札幌は外有利!JRA札幌記念(2020)当日の馬場は?馬場傾向を距離別データで分析・予想

札幌競馬は今週で5週目。馬場も荒れてきており、瞬発力よりも持続力を問われる馬場になってきている印象があります。今週末は“スーパーG2”の異名を持つ「札幌記念」が開催されますが、パワーのいる今の馬場を考慮して取捨を選択するのも一つの手です。今の札幌の馬場をなるべく正確に把握しておくためにも、今回は先週行われた札幌の芝レースの「脚質」と「枠順」のデータを距離別にまとめてみたいと思います。

■2200m~

対象レースは1勝クラスの1レース。1~3着馬は全て逃げ・先行馬で、前残りの決着となりました。ヒシエレガンスが差し返して勝利する好内容でしたが、鞍上のルメール騎手が絶妙なタイミングで仕掛ける好騎乗を見せており、人馬ともに強い競馬を見せてくれました。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0001
2枠0001
3枠0010
4枠0001
5枠0100
6枠0001
7枠0001
8枠1000
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0010
先行1101
差し0002
追い込み0002
マクリ0000

■2000m

対象レースは藻岩山特別、未勝利の2レース。枠は「5枠」と「6枠」が1勝ずつを挙げており、3着内に入った6頭全てが「4枠」より外の枠に入っていた馬でした。外枠が好走傾向にあります。

脚質は「逃げ」と「先行」が1勝ずつ挙げており、3着内に入った6頭中5頭が逃げ・先行馬でした。前目で競馬をした馬が好走しています。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0003
2枠0003
3枠0003
4枠0112
5枠1003
6枠1003
7枠0013
8枠0103
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1100
先行1024
差し0008
追い込み00011
マクリ0100

■1800m

対象レースは石狩特別、コスモス賞、新馬戦、未勝利の4レース。枠は「6枠」が2勝を挙げており、勝ち馬は全て「4枠」よりも外の枠だった馬でした。3着内に入った12頭中半分の6頭が「6枠」よりも外の枠だった馬でした。外枠が好走しています。

脚質は、勝ち馬全てが「先行馬」となっており、3着内に入った12頭中10頭が逃げ・先行馬でした。前目でっ競馬をする馬が好走しています。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0202
2枠0013
3枠0013
4枠1012
5枠0004
6枠2002
7枠1101
8枠0111
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0022
先行4316
差し0002
追い込み0018
マクリ0100

■1600m

該当レースなし。

■1200m~1400m

対象レースはUHB賞、1勝クラス、未勝利の3レース。枠は「8枠」が3勝を挙げており、連対数と3着内も最多です。脚質は「逃げ」「先行」「差し」が1勝ずつを挙げており、「先行」が連対数が最多となっています。外枠の先行馬が好走しています。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0003
2枠0102
3枠0003
4枠0113
5枠0104
6枠0014
7枠0014
8枠3002
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1002
先行1217
差し1126
追い込み00010
マクリ0000

■まとめ

枠は「6枠」が最多の5勝を挙げており、連対数は「6枠」と「8枠」が最多タイで、3着内の回数は「8枠」が最多となっています。勝ち馬は14頭中10頭が「6枠」よりも外の枠だった馬でした。

脚質は「先行」が最多の9勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。3着内に入った42頭中39頭が逃げ・先行馬でした。

全体的な傾向としては「外枠」の「先行馬」が好成績を挙げており、勝ち馬はとくに前目で競馬をしているから出ています。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠12012
2枠03111
3枠01411
4枠12313
5枠22016
6枠51113
7枠11314
8枠42211
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ3138
先行910722
差し21329
追い込み00142
マクリ0200