【NHKマイル2016予想】新星ハクサンルドルフが未知の魅力で実績馬達をまとめて差し切る!?

© kanegen

残念ながら桜花賞馬ジュエラーの骨折が判明し、余計にメジャーエンブレムの路線変更が残念なところですが、そのメジャーエンブレムが中心となりそうなNHKマイルが行われます。

幻の三冠馬と呼ばれたメジャーエンブレムとあのレベルの高い牡馬クラシック路線で皐月賞8着、新潟2歳のチャンピオン、ロードクエストの路線変更組を中心に、共同通信杯で皐月賞を勝ったディーマジェスティの2着に好走しているイモータル、ファルコンステークスの1,2着トウショウドラフタとブレイブスマッシュ、巻き返しを狙うシュウジ、その他にもニュージーランドトロフィーの上位組と様々な路線から3歳馬のマイルチャンピオンを決めるNHKマイルに参戦してきました。

特にメジャーエンブレムとロードクエストは格の違いを見せつけてもいいだけの実績があって無視できない感じですが、私が注目しているのはハクサンルドルフです。ハクサンルドルフは前走で500万を勝利したばかりで初重賞がGⅠと常識的には難しい実績の馬と言えるでしょう。しかし、この馬にはもしかして!?と思わせる未知の魅力があるのです。

ハクサンルドルフはこれまでの2勝は、いずれも阪神のマイルで追い込みで決めてきました。未勝利と500万なので、まあそういうこともあるかという感じですが、500万の勝利はその内容に注目すべき点があったのです。阪神マイルで稍重の馬場勝ち時計が1分34秒0で上がりが33.9秒だったのですが、その翌日に行われたのが同条件で行われた桜花賞で勝ち時計は1分33秒4で勝馬ジュエラーノ上がり33.0秒、レースの上りが34秒3でした。さすが牝馬とは言えGⅠは違うなあと思いますが、今回出走し有力馬となるメジャーエンブレムを見てみると1分33秒8で上りが34.2秒です。実はあまり変わらないのです。確かに、メジャーエンブレムは直線で不利もありましたし多頭数でGⅠのレースと500万の13頭立ては違います。しかし、ハクサンルドルフは2月デビューでまだ4戦しかしていません。経験によってまだまだ上積みがあるのです。重賞の経験はありませんが、GⅠレベルに近いレースをして勝った経験が初めての重賞で、NHKマイルで活かされる可能性も十分あるのです。

さらに、今回は2007年NHKマイルを17番人気で追い込んで勝利した内田騎手に乗り替わります。追い込みで結果を出してきたハクサンルドルフには、合う騎手と言えます。

メジャーエンブレムやロードクエストはすばらしい馬ですし、その他の実績を積んできた馬達もいい馬でしょう。でもハクサンルドルフには未知の魅力があります。そして今回のNHKマイルでは、メジャーエンブレムは逃げに徹することでしょう。そうなれば、他のいい馬達も追いかけない訳にはいかないでしょうから、ハクサンルドルフ向きのペースになる可能性が十分あり得ます。そうなれば・・・・新星ハクサンルドルフが未知の魅力で実績馬達をまとめて差し切っちゃうかも!