クイーンエリザベス2世カップ(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週末は香港のシャティン競馬場で「クイーンエリザベス2世カップ」が開催。1995年に外国馬が出走可能となり、同年に参戦したフジヤマケンザン(10着)が初出走を果たしてから20年以上が経った。これまで合計18頭の日本馬が挑戦し、エイシンプレストンが連覇を果たすなど合計で4勝をあげ(4-2-2-10)、今では日本馬の活躍が多いレースとして国内でも有名だ。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にクイーンエリザベス2世カップの傾向を探っていきたい。

■「1番人気」は複勝率70%、上位人気が堅実

人気データ
人気成績
1番人気2-1-4-3
2番人気3-2-0-6
3番人気1-2-0-6
4番人気2-1-2-6
5番人気0-0-2-7
6番人気1-1-0-8
7番人気1-0-0-9
8番人気0-1-2-8
9番人気0-1-0-7
10番人気0-0-0-9
11番人気0-0-0-5
12番人気0-1-0-4
13番人気0-0-0-4
14番人気0-0-0-2

※現地主催者発表の単勝オッズを基準。単勝オッズが同率の場合、同順位の人気馬として集計

「2番人気」が最多の3勝を挙げてトップ。「1番人気」は2勝だが、複勝率は70%と好成績。10番人気以下は「0-1-0-24」で2着馬が一頭のみと穴馬の好走は少ないが、9番人気までは満遍なく絡んでいる。大きく荒れることはないが、9番人気までの人気薄なら要注意。

該当馬 1, 2番人気
  • ピンハイスター、タイムワープ(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ピンハイスター2.6
2タイムワープ3.0
3アルアイン3.2
4パキスタンスター7.2
5ダンビュライト8.5
6ゴールドマウント36.7
7イーグルウェイ89.3
8ディノーゾ110.6

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■4コーナーの通過順位が「4位~6位」の馬が好走傾向に

ゲート番データ
ゲート番成績
10-2-1-7
20-1-2-7
31-1-2-6
40-1-1-8
52-1-0-7
61-0-0-9
71-0-1-8
83-1-0-6
91-1-0-7
100-0-1-7
110-2-0-4
121-0-0-4
130-0-2-2
140-0-0-2
4コーナー通過順データ
4コーナー通過順成績
12-0-2-6
20-0-0-10
31-0-1-8
43-0-0-8
51-4-0-4
61-2-2-5
71-1-1-7
80-0-1-9
90-0-3-6
101-2-0-6
110-0-0-5
120-0-0-5
130-1-1-2
140-0-0-2

※現地主催者発表の通過順位を基準。通過順位が同じ場合、同順位として集計

コースはシャティン競馬場の芝2000m。最初のコーナーまでは約170mと短く、序盤は内めの位置取り争いが厳しくなりやすい。外枠が不利に思えるが、外からインに切れ込んでくる馬が多く、先行力のない内の馬が不利になるケースも少なくない。データでは「8番」が最多の3勝を挙げ、「5番」が次いで2勝をあげるなど、比較的真ん中のゲート番の馬の好走率が高い。

コースは高低差がほとんどなく平坦。4コーナーの通過順位は「4位」で通過している馬が最多の3勝を挙げている。1~3位が「3-0-3-24」、4~6位が「5-6-2-17」、7~9位が「1-1-5-22」、10位~が「1-3-1-20」となっており、4~6位で通過した馬が好成績を挙げている。

■「4歳馬」&「香港馬」が中心

馬齢データ
馬齢成績
4歳4-3-5-23
5歳3-2-1-26
6歳2-2-3-17
7歳以上1-3-1-18
調教国別データ
調教国成績
香港6-7-7-52
日本2-1-1-7
南アフリカ1-1-1-9
イギリス1-0-0-3
フランス0-1-0-5
オーストラリア0-0-1-3
アイルランド0-0-0-2
UAE0-0-0-1
ドイツ0-0-0-1
ニュージーランド0-0-0-1

※当時の現地主催者発表に基づいて集計

年齢は最多の4勝を挙げている「4歳馬」に注目。競走馬の調教国では現地の「香港」が最多の6勝を挙げ断トツ。「日本」は2勝を挙げ、香港に次いで好走している。

該当馬 4歳の香港馬
  • ピンハイスター

■前走が「香港ダービー」だった馬に注目

3着内馬の前走データ
前走成績
香港ダービー(香港・G1)3-1-3
プレミアプレート(香港・G3)2-1-1
ドバイターフ(UAE・G1)2-0-1
チェアマンズトロフィー(香港・G2)1-1-2
中山記念(G2)1-1-0
日経賞(G2)1-0-0
香港ゴールドカップ(香港・G1)0-3-0
ドバイワールドカップ(UAE・G1)0-2-0
ドバイシーマクラシック(UAE・G1)0-0-1
アルクール賞(仏・G2)0-1-0
大阪杯(G1)0-0-1
クイーンエリザベスS(豪・G1)0-0-1

※当時の現地主催者発表に基づいて集計。なお、レース名は現在の名称で表記

前走で3着内だった馬の前走データによると、地元の「香港ダービー」から進めてくる馬が最多の3勝を挙げている。香港のプレミアプレートも2勝を挙げており、前走は地元の香港を走っている馬が好走傾向に。

該当馬 前走が香港ダービー
  • ピンハイスター(1着)

■日本馬は「前走3着以内」の馬に注目

日本調教馬の成績(過去10年)
年度着順馬名性齢騎手前走
20086マツリダゴッホ牡5蛯名正義日経賞(G2)1着
20104ネヴァブション牡7後藤浩輝日経賞(G2)4着
20121ルーラーシップ牡5U.リスポリ日経賞(G2)3着
20133エイシンフラッシュ牡6M.デムーロ大阪杯(G2)3着
20144エピファネイア牡4福永祐一大阪杯(G2)3着
10アンコイルド牡5K.ティータン中日新聞杯(G3)7着
20152ステファノス牡4福永祐一中山記念(G2)3着
20164ラブリーデイ牡6J.モレイラ大阪杯(G2)4着
6ヌーヴォレコルト牝5武豊大阪杯(G2)6着
12サトノクラウン牡4Z.パートン京都記念(G2)1着
20171ネオリアリズム牡6J.モレイラ中山記念(G2)1着
年度着順馬名性齢騎手前走

過去10年のクイーンエリザベス2世カップでは、計4頭の日本調教馬が馬券圏内に入着している(2-1-1-7)。いずれも前走のレースで3着以内に好走していた馬だった。

該当馬 前走3着以内の日本調教馬
  • アルアイン(大阪杯・3着)

■騎手は「T.ベリー」に注目

騎手データ
騎手成績
T.ベリー2-0-0-3
J.モレイラ1-1-0-2
W.マーウィング1-0-2-1
D.ホワイト1-0-1-4
H.ボウマン1-0-1-2
N.カラン1-0-1-2
R.ムーア1-0-0-3
K.シェイ1-0-0-2
U.リスポリ1-0-0-0
M.チャドウィック0-2-0-1
D.ビードマン0-1-1-2
C.スミヨン0-1-1-0

※当時の現地主催者発表に基づいて集計

騎手は唯一2勝を挙げている「T.ベリー」に注目。

該当馬 T.ベリー騎手の騎乗予定馬
  • ダンビュライト