スプリングステークス(2021)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

いよいよ牡馬クラシック第一弾となる皐月賞のトライアル「スプリングS」が開催。過去の勝ち馬からは皐月賞馬はもちろん、後のG1戦線で活躍する馬も多く輩出しており、注目度は高い一戦です。今回は過去10年間のデータをもとにスプリングSの傾向を探っていきたいと思います。

■「1番人気」は複勝率90%、堅実決着傾向が強め

人気は「1番人気」が最多の3勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。勝率は30%とそこまでですが、連対率は80%、複勝率は90%と好走率は非常に高く、軸としての信頼度は高めです。また、勝ち馬は10頭中8頭が「5番人気以内」となっており、人気サイドの馬が勝つことが多い様子が伺えます。人気薄は「10番人気以下」が1勝3着2回とやや警戒は必要ですが、基本的には堅実決着傾向が強いレースと言って良いでしょう。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3511
2番人気0127
3番人気2206
4番人気1117
5番人気2107
6番人気1027
7番人気0019
8番人気0019
9番人気00010
10番人気1018
11番人気0018
12番人気0007
13番人気0006
14番人気0005
15番人気0004
16番人気0003
17番人気0001
18番人気0001
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0110
2.0~2.9倍1300
3.0~3.9倍1113
4.0~4.9倍1112
5.0~6.9倍23111
7.0~9.9倍2108
10.0~14.9倍1019
15.0~19.9倍1033
20.0~29.9倍10014
30.0~49.9倍00214
50.0~99.9倍00011
100.0倍以上00031
馬単/三連単データ
馬単三連単
20112,940円28,270円
20121,830円45,030円
20131,810円29,470円
20141,950円10,010円
20153,220円10,310円
20167,610円19,380円
20173,330円34,730円
20181,120円7,440円
201923,610円235,870円
20209,820円37,220円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ランドオブリバティ2.3
2ボーデン3.4
3ヴィクティファルス5.0
4ヴェイルネビュラ10.1
5ヴィゴーレ14.4
6レインフロムヘヴン17.6
7ロードトゥフェイム26.3
8イルーシヴパンサー34.7
9ワールドリバイバル38.4
10アールバロン59.3
11オンザライン64.1
12ニシノオイカゼ72.0
13アサマノイタズラ80.6
14ノースザワールド82.7
15セルジュ96.1
16ビゾンテノブファロ168.8
17タイフォン216.3

■枠は「内」がやや優勢&脚質はフラットな傾向

コースは中山競馬場の芝1800mを使用。枠は「4枠」以外の全ての枠が1勝ずつを挙げており、内外の有利不利は少なめです。2勝ずつを挙げている「1枠」と「3枠」は連対数も最多タイと好成績で、内目の枠がやや優勢という程度に考えておきたいと思います。

脚質は「先行」が最多の5勝を挙げております。ただ、連対数と3着内の回数は「差し」の方が多く、勝利数も4勝と多いので、先行・差しで極端な差はありません。脚質についてはフラットな目線で予想したいと思います。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠2209
2枠10013
3枠22110
4枠03013
5枠11114
6枠11314
7枠11118
8枠20415
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ01010
先行53425
差し46434
追い込み00135
マクリ1012

■馬体重の増減が「-9~-4kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の3勝を挙げ、連対数も最多の「-9~-4kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg2104
-9~-4kg33441
-3~+3kg23545
+4~+9kg32115
+10~+19kg0101
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0000
今回減55563
同体重22315
今回増33228

■前走レースはフラットな傾向

前走レースは、2勝を挙げている「朝日杯FS」が連対数と3着内の回数も最多ですが、今年は同レースから出走してくる馬がいません。その他のレースには傾向らしい傾向が見られないため、前走レースについてはフラットな目線で予想したいと思います。

前走着順は、「1着」だった馬が最多の6勝を挙げており断トツの勝利数です。また、連対数と3着内の回数も最多で好成績です。勝ち馬は10頭中9頭が前走「3着以内」に入着していた馬でした。勝ち馬は前走で馬券圏内に好走している馬から狙うのが良さそうです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
朝日杯FS(G1)2217
1勝クラス2008
きさらぎ賞(G3)1112
あすなろ賞(1勝クラス)1103
若竹賞(1勝クラス)1003
水仙賞(1勝クラス)1003
白梅賞(1勝クラス)1001
ラジオNIKKEI賞(G3)1000
共同通信社杯(G3)03018
フリージア賞(1勝クラス)0111
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
新馬0002
未勝利0008
1勝クラス63434
オープン特別0039
G324136
G20015
G12319
海外0000
地方0003
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着66442
2着12513
3着2004
4着1218
5着00012
6~9着00017
10着以下00010

■騎手はフラットな傾向

騎手は「M.デムーロ」騎手が唯一2勝を挙げていますが、今年はデムーロ騎手の騎乗予定がありません。その他の騎手には傾向らしい傾向が見られないため、騎手についてはフラットな目線で予想したいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
M.デムーロ2003
池添謙一1111
北村宏司1003
松岡正海1004
C.ルメール1001
A.シュタルケ1001
L.ヒューイットソン1000
C.デムーロ1000
石川裕紀人1000
戸崎圭太0205
柴田大知0122

※現役騎手のみを表示しております。