京都新聞杯(2020)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週はダービーへ向けて賞金を加算しておきたい馬が多数出走する「京都新聞杯」が京都競馬場で開催されます。本賞金を加算してダービーへ出走する馬も多く、日本ダービーへの“最終便”とも呼ばれている一戦です。今回は過去10年間のデータをもとに京都新聞杯の傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気はまずまず、近年は波乱傾向

人気は「3番人気」が最多の3勝を挙げており、連対数は「2番人気」、3着内の回数は「1番人気」と「2番人気」が最多タイとなっています。上位人気はまずまずの成績ですが、現在2年連続で11番人気が馬券に絡んでおり近年は波乱傾向です。人気薄を見ますと「12番人気以下」は3着内が0回ですが「7~11番人気」は3着内が9頭と多く、このあたりが穴馬の取捨基準となりそうです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気2224
2番人気2404
3番人気3007
4番人気0028
5番人気1018
6番人気0028
7番人気1018
8番人気0109
9番人気0208
10番人気0019
11番人気1117
12番人気00010
13番人気0009
14番人気0008
15番人気0006
16番人気0005
17番人気0003
18番人気0001
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍1001
2.0~2.9倍1000
3.0~3.9倍0222
4.0~4.9倍2203
5.0~6.9倍12011
7.0~9.9倍2028
10.0~14.9倍21312
15.0~19.9倍00113
20.0~29.9倍0108
30.0~49.9倍11113
50.0~99.9倍01117
100.0倍以上00034
馬単/三連単データ
馬単三連単
20102,370円7,580円
20114,320円113,100円
20125,910円21,000円
20133,020円52,030円
20146,990円55,130円
20152,460円13,160円
20165,300円33,810円
20171,700円15,190円
201826,970円269,100円
201919,180円214,830円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1アドマイヤビルゴ2.0
2アリストテレス3.5
3ファルコニア5.8
4マンオブスピリット9.7
5シルヴェリオ15.8
6ディープボンド22.1
7キングオブドラゴン36.2
8メイショウダジン40.6
9プレシオーソ42.5
10ホウオウエクレール50.3
11ウシュバテソーロ55.9
12メイショウサンガ64.7
13サペラヴィ75.1
14イロゴトシ88.2
15アンセッドヴァウ163.3
16マイネルブラシウス212.4
17キッズアガチャー238.0

■内外の有利不利は少なめ、脚質は「差し」が好成績

コースは京都競馬場の芝2200mを使用。枠は「2枠」が最多の4勝を挙げており、勝利数は断トツです。ただ、馬券圏内の数で見るとどの枠もまんべんなく好走しており、内外の有利不利は少なめです。「1枠」は2・3着に1回ずつ、「5枠」は3着が1回のみと少ないので、この2つの枠がデータ的には割り引きです。

脚質は「差し」が最多の6勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。京都の芝2200mは最後の直線が約400mと長く、3コーナーから下り坂で勢いがつくため馬群がばらけやすく、内をついてくる差し馬が好走するパターンがよく見られます。こうしたコース形態も差し馬が好走している要員の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠01113
2枠40111
3枠22113
4枠03115
5枠00119
6枠12314
7枠22017
8枠10220
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0109
先行25127
差し64745
追い込み20241
マクリ0000
該当馬 差し馬候補
  • アリストテレス
  • ファルコニア
  • マンオブスピリット
  • メイショウサンガ

■馬体重の増減が「-3~+3kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の6勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「-3~+3kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg0016
-9~-4kg13231
-3~+3kg65555
+4~+9kg22122
+10~+19kg1017
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0001
今回減45855
同体重22027
今回増43239

■前走レースが「毎日杯」だった馬に注目

前走レースは「はなみずき賞」と「毎日杯」が2勝ずつを挙げていますが、はなみずき賞は2017年を最後に廃止となってしまったため、今年は前走が毎日杯だった馬に注意したいと思います。

前走着順は「1着」が最多の7勝を挙げており、勝利数は断トツです。また、連対数と3着内の回数も最多で、好成績です。前走を勝っている馬は連続好走する可能性が高そうです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
はなみずき賞(1勝クラス)22014
毎日杯(G3)2026
皐月賞(G1)11110
大寒桜賞(1勝クラス)1010
アザレア賞(1勝クラス)1005
新緑賞(1勝クラス)1001
ムーニーバレーRC賞(1勝クラス)1005
共同通信杯(G3)1000
若葉S(OP)0205
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
新馬0001
未勝利00031
1勝クラス65452
オープン特別02110
G33138
G20118
G111110
海外0001
地方0001
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着73159
2着0226
3着00112
4着1213
5着0028
6~9着13318
10着以下10016
該当馬 前走が毎日杯だった馬
  • メイショウダジン(5着)

■どの騎手にもチャンスあり

騎手は「武豊」が唯一2勝を挙げていますが、今年は騎乗予定がありません。その他の騎手については傾向らしい傾向は見られないため、騎手についてはフラットな予想で考えたいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
武豊2104
浜中俊1205
川田将雅1106
池添謙一1017
藤岡佑介1013
秋山真一郎1011
酒井学1004
C.ウィリアムズ1001
戸崎圭太1000
岩田康誠0215
藤岡康太0112

※現役騎手のみを表示しております。