東京新聞杯(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

2018年も早くも1ヶ月が経ち、今週末から2月に入ります。日曜の東京メインは「東京新聞杯」。安田記念やヴィクトリアマイルと同じ舞台ということもあり、今後のマイル路線を展望する重要な一戦です。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心に東京新聞杯の傾向を探っていきたいと思います。

■1番人気不振、波乱傾向の強いレース

人気データ
人気成績
1番人気0-1-2-7
2番人気2-0-1-7
3番人気2-1-0-7
4番人気0-1-1-8
5番人気3-2-1-4
6番人気1-1-1-7
7番人気0-1-1-8
8番人気2-0-0-8
9番人気0-1-1-8
10番人気0-0-0-10
11番人気0-0-1-8
12番人気0-0-1-8
13番人気0-1-0-8
14番人気0-0-0-9
15番人気0-1-0-6
16番人気0-0-0-7
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-1-0
2.0~2.9倍0-0-0-1
3.0~3.9倍0-0-1-2
4.0~4.9倍1-1-1-10
5.0~6.9倍3-2-1-7
7.0~9.9倍1-1-1-11
10.0~14.9倍3-2-2-15
15.0~19.9倍1-0-1-7
20.0~29.9倍1-1-0-11
30.0~49.9倍0-1-0-17
50.0~99.9倍0-2-2-19
100.0倍以上0-0-0-20
馬単/三連単データ
馬単三連単
200861,960円2,543,450円
200943,070円888,960円
20102,040円14,840円
201119,310円97,600円
20129,830円65,040円
20132,670円16,490円
201416,010円96,300円
201521,360円155,940円
20169,880円353,160円
20175,190円15,460円

1番人気は過去10年で勝ち馬ゼロ、2着1回、3着2回と不振気味。単勝オッズ3.9倍以下が連対馬ゼロと、人気馬が不振傾向にあります。5番人気が最多の3勝をあげ、馬券圏内が最も多く、好走傾向にあります。

二桁人気が2頭絡んで254万馬券を叩き出した2008年を筆頭に、翌年は88万、一昨年が35万と高配当が度々飛び出しており、全体的に波乱傾向が強いレースと言えます。

【該当馬】5番人気(下記「予想オッズ」を参考):
クルーガー

・予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1グレーターロンドン3.2
2ダイワキャグニー4.2
3リスグラシュー5.7
4ダノンプラチナ6.1
5クルーガー10.2
6アドマイヤリード13.4
7サトノアレス18.5
8デンコウアンジュ29.7
9ハクサンルドルフ41.6
10カデナ52.7
11ディバインコード68.9
12ストーミーシー98.7
13ガリバルディ128.6
14ベルキャニオン140.5
15マイネルアウラート168.9
16タガノブルグ212.3
17トウショウピスト350.1

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■「内枠」&「差し・追い込み」有利

枠番データ
枠番成績
1枠1-1-4-12
2枠1-2-0-14
3枠4-2-0-13
4枠3-0-2-14
5枠0-2-1-16
6枠0-1-2-16
7枠0-2-1-17
8枠1-0-0-18
脚質データ
脚質成績
逃げ3-1-0-6
先行3-2-5-24
差し4-3-3-49
追い込み0-4-2-41

コースは東京競馬場の芝1600m。最初のコーナーまでは約540mと長く、極端な枠順の有利不利は発生しにくいですが、データでは勝ち馬10頭中9頭が、さらに3着内述べ30頭中20頭が1~4枠の馬となっており、内枠が有利な傾向となっております。

最後の直線も約520mと長く、脚質は差し・追い込みが決まっております。

【該当馬】差し・追い込み:
グレーターロンドン
リスグラシュー
ダノンプラチナ
クルーガー
アドマイヤリード
サトノアレス
デンコウアンジュ
ハクサンルドルフ
カデナ
ストーミーシー
ガリバルディ
タガノブルグ

■馬体重は「+4kg~+9kg」が好走傾向に

馬体重増減データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg0-0-0-10
-9~-4kg4-3-2-23
-3~+3kg1-4-6-47
+4~+9kg5-2-2-27
+10~+19kg0-0-0-9
+20kg~0-1-0-4
今回減5-4-3-50
同体重0-0-4-17
今回増5-6-3-53

馬体重の増減は、最多の5勝を挙げている「+4kg~+9kg」が好走傾向に。馬体重は増えている馬も減っている馬もほぼ同じ成績となっております。

■「4歳馬」に注目

馬齢データ
馬齢成績
4歳4-3-3-23
5歳2-3-6-32
6歳4-2-0-26
7歳以上0-2-1-27
性別データ
性別成績
牝馬2-0-0-11
牡馬8-10-10-109
所属データ
所属成績
栗東5-3-2-59
美浦5-7-8-61
地方0-0-0-0
外国0-0-0-0

4歳馬が最多の4勝を挙げ、馬券圏内の頭数も最多で好成績。牝馬で勝ったのは2016年のスマートレイアー(5番人気)と2014年のホエールキャプチャ(8番人気)の2頭で、いずれも前走がエリザベス女王杯でした。

【該当馬】4歳馬:
カデナ
サトノアレス
ダイワキャグニー
ディバインコード

■前走「ニューイヤーS」に注目

前走データ
前走成績
ニューイヤーS(OP)2-3-2-15
阪神C(G3)2-0-3-11
エリザベス女王杯(G1)2-0-0-1
京都金杯(G3)1-3-3-28
マイルCS(G1)1-0-1-13
元町S(1600万下)1-0-0-2
クリスマスC(1600万下)1-0-0-0
キャピタルS(OP)0-1-0-4
中山金杯(G3)0-1-0-3
前走クラスデータ
前走成績
1600万下2-0-0-7
オープン特別2-5-2-35
G31-4-4-41
G22-0-3-15
G13-1-1-19
前走着順データ
前走着順成績
1着3-3-1-19
2着2-0-2-10
3着0-0-2-8
4着1-0-1-6
5着2-2-1-10
6~9着2-3-2-29
10着以下0-2-1-38

前走は「ニューイヤーS」からの馬が好走傾向に。前走着順は馬券圏外だった馬が巻き返すシーンも目立っており、そこまで気にしなくても良さそうです。

【該当馬】前走ニューイヤーSだった馬:
ダノンプラチナ(1着)

■騎手は「岩田康誠」に注目

騎手データ
騎手成績
岩田康誠1-1-2-4
蛯名正義1-1-0-5
田中勝春1-1-0-4
横山典弘1-0-1-7
福永祐一1-0-0-3
三浦皇成1-0-0-5
吉田隼人1-0-0-4
石橋脩1-0-0-3
M.デムーロ1-0-0-0
内田博幸0-1-0-6
田辺裕信0-1-0-4

騎手はどの騎手も1勝ずつですが、3着内が最多頭数の「岩田康誠」に注目。

【該当馬】岩田康誠騎手の騎乗予定馬:
なし