JRAクイーンS(2021)当日の馬場は?馬場傾向を距離別データで分析・予想

函館競馬の日曜メインは牝馬限定G3「クイーンS」です。開幕5週目ということで開催も進んできており、予想における馬場状態の把握はより重要なファクターとなってきそうです。今の函館の馬場をなるべく正確に把握しておくためにも、今回は先週の24~25日の土日で行われた芝レースの「脚質」と「枠順」のデータを距離別にまとめてみたいと思います。

■2200m~

該当レースなし

■2000m

該当レースは「北海ハンデキャップ(2勝クラス)」、「奥尻特別(1勝クラス)」、「未勝利」の3レース。枠は「2・3・6枠」が1勝ずつを挙げており、どの枠からも勝ち馬が出ていますが、「7・8枠」は3着内が0回となっており、外枠が不振です。

脚質は「逃げ」「先行」「差し」が1勝ずつを挙げており、どの脚質もまんべんなく好走しています。好走率ベースでは逃げ馬の好走率が高く、この距離だとやはり前目で粘り切るケースが目立っています。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0103
2枠1003
3枠0103
4枠1012
5枠0123
6枠1005
7枠0006
8枠0006
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1011
先行1209
差し1121
追い込み00010
マクリ0000

■1800m

該当レースは「1勝クラス」、「新馬」、「未勝利」が2レースの合計4レース。「1・6・7・8枠」が1勝ずつを挙げており、外枠の勝率が高めです。内枠も好走していますが、勝ち馬は外枠から出やすい傾向となっています。

脚質は「逃げ」が最多の2勝を挙げており、「先行」も3着が3回と前目で競馬をする馬が好走しています。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0104
2枠1013
3枠0104
4枠0105
5枠0015
6枠1006
7枠1024
8枠1105
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ2101
先行1138
差し02112
追い込み00013
マクリ1001

■1600m

該当レースなし

■1200~1400m

該当レースは「1勝クラス」が2レース、「立待岬特別(2勝クラス)」、「未勝利」が3レース、「TVh杯(3勝クラス)」の合計7レース。枠は「5枠」が最多の2勝を挙げており、連対数は「6枠」が最多です。内外の有利不利はそこまでありませんが、真ん中枠がやや好走傾向にあります。

脚質は「先行」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。「差し」も3着3回と絡んでいますが、この距離では前残りの傾向が顕著です。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠1017
2枠1224
3枠0009
4枠1009
5枠2019
6枠1318
7枠01210
8枠11010
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1015
先行54216
差し12322
追い込み01123
マクリ0000

■まとめ

枠は「2枠」と「6枠」が最多の3勝ずつを挙げており、連対数は「6枠」が最多で、3着内の回数は「2枠」が最多となっています。極端は差はなく、内外の有利不利はそこまで見られません。枠についてはフラットな目線で見ても良さそうです。

脚質は「先行」が最多の7勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。「逃げ」も4勝を挙げており、前目で競馬をする馬が好走傾向にあります。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠12114
2枠32310
3枠02016
4枠21116
5枠21417
6枠33119
7枠11420
8枠22021
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ4127
先行7753
差し25645
追い込み01146
マクリ1001