京都記念(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

昨年大阪杯がG1に昇格したことで、前哨戦として注目度が上がった京都記念。もともと古馬の有力馬が年明け初戦として出走することが多いレースでしたが、今後もますます注目されていくことでしょう。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心に京都記念の傾向を探っていきたいと思います。

■3番人気複勝率70%、上位人気が堅実

人気データ
人気成績
1番人気3-2-1-4
2番人気0-1-4-5
3番人気3-3-1-3
4番人気0-2-2-6
5番人気1-2-0-7
6番人気3-0-0-7
7番人気0-0-0-10
8番人気0-0-0-10
9番人気0-0-1-9
10番人気0-0-0-9
11番人気0-0-1-7
12番人気0-0-0-6
13番人気0-0-0-3
14番人気0-0-0-2
15番人気0-0-0-2
16番人気0-0-0-1
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍1-1-1-2
2.0~2.9倍1-1-1-0
3.0~3.9倍1-1-2-6
4.0~4.9倍1-0-2-2
5.0~6.9倍0-2-0-2
7.0~9.9倍4-2-1-6
10.0~14.9倍1-0-1-5
15.0~19.9倍0-2-0-7
20.0~29.9倍0-1-0-6
30.0~49.9倍1-0-1-12
50.0~99.9倍0-0-1-11
100.0倍以上0-0-0-32
馬単/三連単データ
馬単三連単
20081,580円78,590円
20092,380円55,520円
20101,670円3,980円
20111,650円5,390円
20124,810円18,600円
20135,570円25,280円
201413,700円81,540円
20155,900円24,210円
20165,690円45,480円
20176,090円16,070円

過去10年で馬券に絡んだ馬述べ30頭中、18頭が1~3番人気の馬でした。とくに「3番人気」は3勝、連対率60%、複勝率70%と好成績。4勝を挙げている単勝オッズ「7.0~9.9倍」の馬とも照らし合わせて考察したいところです。また、7番人気以下は連対ゼロで、3着が2頭のみと波乱度は低いレースとなっております。

【該当馬】3番人気(下記「予想オッズ」を参考):
アルアイン

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1レイデオロ2.0
2モズカッチャン3.6
3アルアイン5.8
4クロコスミア15.4
5ディアドラ21.3
6ミッキーロケット26.7
7クリンチャー35.8
8ケントオー89.1
9プリメラアスール163.7
10アクションスター231.6

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■「外枠」&「逃げ・先行馬」が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠0-2-0-9
2枠1-0-1-10
3枠1-0-1-10
4枠1-2-2-9
5枠1-1-1-12
6枠3-0-0-15
7枠0-4-1-14
8枠3-1-4-12
脚質データ
脚質成績
逃げ1-1-2-6
先行7-3-5-25
差し2-5-2-23
追い込み0-1-1-36

コースは京都競馬場の芝2200m。最初のコーナーまでの距離は約400mと長く、枠順の有利不利は発生しにくそうですが、データでは6枠と8枠が最多の3勝をあげ、7枠も勝利数はゼロですが2着馬が4頭おり、全体的に「外枠」の好走が目立っております。

3コーナーの下り坂で一気にペースが速くなり、そのまま最後の直線でどこまでトップスピードを維持できるかの勝負になりやすいです。一瞬の切れよりも、スピードの持続力が問われます。脚質は先行馬が7勝と好走しており、「逃げ・先行」の好走が多いです。ある程度前の位置を取りに行ける馬に注目したいところです。

【該当馬】逃げ・先行馬:
クロコスミア
クリンチャー
プリメラアスール

■馬体重マイナスは割り引き

馬体重増減データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg0-0-0-3
-9~-4kg1-0-0-15
-3~+3kg1-1-1-34
+4~+9kg4-4-3-24
+10~+19kg4-4-4-13
+20kg~0-1-1-2
今回減2-1-0-28
同体重0-0-0-10
今回増8-9-9-52

馬体重の増減は、最多の4勝ずつ挙げている「+4kg~+9kg」、「+10kg~+19kg」が好走しており、馬体重が増えている馬が8勝と好成績。馬体重がマイナスの馬は割り引いても良さそうです。

■近年は牝馬の好走が目立つ

馬齢データ
馬齢成績
4歳4-3-2-24
5歳5-1-6-20
6歳1-5-1-24
7歳以上0-1-0-21
性別データ
性別成績
牝馬1-3-0-14
牡馬9-7-10-77
所属データ
所属成績
栗東8-8-10-70
美浦2-2-0-21
地方0-0-0-0
外国0-0-0-0

牝馬で優勝したのは2010年のブエナビスタ1頭のみですが、2着には3頭も絡んでおり、昨年はスマートレイアー(5番人気)、一昨年はタッチングスピーチ(3番人気)と2年連続で「牝馬」が連対しております。3頭は全て5番人気内の牝馬でした。当日5番人気内の牝馬には要注意。

【該当馬】牝馬
モズカッチャン
クロコスミア
ディアドラ
プリメラアスール

■前走「G1だった馬」が中心

前走データ
前走成績
有馬記念(G1)4-1-3-7
香港ヴァーズ(G1)2-1-0-0
中山金杯(G3)1-1-0-4
天皇賞秋(G1)1-1-0-0
京都金杯(G3)1-0-1-2
新潟記念(G3)1-0-0-0
エリザベス女王杯(G1)0-2-0-2
ディセンバーS(OP)0-1-0-1
ダイヤモンドS(G3)0-1-0-1
ステイヤーズS(G2)0-1-0-1
鳴尾記念(G3)0-1-0-0
前走クラスデータ
前走成績
1600万下0-0-0-6
オープン特別0-1-0-11
G33-3-1-18
G20-1-2-38
G17-4-6-17
前走着順データ
前走着順成績
1着2-4-1-12
2着2-1-1-8
3着1-1-1-5
4着0-1-1-8
5着0-1-0-6
6~9着3-0-3-28
10着以下2-1-3-23

前走は、最多の7勝をあげている「前走G1だった馬」が中心となります。中でも4勝をあげている「有馬記念」に注目。

前走着順は6着以下からも勝ち馬が5頭出ております。前走負けていた馬でも巻き返してくるケースが目立ちます。

【該当馬】前走G1だった馬:
レイデオロ(ジャパンC・2着)

■騎手は「武豊」&「福永祐一」に注目

騎手データ
騎手成績
武豊2-1-1-2
横山典弘2-0-0-1
M.デムーロ2-0-0-1
四位洋文1-0-0-3
U.リスポリ1-0-0-0
戸崎圭太1-0-0-0
福永祐一0-3-1-4
川田将雅0-1-1-7
池添謙一0-1-1-6
岩田康誠0-1-1-3
藤岡佑介0-1-0-4

騎手は最多の2勝を挙げ、かつ3着内の頭数が一番多い「武豊」に注目。さらに、勝利実績はありませんが、2着が3回の「福永祐一」にも注目です。

【該当馬】武豊騎手の騎乗予定馬:
なし

福永祐一の騎乗予定馬:
ディアドラ