャンスあり

騎手は「蛯名正義」騎手が最多の3勝を挙げておりますが、今年は騎乗予定がありません。他の騎手については傾向らしい傾向は見られず、騎手についてはどの騎手にもチャンスがあると考えたいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
蛯名正義3012
戸崎圭太1112
福永祐一1100
北村宏司1013
内田博幸1003
横山典弘1006
柴田善臣1003
四位洋文1000
岩田康誠0111
F.ベリー0101
M.デムーロ0101

※現役騎手のみを表示しております。