シリウスステークス(2019)出走予定馬の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週末は阪神競馬場のダート2000mで行われるハンデG3「シリウスステークス」が開催。11月のJBCクラシックやチャンピオンズカップといったビッグレースへ向けてダート中距離路線の実力馬が集う一戦です。まずは賞金加算をして大きな舞台へと挑みたいといった馬が多いでしょう。ということで、今回は過去10年間のデータをもとにシリウスステークスの傾向を探っていきたいと思います。

■「3番人気」が好成績、堅実な決着になりやすい傾向

「1番人気」が最多の3勝を挙げており、勝率(30%)がトップです。「3番人気」が連対数と3着内の回数が最多で、連対率(50%)と複勝率(70%)がトップとなっております。下位人気は、「12番人気以下」は3着内が0頭(0-0-0-31)となっており、大穴は絡みません。「7~9番人気」が2・3着に2回ずつ入着しており、人気薄を狙うならこのあたりを2・3着付けで狙うのが良さそうです。2017年に11馬人気が優勝し、三連単で46万馬券が飛び出しておりますが、波乱の頻度は低めなので、基本的には堅実な決着になりやすい傾向にあると見て良さそうです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3115
2番人気2125
3番人気2323
4番人気0226
5番人気2107
6番人気0019
7番人気0118
8番人気0109
9番人気0019
10番人気00010
11番人気1009
12番人気0009
13番人気0006
14番人気0006
15番人気0005
16番人気0005
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0000
2.0~2.9倍0113
3.0~3.9倍3113
4.0~4.9倍2012
5.0~6.9倍2539
7.0~9.9倍0119
10.0~14.9倍2018
15.0~19.9倍0119
20.0~29.9倍0108
30.0~49.9倍0018
50.0~99.9倍10022
100.0倍以上00030
馬単/三連単データ
馬単三連単
200911,350円109,230円
20102,390円70,450円
20119,460円62,530円
20124,730円18,030円
20136,940円77,120円
20141,510円15,330円
20151,870円6,810円
20161,560円5,380円
201772,370円468,950円
20185,040円40,080円
該当馬 3番人気
  • タイムフライヤー(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1グリム 回避・白山大賞典へ2.2
2モズアトラクション3.6
3タイムフライヤー4.5
4アングライフェン6.4
5ジョーダンキング11.3
6マッスルビーチ19.8
7ロードゴラッソ28.6
8テルペリオン 回避・白山大賞典へ33.1
9リアンヴェリテ 回避・白山大賞典へ40.1
10ロードアルペジオ49.0
11ピオネロ53.8
12ナムラアラシ63.9
13キングズガード78.1
14サトノプライム84.7
15メイショウワザシ135.1
16ヤマカツライデン188.7
17メイプルブラザー251.5

■勝ち馬は「内枠」から出やすい、脚質は「先行」が中心

コースは阪神競馬場のダート2000mを使用。枠番は、「1枠」と「2枠」が最多の3勝ずつを挙げており、勝率(20%)が同率トップです。「7枠」が連対数と3着内の回数が最多で、連対率(25%)と複勝率(40%)がトップとなっております。勝ち馬は内枠から出やすく、2・3着は外枠の馬が多いといった傾向が見られます。

脚質は、「差し」が最多の5勝を挙げており、勝利数は最多です。ただ、「先行」も4勝を挙げており、連対数と3着内の回数は断トツです。また、勝率(11.1%)・連対率(33.3%)・複勝率(50%)の全てにおいても先行がトップです。極端な傾向は見られませんが、好走率ベースでは先行が圧倒的に好成績です。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠30111
2枠30111
3枠11113
4枠10015
5枠01216
6枠03116
7枠14312
8枠11117
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ10010
先行48618
差し50344
追い込み02136
マクリ0002
該当馬 先行馬候補
  • タイムフライヤー
  • ロードゴラッソ
  • メイショウワザシ
  • ヤマカツライデン

■ハンデが「56kg」の馬に注目

ハンデは、最多の3勝を挙げ、連対数も最多の「56kg」に馬に注目。馬体重の増減は、4勝を挙げ、連対数・3着内の回数も最多の「-3~+3kg」に注目。

ハンデデータ
斤量1着2着3着4着以下
~50kg0001
51kg0000
52kg0016
53kg20011
54kg21025
55kg22223
55.5kg0000
56kg32121
56.5kg0101
57kg0209
57.5kg1136
58kg0125
58.5kg0013
59kg~0000
馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0002
-19~-10kg0116
-9~-4kg11121
-3~+3kg45551
+4~+9kg42326
+10~+19kg1105
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0000
今回減42343
同体重01118
今回増67650
該当馬 ハンデが56キロの馬
  • ピオネロ
  • ロードアルペジオ

■「5歳馬」に注目

年齢は、最多の4勝を挙げ、連対数も最多の「5歳」に注目。性別は「牡馬」が中心で、「牝馬」による出走はほとんどありません。所属は「栗東」が中心で、「美浦」からの出走は少なく、3着内も1回のみとなっております。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳3116
4歳11415
5歳43135
6歳24428
7歳01017
8歳以上00010
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬0101
牡馬10910110
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦00119
栗東1010992
地方0000
外国0000
該当馬 5歳馬
  • サトノプライム
  • メイプルブラザー
  • モズアトラクション

■前走が「エルムステークス」だった馬に注目

前走レースは、「オークランドRCT」が最多の3勝を挙げておりますが、今年はここから出走してくる馬はいないため、今回は1勝を挙げているレースの中で次いで連対数が多い「エルムステークス」に注目。前走着順は、最多の5勝を挙げ、連対数・3着内の回数が最多の「1着馬」に注目。

前走データ
前走1着2着3着4着以下
オークランドRCT(3勝クラス)3102
エルムS(G3)11212
ラジオ日本賞(OP)10015
レパードS(G3)1001
ジュライS(OP)1001
ジャパンダートダービー(G1)1001
朝日チャレンジC(G3)1000
宮崎S(3勝クラス)1000
平安S(G3)0327
BSN賞(OP)0209
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
1勝クラス0001
2勝クラス0013
3勝クラス4206
オープン特別22463
G334426
G20112
G10001
海外0000
地方1109
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着55518
2着2105
3着10013
4着1018
5着0119
6~9着13238
10着以下00120
該当馬 前走がエルムSだった馬
  • モズアトラクション(1着)
  • タイムフライヤー(6着)

■騎手は「和田竜二」騎手に注目

騎手は2勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「和田竜二」騎手に注目。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
和田竜二2224
武豊2016
幸英明2004
小牧太1205
福永祐一1114
秋山真一郎1002
古川吉洋1000
北村友一0103
N.ピンナ0101
戸崎圭太0100
浜中俊0026

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬 和田竜二騎手の騎乗予定馬
  • マッスルビーチ