ステイヤーズステークス(2017)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週末からは中山競馬が開催されます。中山一発目の重賞は2日(土)に芝3600mで行われる「ステイヤーズS」です。長距離に自信のある馬が一堂に会する数少ない長距離重賞レースの1つです。今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にステイヤーズSの傾向を探っていきたいと思います。

近年は1番人気が好調も、波乱の可能性は十分

人気データ
人気成績
1番人気4-1-1-4
2番人気0-2-3-5
3番人気1-1-1-7
4番人気1-3-1-5
5番人気1-0-1-8
6番人気1-1-0-8
7番人気1-1-1-7
8番人気1-0-0-9
9番人気0-0-0-10
10番人気0-0-0-10
11番人気0-0-1-9
12番人気0-0-1-9
13番人気0-1-0-9
14番人気0-0-0-7
15番人気0-0-0-7
16番人気0-0-0-4
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍1-0-0-1
2.0~2.9倍1-0-0-2
3.0~3.9倍2-1-2-0
4.0~4.9倍0-1-1-6
5.0~6.9倍1-0-2-6
7.0~9.9倍1-4-1-10
10.0~14.9倍2-1-0-10
15.0~19.9倍0-2-1-6
20.0~29.9倍1-0-1-10
30.0~49.9倍0-0-1-21
50.0~99.9倍1-1-1-19
100.0倍以上0-0-0-27
馬単/三連単データ
馬単三連単
200741,010円582,350円
20088,730円233,610円
20099,010円59,510円
20107,000円35,920円
201111,980円410,950円
201233,050円244,500円
20131,920円29,950円
20143,650円13,910円
20154,040円23,390円
2016960円2,710円

1番人気は最多の4勝をあげており、とくに近年は好調で4勝のうち3勝は近4年内であげたものです。全体的には8番人気くらいまで万遍なくバラけており、中穴がよく絡んでいる印象があります。近年は落ち着いておりますが、10万馬券の配当も過去10年で4回出ているので、波乱も含んだレースとして注意しておきたいところです。

【該当馬】1番人気(下記「予想オッズ」を参考):
アルバート

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1アルバート1.8
2フェイムゲーム3.4
3プレストウィック6.4
4シルクドリーマー11.2
5シホウ18.7
6グランアルマダ28.3
7カムフィー39.1
8プロレタリアト52.6
9デルマサリーチャン110.4
10サイモントルナーレ180.3

出走予定馬と独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

外枠は苦戦傾向、先行馬が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠2-0-2-10
2枠1-1-2-13
3枠2-0-0-15
4枠2-1-2-15
5枠2-3-1-14
6枠0-1-1-18
7枠0-3-2-15
8枠1-1-0-18
脚質データ
脚質成績
逃げ0-2-0-11
先行6-5-0-20
差し3-3-6-40
追い込み0-0-2-45
マクリ1-0-2-1

コースは中山競馬場の芝3600m。JRAの芝コース最長距離です。8度回るコーナーで常に外を回って距離ロスを重ねてしまうと、ゴールするまでに被る距離ロスは膨大なものになってしまうため、基本的には内枠が有利とされております。データでも6枠から外は勝ち馬が一頭しか出ておらず、苦戦傾向にあります。

脚質は最多の6勝をあげている先行馬が好成績。また、逃げ馬はほとんどきておりません。

【該当馬】先行タイプ:
グランアルマダ

馬体重の増減は少ない馬が好走、10kg以上の増減は割引き

馬体重データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg0-0-0-4
-9~-4kg1-4-2-26
-3~+3kg6-5-7-42
+4~+9kg3-1-1-31
+10~+19kg0-0-0-15
+20kg~0-0-0-0
今回減2-6-5-44
同体重2-2-2-15
今回増6-2-3-59

馬体重は「-3kg~+3kg」が最多の6勝をあげており好成績。10kg以上の増減がある馬は3着内がゼロとなっており、割引きが必要です。馬体重の増減は少ない馬が好走する傾向にあります。

4~5歳馬の関西馬が中心、牝馬は3着内ゼロ

馬齢データ
馬齢成績
3歳2-2-0-8
4歳1-3-4-18
5歳4-1-1-30
6歳1-2-1-29
7歳以上1-1-2-25
性別データ
性別成績
牝馬0-0-0-6
牡馬10-10-10-112
所属データ
所属成績
栗東6-8-7-50
美浦4-2-3-68

5歳馬が最多の4勝をあげておりますが、馬券圏内は4歳馬の方が多く、4~5歳が中心となります。所属は関西馬がやや優勢で、牝馬は過去10年馬券に絡んでおりません。

【該当馬】関西所属の4~5歳
グランアルマダ

前走は「アルゼンチン共和国杯」が中心、前走惨敗馬でも巻き返す

前走データ
前走成績
アルゼンチン共和国杯(G2)7-2-5-44
比叡S(1600万下)1-1-1-9
菊花賞(G1)1-1-0-5
京都大賞典(G2)1-1-0-3
アンドロメダS(OP)0-2-1-5
アイルランドT(OP)0-1-0-1
ノベンバーS(1600万下)0-1-0-0
前走クラスデータ
前走成績
1600万下1-3-2-23
オープン特別0-3-1-16
G30-0-0-7
G28-3-6-56
G11-1-1-10
前走着順データ
前走着順成績
1着1-0-1-8
2着2-3-2-6
3着1-2-0-6
4着0-2-1-2
5着0-1-1-2
6~9着4-2-2-28
10着以下2-0-3-66

前走はアルゼンチン共和国杯が最多の7頭をあげております。また、出走頭数も多く、過去10年の3着内30頭中14頭を占めております。

前走着順は2着と9着が最多の2勝をあげており、前走惨敗していた馬の巻き返しも目立っております。

【該当馬】前走アルゼンチン共和国杯:
アルバート(4着)
シホウ(7着)
プレストウィック(9着)
カムフィー(13着)

騎手は「横山典弘」に注目

騎手データ
騎手成績
横山典弘3-1-0-1
R.ムーア2-0-0-1
北村宏司1-2-1-3
吉田豊1-1-1-5
三浦皇成1-0-1-6
松岡正海1-0-0-4
C.スミヨン1-0-0-0
蛯名正義0-1-0-6
藤岡佑介0-1-0-1

騎手は横山典弘が最多の3勝をあげております。

【該当馬】横山典弘騎手の騎乗予定馬
該当ナシ