オンラインで競馬にベットするメリット

日本で長年楽しまれている競馬。競馬場に足を運んで生のレースを見るのはもちろん最高ですが、最近ではスポーツベッティングの誕生により、オンラインで簡単に競馬にベットできるようになったのです。

オンラインでのベットは実際に競馬に劣るかもしれませんが、それでもたくさんのメリットがあります。そこでこの記事では、オンライン競馬ブックメーカーを利用してベットするメリットをいくつか紹介していきます。

世界中のレースにベットすることができる

実際に競馬場に行くとなると、地理的な制限があるため、ベットすることができるレースが限られてしまいます。しかし、スポーツベッティングであればすべてオンラインで完結するので、世界中の好きなレースにベットすることができます。

例えばブックメーカーでは、フランスの凱旋門賞、オーストラリアのメルボルンカップ、アメリカのブリーダーズカップ・クラシック、UAEのドバイ・ワールドカップなど世界中のレースにベットすることができるのです。

海外旅行をせずにこれらの世界的に有名なレースにベットできるのは、スポーツベッティングを利用する大きなメリットといえるでしょう。

ハウスエッジが低い

ブックメーカーの魅力はハウスエッジが低いということです。日本の競馬に賭けた場合、自治体への支払い、競馬場の運営費、人件費などが差し引かれた金額からプレイヤーへの払い戻しが行なわれます。そのため、ハウスエッジが高くなる傾向があります。一方でスポーツベッティングであればすべてオンラインで完結するので余計なコストが発生せず、より多くの金額をプレイヤーに還元することができます。そのため、ハウスエッジが低く、プレイヤーに有利となっているのです。

ベットした時点でオッズが決定する

日本の競馬とスポーツベッティングの競馬の大きな違いの1つが、ブックメーカーの場合はベットした時点でオッズが決定するということです。

日本の競馬ではパリミチュアル方式を採用しており、購入時にオッズが固定されていません。レース結果が分かった後に払い戻し金額が決められるため、実際に想定していた金額が受け取れない場合もあります。

しかし、スポーツベッティングではブックメーカー方式を採用しているので、最初にオッズが固定され、払い戻し金額も決定されます。プレイヤーはベットする時点で明確に払い戻し金額を知ることができるのがメリットだといえます。

ボーナスが用意されている

競馬の場合、現金を使用した分しかギャンブルを楽しむことができません。しかし、スポーツベッティングであれば、ウェルカムボーナスなど多数のボーナスが用意されており、これらを利用すればリアルマネーを使わずに競馬にベットすることができます。

ボーナスの内容はブックメーカーによって大きく異なりますが、多いものだと数万円分のボーナスを受け取ることができます。

また、ブックメーカーの中にはロイヤリティプログラムやVIPプログラムを用意しているものがあり、これらを利用するとキャッシュバックボーナスなども受け取ることができます。このようにブックメーカーでは多くの特典を用意しているので、プレイヤーはお得に競馬にベットすることができるのです。

スマートフォンからもベットすることができる

最近のブックメーカーの多くはモバイル最適化しており、スマートフォンやタブレット端末からも利用することができます。そして、アプリをリリースしているブックメーカーもあります。

スマートフォンからベットできるのであれば、外出先でもいつでも好きな時にベットすることができます。また、競馬好きの仲間と集まって、食事などを楽しみながらベットするのもいいでしょう。

このようにブックメーカーを利用すれば場所を選ばず競馬に賭けることができるので、より自由度が高く、いろいろな楽しみ方ができるのです。

ブックメーカーを利用してみよう

このようにブックメーカーを利用して競馬にベットするメリットはたくさんあります。ブックメーカーを利用すれば世界中のレースに簡単にベットすることができるので、競馬の楽しみ方の幅が広がります。日本国内のレースだけではなく海外のレースにも興味があるという方は、ブックメーカーの利用を検討してみるといいでしょう。