【マーメイドS2017予想】傾向と対策!過去10年のデータから傾向を分析

週末11日(日)は阪神競馬場で第22回マーメイドステークスが開催されます。例年フルゲートになることは滅多にありませんが、今年はとくに少なく登録時点で12頭と少頭数での開催となっております。

この梅雨の時期に牝馬のハンデ重賞戦というだけでいかにも波乱が起きそうな気配がしますが、過去のデータを見てみるとやはり伏兵と目された馬の台頭が非常に多く目立つレースとなっております。

今回は過去10年のデータをもとに、人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にレースの傾向を探っていきたいと思います。

波乱の傾向強し!中穴を積極的に狙いたい

過去10年の3着内30頭中、7番人気以下の馬が14頭も入っており、2桁人気に至っては逆に馬券に絡まなかった年は過去10年で3回のみで、下位人気馬が台頭する可能性が高い一戦となっております。

単勝オッズ別の成績を見てみると、「3.9倍以下」で見ると[2-1-1-3]とまずまずですが、次いで好成績が目立つのが「10.0~14.9倍」の[2-3-2-16]となっており、さらに高いオッズのエリアからも好走馬が多く出ております。とくに中穴の馬は積極的に狙っていく必要がありそうです。

人気データ
人気成績
1番人気2-1-1-6
2番人気2-0-2-6
3番人気1-0-0-9
4番人気0-1-1-8
5番人気0-1-2-7
6番人気1-0-1-8
7番人気1-3-0-6
8番人気1-0-0-9
9番人気1-0-0-9
10番人気以下1-4-3-43
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-0-0
2.0~2.9倍1-0-1-1
3.0~3.9倍1-1-0-2
4.0~4.9倍1-0-1-7
5.0~6.9倍2-1-1-9
7.0~9.9倍0-1-2-14
10.0~14.9倍2-3-2-16
15.0~19.9倍1-0-0-8
20.0~29.9倍1-1-2-17
30.0~49.9倍0-2-0-16
50.0~99.9倍0-1-1-17
100.0倍以上1-0-0-4
馬単/三連単データ
馬単三連単
20072,950円33,810円
2008180,840円1,930,350円
200911,770円124,220円
201014,320円91,010円
20116,450円425,710円
20122,320円45,350円
201331,970円193,030円
201417,650円127,050円
20158,740円151,990円
201611,720円147,190円

この時期、内枠は必ずしも有利になるとは限らない

マーメイドSは阪神芝2000mで開催。コーナー4つを回るローカルに近いコースで一見内枠が有利そうに思えますが、内・中・外の3つに分けると「1~3枠」が[3-1-2-37]、「4~6枠」が[4-5-6-43]、「7~8枠」が[3-4-2-31]で、外枠の方が成績が良い結果となっております。

この梅雨の時期の阪神は雨で内が痛み、時計が掛かる馬場になることが多いので、距離ロスの少ない内枠が必ずしも有利となるとは限らないということを覚えておいた方が良さそうです。

脚質は差し馬が優勢。3コーナーから直線の途中までは下り坂となっており、ここでスピードにのって外から、もしくはバラけた馬群の内を突いての差しが決まることが多いです。

枠番データ
枠番成績
1枠2-0-1-10
2枠0-1-1-11
3枠1-0-0-16
4枠0-2-3-13
5枠1-2-2-15
6枠3-1-1-15
7枠1-3-1-15
8枠2-1-1-16
脚質データ
脚質成績
逃げ1-3-0-6
先行2-2-1-31
差し5-3-5-43
追込2-2-4-30

実績で見劣る軽ハンデ馬の激走に注意!

斤量は53.0kgを背負った馬が7勝と圧倒的です。ただ、今年は53.0kgを背負う馬は一頭もいません。52.0kg以下の馬が上々の成績となっており、実績で見劣る馬が軽いハンデを見方ににして上位に食い込むケースが多くなっております。このあたりの馬を注目してみるのも良いかもしれません。

年齢は6勝をあげている5歳馬が中心で、3着内がゼロの3歳馬と連対馬がゼロの7歳馬は割り引いて考えた方が良さそうです。

斤量データ
斤量成績
50.0kg以下1-2-1-21
51.0kg0-1-0-13
52.0kg0-2-1-13
53.0kg7-2-4-22
54.0kg0-1-1-13
55.0kg1-1-1-14
55.5kg0-0-0-1
56.0kg1-1-1-13
56.5kg0-0-1-0
57.0kg0-0-0-1
57.5kg以上0-0-0-0
年齢データ
年齢成績
3歳0-0-0-4
4歳2-1-5-30
5歳6-6-3-55
6歳2-3-1-17
7歳以上0-0-1-5

前走1600万組が好走傾向。前走凡走した馬にも十分気をつけよう

5月開催だったころの金鯱賞や、年末開催だった愛知杯などは現在は開催時期が変わっておりますので、参考外となります。

重賞だとヴィクトリアマイル組が好走しておりますが、勝ち星をあげれておりません。逆に条件戦組は4勝と勝利数が多く、とくに3勝をあげている1600万下のパールS組は好走が目立ちます。

また、前走着順・人気を見ると前走低評価だった馬や凡走している馬が巻き返しに成功しているケースが多いことが分かります。二桁人気や二桁着順の馬の激走にも十分注意が必要です。

前走データ
前走成績
金鯱賞1-0-0-3
愛知杯1-0-0-2
ヴィクトリアマイル0-2-4-21
福島牝馬S0-0-0-9
阪神牝馬S0-0-1-2
OP特別2-2-1-15
1600万下4-3-3-34
1000万下2-2-0-10
500万下0-2-0-7
前走着順データ
前走着順成績
1着3-4-1-18
2着1-0-0-6
3着1-0-0-5
4着1-1-0-10
5着0-1-1-7
6~9着3-2-4-23
10着以下1-2-4-42

※前走重賞・OP特別・条件戦の合計データ

前走人気データ
前走人気成績
1番人気2-0-1-6
2番人気2-1-1-10
3番人気2-1-1-10
4番人気1-1-0-9
5番人気2-0-0-8
6~9番人気3-2-5-34
10番人気以下0-4-3-38

※前走重賞・OP特別・条件戦の合計データ