新潟2歳ステークス(2020)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

新潟競馬の日曜メインは2歳重賞の「新潟2歳ステークス」です。2歳若駒とあってキャリアが浅く、各馬の評価が非常に難しい一戦です。情報が少ないため再現性は他のレースに比べて低くなりますが、過去10年間のデータをもとに新潟2歳Sの傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気の勝率は高めも、ヒモ荒れ警戒

人気は「1番人気」と「3番人気」が4勝ずつを挙げており、連対数と3着内の回数は「1番人気」が最多となっています。勝ち馬は10頭中9頭が「4番人気以内」から出ており、上位人気の勝率は高めです。下位人気を見ますと「8番人気」が3着3回、「9番人気」が3着2回、「10番人気以下」は2着が3回となっており、勝ち馬こそ出ていませんが、2・3着にはよく絡みます。3連単は10万馬券以上が過去10年で3回と頻度としてはそこまで多くはありませんが、配当の額は高めで、波乱の度合いは大きめです。穴馬も2・3着には来るので、ヒモ荒れなどには警戒が必要そうです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気4204
2番人気0127
3番人気4105
4番人気1108
5番人気0118
6番人気0127
7番人気00010
8番人気0037
9番人気1027
10番人気0208
11番人気00010
12番人気0108
13番人気0009
14番人気0009
15番人気0009
16番人気0007
17番人気0006
18番人気0005
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0100
2.0~2.9倍3000
3.0~3.9倍1103
4.0~4.9倍1103
5.0~6.9倍21312
7.0~9.9倍1208
10.0~14.9倍1109
15.0~19.9倍00212
20.0~29.9倍11213
30.0~49.9倍01318
50.0~99.9倍01032
100.0倍以上00024
馬単/三連単データ
馬単三連単
201067,100円867,410円
20113,080円57,810円
201221,740円471,970円
20132,340円31,910円
20141,600円16,440円
201517,300円261,060円
20167,990円56,360円
20176,950円49,030円
2018950円15,950円
2019970円12,250円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1シュヴァリエローズ2.7
2フラーズダルム3.1
3ショックアクション5.5
4ブルーシンフォニー6.3
5ブルーバード7.9
6ロードマックス13.3
7ジュラメント20.1
8ハヴァス35.9
9セイウンダイモス65.1
10ファルヴォーレ84.9
11タイガーリリー188.4

■「外枠」&「差し」が好成績

コースは新潟の芝1600mを使用。枠は「8枠」が最多の3勝を挙げており、連対数と3着内の回数は「7枠」が最多となっています。外枠の好走が目立っています。

脚質は「差し」が最多の6勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。「追い込み」も3勝を挙げており、後方から進めた馬が好走傾向にあります。新潟の1600mは最初のコーナーまでの直線距離が548mと長いため、前半のペースは速くなりがちです。コーナーで一旦緩み、659mの長い直線での上がり勝負となることが多く、差しが決まりやすい特徴があります。こうしたコース形態も「差し・追い込み」が好成績を挙げている要因の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠11213
2枠11215
3枠10018
4枠02215
5枠20016
6枠21116
7枠04220
8枠31121
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0109
先行12330
差し64560
追い込み33235
マクリ0000
該当馬 差し馬候補
  • ショックアクション
  • ブルーシンフォニー
  • ブルーバード
  • セイウンダイモス
  • ファルヴォーレ
  • タイガーリリー

■馬体重の増減が「-3~+3kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の5勝を挙げ、連対数と3着内の回数も最多の「-3~+3kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0001
-19~-10kg1111
-9~-4kg03118
-3~+3kg53556
+4~+9kg42241
+10~+19kg01017
+20kg~0010
不明・初出走・未更新0000
今回減15239
同体重40121
今回増55774

■「牡馬・牝馬」どちらも好成績

性別は「牡馬」が6勝を挙げており優勢ですが、「牝馬」も4勝を挙げており、3着内に入った30頭中10頭が「牝馬」でした。性別についてはそこまで気にしなくても良さそうです。所属は「栗東」と「美浦」がいずれも5勝しており、東西で大きな差はありません。

性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬42461
牡馬68673
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦57787
栗東53347
地方0000
外国0000

■前走は「新馬」、前走着順は「1着馬」が中心

ほとんどの出走馬が新馬、または未勝利を勝ち上がってきた馬なので、必然的に前走は「新馬」、前走着順は「1着馬」が占めるかたちとなります。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
新馬86774
未勝利23230
ダリア賞(OP)01023
函館2歳S(G3)0010
中京2歳S(OP)0005
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
新馬86774
未勝利23230
オープン特別01029
G30010
G20000
G10000
海外0000
地方0001
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着1099109
2着0007
3着0103
4着0006
5着0013
6~9着0005
10着以下0001

■騎手はフラットな傾向

騎手は「松岡正海」と「柴田善臣」の2名の騎手が2勝を挙げていますが、今年はいずれの騎手も騎乗予定がありません。その他の騎手には傾向らしい傾向は見られないので、騎手についてはフラットな目線で予想したいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
松岡正海2102
柴田善臣2005
石橋脩1108
福永祐一1102
田辺裕信1024
岩田康誠1002
藤岡康太1002
川田将雅1000
蛯名正義0204
北村宏司0126
津村明秀0104

※現役騎手のみを表示しております。