セントライト記念(2017)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

18日(月)は中山競馬場で菊花賞トライアルの「セントライト記念」が開催されます。2015年のセントライト記念を制したキタサンブラックは次走の菊花賞でG1初制覇を果たすと、その後もG1戦線で活躍しG1・4勝をマークし、今では競馬界を代表するスターホースに上り詰めました。

他にもフェノーメノやイスラボニータといった実績馬を輩出しているレースで、その後のG1戦線を展望する上でも見逃せない一戦と言えるでしょう。

今回は過去10年間のデータをもとに、人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にセントライト記念の傾向を探っていきたいと思います。

全幅の信頼を置けない人気上位

1番人気は「4-1-1-4」とまずまずで、昨年は1~3番人気3頭で決まるなど堅い決着が多いですが、その前の年の2015年には6→9→10番人気の人気薄同士で決着するなど大きく荒れるケースもあり、何とも掴みどころのないレースとなっております。

2,3番人気もそれぞれが1勝しているくらいで、必ずしも人気上位がいつも強いというわけではないのがこのレースの難しいところです。4~10番人気までが満遍なく馬券に絡んでおり、中波乱はよくあるレースですので、全幅の信頼とまでは言えない印象があります。

人気データ
人気成績
1番人気4-1-1-4
2番人気1-3-1-5
3番人気1-2-1-6
4番人気1-1-1-7
5番人気0-1-1-8
6番人気2-0-1-7
7番人気0-0-1-9
8番人気0-0-0-10
9番人気1-1-0-8
10番人気0-0-2-8
11番人気0-0-0-10
12番人気0-0-0-10
13番人気0-0-0-9
14番人気0-1-1-7
15番人気0-0-0-9
16番人気0-0-0-7
17番人気0-0-0-7
18番人気0-0-0-3
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍2-0-0-0
2.0~2.9倍2-0-0-2
3.0~3.9倍0-2-1-2
4.0~4.9倍1-2-1-3
5.0~6.9倍2-2-0-3
7.0~9.9倍0-1-2-8
10.0~14.9倍1-1-2-11
15.0~19.9倍1-0-0-12
20.0~29.9倍1-1-1-16
30.0~49.9倍0-0-2-26
50.0~99.9倍0-1-1-26
100.0倍以上0-0-0-25
馬単/三連単データ
馬単三連単
2007980円45,120円
20087,500円65,060円
20094,130円78,230円
20104,430円19,020円
201113,980円56,160円
201211,880円137,500円
20135,040円40,970円
2014330円4,490円
201524,230円618,050円
2016480円1,820円

予想オッズ

出走予定馬と独自予想オッズになります。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1アルアイン2.5
2セダブリランテス3.3
3サトノクロニクル5.8
4クリンチャー8.9
5ミッキースワロー15.6
6プラチナヴォイス18.7
7イブキ28.7
8サーレンブラント39.5
9チャロネグロ45.2
10ロードアルバータ56.2
11サンシロウ68.3
12ローリングタワー75.1
13ステッフェリオ78.8
14サンデームーティエ89.9
15インペリアルフィズ98.5
16クレッシェンドラヴ120.5
17ストロングレヴィル210.2
18ブラックギムレット281.1
19ブラックロード336.4

※正式オッズは馬券発売後に随時公開されます。必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

「外枠」&「先行馬」が好走傾向に

コースは中山芝2200m。3着内30頭中17頭が6~8枠で、外枠の好走が目立っております。スタートしてから1コーナーまでの距離は432mと長く、外枠からでも狙ったポジションを取りに行きやすい特徴があります。

脚質は数は差し馬の方が多いですが、好走率が高いのは先行馬。4つのコーナーをまわる内回りコースで、距離も長いためペースも落ち着きやすく、前で競馬をする馬にとって有利に競馬をしやすいコースとなっております。

枠番データ
枠番成績
1枠0-3-1-11
2枠1-0-1-15
3枠1-1-0-15
4枠2-0-0-15
5枠0-1-1-16
6枠2-1-1-14
7枠2-1-4-14
8枠1-2-1-19

※2014年の新潟開催を除く

脚質データ
脚質成績
逃げ0-2-0-7
先行5-2-3-22
差し3-4-5-56
追い込み0-1-1-32
マクリ1-0-0-0

※2014年の新潟開催を除く

前走「東京優駿組」が中心!惨敗した馬の巻き返しにも注意

前走は東京優駿からの馬が中心となります。1000万下組は勝ち馬こそ1頭のみですが、2着に4頭入着するなどしており侮れません。

前走着順は6着以下でも11頭の馬が馬券圏内に絡んでおり、巻き返しが目立っております。

前走データ
前走成績
東京優駿(G1)6-4-3-15
ラジオNIKKEI賞(G3)2-1-2-17
500万下1-0-2-15
阿賀野川特別(1000万下)1-2-1-3
札幌記念(G2)0-1-0-1
信濃川特別(1000万下)0-2-0-0
青葉賞(G2)0-0-1-1
前走クラスデータ
前走成績
500万下1-0-2-40
1000万下1-4-1-34
1600万下0-0-0-2
オープン特別0-0-0-13
G32-1-3-20
G20-1-1-4
G16-4-3-16
前走着順データ
前走着順成績
1着2-3-3-45
2着3-0-2-16
3着2-0-0-12
4着1-1-1-13
5着0-1-0-9
6~9着0-3-2-21
10着以下2-2-2-16

騎手は「蛯名正義」に注目

騎手で成績が良いのは蛯名正義騎手で、勝率・連対率・複勝率は3戦以上している騎手の中では断トツです。

騎手データ
騎手成績
蛯名正義4-1-1-3
北村宏司3-0-0-7
柴田善臣1-1-0-7
柴山雄一1-1-0-5
藤岡佑介1-0-0-1
松岡正海0-2-0-4