セントライト記念(2022)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

菊花賞へのトライアル「セントライト記念」が中山競馬場で開催されます。春のクラシックを戦ってきた実績馬と、夏に力をつけてきた上がり馬の出走もあり、秋の大舞台に向けて見逃せない一戦です。今回は過去10年間のデータをもとにセントライト記念の傾向を探ってみます。

■「1番人気」が好成績、堅実決着傾向が強め

人気は「1番人気」が最多の4勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。連対率は70%と好成績で、軸としての信頼度は高めです。ただ、「2・3番人気」はいずれも1勝のみとなっており、1番人気以外の上位人気の勝率は低めです。下位人気を見ますと「10番人気以下」は2着1回、3着2回で穴馬はあまり絡みませんが、「6~9番人気」が1~3着に2回ずつと3着内にはよく絡んでおり、人気薄はこの辺りまでなら絡んでくる印象です。2015年には61万馬券が飛び出していますが、基本的には堅実に決着する傾向にあります。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気4303
2番人気1315
3番人気1036
4番人気2017
5番人気0118
6~9番人気22234
10番人気以下~01258
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍2200
2.0~2.9倍1002
3.0~3.9倍0201
4.0~4.9倍0112
5.0~6.9倍4127
7.0~9.9倍1138
10.0~14.9倍11111
15.0~19.9倍0019
20.0~29.9倍01015
30.0~49.9倍10218
50.0~99.9倍01020
100.0倍以上00028
馬単/3連単データ
馬単3連単
201211,880 円137,500 円
20135,040 円40,970 円
2014330 円4,490 円
201524,230 円618,050 円
2016480 円1,820 円
20171,490 円7,230 円
20182,300 円33,050 円
20198,240 円58,690 円
20203,090 円12,600 円
202125,320 円307,170 円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1アスクビクターモア2.2
2オニャンコポン3.1
3ガイアフォース6.3
4ローシャムパーク10.4
5ラーグルフ15.7
6マテンロウスカイ19.6
7ボーンディスウェイ31.2
8キングズパレス38.5
9セイウンハーデス44.7
10ショウナンマグマ53.6
11ベジャール69.9
12ロンギングエーオ103.2
13サイモンバロン185.4

■内外の有利不利は少なめ&脚質は「先行」がやや優勢

コースは中山の芝2200mを使用。枠は「3枠」が最多の3勝を挙げており、連対数は「3枠」と「7枠」が最多で、3着内は「7枠」が最多となっています。内外の有利不利は少なめですが、「2~4枠」から7頭の勝ち馬が出ており、勝ち馬は内目の枠から出やすい傾向となっています。

脚質は「先行」が5勝を挙げており、連対数も最多です。ただ、「差し」も3勝を挙げ、3着内の回数は「差し」が最多となっており、先行・差しで大きな差はありません。脚質については「先行」がやや優勢という程度に考えておきたいと思います。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠02110
2枠20312
3枠31014
4枠21015
5枠11117
6枠10217
7枠13216
8枠02120
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1109
先行55222
差し34648
追い込み10242

■馬体重の増減が「+4~+9kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の5勝を挙げている「+4~+9kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0001
-19~-10kg0016
-9~-4kg12221
-3~+3kg26159
+4~+9kg51420
+10~+19kg21214
今回減34344
同体重02022
今回増74755

■前走レースが「日本ダービー」だった馬に注目

前走レースは、最多の6勝を挙げ、連対数と3着内の回数も最多の「日本ダービー」が参考レースとしての重要度が高そうです。前走着順は「1~3着」がそれぞれ2勝ずつを挙げており、前走で馬券圏内に入った馬が勝つ傾向にあります。ただ、「10着以下」に敗れた馬も4勝を挙げており、3着内も9回と多めです。前走で大きく着順を落としている馬にも十分警戒する必要がありそうです。

前走レースデータ
前走レース1着2着3着4着以下
東京優駿65421
ラジオNIKKEI賞21111
1勝クラス10217
いわき特別1000
信濃川特別0103
松前特別0101
阿賀野川特別0101
藻岩山特別0100
テレビ東京杯青葉賞0014
プリンシパルステークス0012
前走クラスデータ
前走クラス1着2着3着4着以下
G165524
G20018
G321113
リステッド/オープン0015
3勝クラス0002
2勝クラス14026
1勝クラス10239
地方0004
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着23340
2着20115
3着20012
4着0115
5着02011
6~9着01318
10着以下~43220
該当馬 前走が日本ダービーだった馬
  • アスクビクターモア(3着)
  • オニャンコポン(8着)
  • セイウンハーデス(11着)

■騎手は「横山典弘」と「田辺裕信」に注目

騎手は「横山典弘」「田辺裕信」「北村宏司」の3名が2勝ずつを挙げています。ただ、今年は北村騎手の騎乗予定がありませんので、横山騎手と田辺騎手に注目したいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
横山典弘2103
田辺裕信2017
北村宏司2004
内田博幸1005
戸崎圭太0313
C.ルメール0213
川田将雅0212
田中勝春0103
四位洋文0101
該当馬 横山典弘騎手と田辺裕信騎手の騎乗予定馬
  • マテンロウスカイ(横山典弘)
  • アスクビクターモア(田辺裕信)