宝塚記念(2019)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

いよいよ春のG1戦線の締めくくり、宝塚記念が行われます。梅雨の時期に開催ということで重たい馬場で開催されることが多いレースです。当日の天気や馬場の状態で傾向は一気に偏りが変わる可能性もありますが、過去のデータからどういった競馬になりやすいのかという傾向を把握しておくことも予想の補助となるでしょう。今回は過去10年間のデータをもとに宝塚記念の傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気の信頼度はそこまで、波乱も警戒

人気は、「1番人気」が複勝率70%と3着内はまずまずですが、勝利数は2勝とそこまで。「2・3番人気」も複勝率が40%と信頼度はそこまで高くありません。逆に「6番人気」と「8番人気」も2勝ずつを挙げており、下位人気からも勝ち馬が多く出ております。「10番人気以下」は4頭おり(0-2-2-52)、2・3着馬は下位人気まで幅広く分布しております。超大穴に本命を打つほど波乱傾向は強くありませんが、「6~8番人気」あたりはとくに狙い所となりそうです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気2323
2番人気2116
3番人気1126
4番人気0019
5番人気0208
6番人気2017
7番人気1009
8番人気2017
9番人気0109
10番人気0208
11番人気0019
12番人気0017
13番人気0007
14番人気0007
15番人気0006
16番人気0006
17番人気0002
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0112
2.0~2.9倍2210
3.0~3.9倍1004
4.0~4.9倍0101
5.0~6.9倍0034
7.0~9.9倍21110
10.0~14.9倍32112
15.0~19.9倍0009
20.0~29.9倍10010
30.0~49.9倍12217
50.0~99.9倍01119
100.0倍以上00028
馬単/三連単データ
馬単三連単
20095,310円10,630円
201016,990円77,160円
20114,740円17,480円
20121,760円11,550円
20136,180円23,420円
201410,210円251,440円
201519,250円528,510円
20168,460円26,250円
201710,330円70,420円
201819,630円492,560円
該当馬1番人気
キセキ(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1キセキ3.0
2レイデオロ3.4
3リスグラシュー5.6
4アルアイン6.9
5エタリオウ7.8
6スワーヴリチャード10.3
7マカヒキ17.5
8クリンチャー30.1
9スティッフェリオ53.0
10ノーブルマーズ74.7
11ショウナンバッハ81.6
12ソールインパクト142.5
13タツゴウゲキ198.4

■「8枠」&「先行馬」が好成績

コースは阪神競馬場の芝2200mを使用。枠番は、「8枠」が最多の6勝を挙げており、勝率(27.3%)、連対率(27.3%)、複勝率(31.8%)の全てでトップです。「1枠」は3着4回で複勝率は高いですが、全体的には外枠の方が有利な傾向が出ております。

脚質は、「先行馬」が最多の5勝を挙げており、勝率(12.5%)、連対率(25%)、複勝率(30%)の全てでトップです。内回りコースはゴール前直線が短く、3~4コーナーが下りで流れ込む競馬ができるため、見かけよりは前が有利になる傾向にあるようです。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠10411
2枠11212
3枠01115
4枠04013
5枠03015
6枠20018
7枠01217
8枠60115
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0028
先行55228
差し41441
追い込み14239
マクリ0000
該当馬先行馬
キセキ
アルアイン
クリンチャー
スティッフェリオ
ノーブルマーズ
タツゴウゲキ

■馬体重の増減が「-3~+3kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の7勝を挙げ、3着内の回数も最多の「-3~+3kg」に注目。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0101
-19~-10kg0006
-9~-4kg22228
-3~+3kg74356
+4~+9kg00314
+10~+19kg1213
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0118
今回減65253
同体重11117
今回増33638

■「5歳馬」が好成績

年齢は、「5歳馬」が最多の6勝を挙げており、3着内の回数も最多です。性別は、9勝を挙げている「牡馬」が中心となりますが、「牝馬」も2・3着にはよく絡みます。所属は、「栗東」が7勝を挙げており、関西馬が優勢です。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳0001
4歳32636
5歳64431
6歳13021
7歳以上01026
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬13411
牡馬976105
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦32025
栗東771090
地方0001
外国0100
該当馬5歳馬
アルアイン
キセキ
クリンチャー
スティッフェリオ
スワーヴリチャード
リスグラシュー
レイデオロ

■前走が「天皇賞・春」だった馬に注目

前走レースは、最多の5勝を挙げ、3着内の回数が最多の「天皇賞・春」に注目です。前走着順は、「2着馬」が3着5回、「6着以下」も3着内が8頭と幅広く来ているため、前走着順に関してはそこまで気にしなくても良さそうです。

前走データ
前走1着2着3着4着以下
天皇賞・春(G1)52233
鳴尾記念(G3)12112
金鯱賞(G2)1116
目黒記念(G2)10115
大阪杯(G1)1002
メトロポリタンS(OP)1000
ヴィクトリアマイル(G1)0235
ドバイシーマクラシック(G1)0115
クイーンエリザベス2世C(G1)0103
ライオンズロックT(G3)0100
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
2勝クラス0001
3勝クラス0003
オープン特別1002
G312118
G221233
G164647
海外03112
地方0000
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着23322
2着12510
3着21011
4着1109
5着1009
6~9着22235
10着以下11019
該当馬前走が天皇賞・春だった馬
エタリオウ(4着)
クリンチャー(10着)

■騎手は「横山典弘」騎手に注目

騎手は、「池添謙一」騎手が唯一2勝を挙げており注目したいところですが、池添騎手は今年は騎乗なしのため、次いで連対数の多い「横山典弘」騎手に注目したいとおもいます。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
池添謙一2114
横山典弘1205
川田将雅1108
M.デムーロ1102
蛯名正義1005
和田竜二1005
柴田善臣1002
内田博幸1002
浜中俊0125
岩田康誠0118

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬横山典弘の騎乗予定馬
エタリオウ