チューリップ賞(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

桜花賞トライアルとして牝馬クラシックを占う重要な一戦となる「チューリップ賞」。今年からG2に格上げされ、例年以上に有力馬の参戦が多くなってきそうです。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にチューリップ賞の傾向を探っていきたいと思います。

■1番人気は複勝率80%と堅実。伏兵馬の取捨がポイント

人気データ
人気成績
1番人気4-3-1-2
2番人気1-1-3-5
3番人気1-1-0-8
4番人気1-1-0-8
5番人気2-0-1-7
6番人気0-0-2-8
7番人気0-4-0-6
8番人気0-0-2-8
9番人気1-0-0-9
10番人気0-0-1-9
11番人気0-0-0-10
12番人気0-0-0-10
13番人気0-0-0-8
14番人気0-0-0-6
15番人気0-0-0-5
16番人気0-0-0-4
17番人気0-0-0-1
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍4-0-1-0
2.0~2.9倍0-3-1-1
3.0~3.9倍0-0-2-2
4.0~4.9倍0-0-0-1
5.0~6.9倍2-0-0-3
7.0~9.9倍1-1-0-6
10.0~14.9倍1-1-1-12
15.0~19.9倍0-2-0-5
20.0~29.9倍0-1-1-5
30.0~49.9倍2-0-2-14
50.0~99.9倍0-2-2-17
100.0倍以上0-0-0-48
馬単/三連単データ
馬単三連単
20083,780円9,500円
20092,180円24,740円
201015,690円186,190円
2011260円2,930円
201224,660円57,290円
20139,220円116,790円
2014540円3,730円
201511,040円30,600円
20161,830円44,410円
20174,590円11,200円

1番人気は最多の4勝、連対率70%、複勝率80%と断トツ。しかし、5番人気が2勝、7番人気が2着4回など、伏兵馬の好走も目立ちます。10番人気以下は連対馬がゼロで、大きく荒れることは少ないですが、人気どころよりは伏兵馬の取捨がポイントとなりそうです。

【該当馬】1番人気(以下「予想オッズ」を参考):
ラッキーライラック

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ラッキーライラック1.8
2リリーノーブル2.8
3マウレア3.5
4シグナライズ8.2
5サラキア12.3
6スカーレットカラー19.6
7レッドランディーニ42.1
8サヤカチャン54.2
9カレンシリエージュ85.7
10クリノフラッシュ122.3
11ウインラナキラ210.7
12ダンサール285.3

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■「外枠」&「差し・追い込み」が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠0-2-1-11
2枠0-0-1-14
3枠1-0-1-14
4枠2-0-3-13
5枠1-2-1-16
6枠3-1-0-16
7枠3-2-0-15
8枠0-3-3-15
脚質データ
脚質成績
逃げ2-1-2-5
先行0-3-3-31
差し5-3-4-37
追い込み3-3-1-41

コースは阪神の芝1600m。外回りで直線も長いこともあり、不利を受けづらい外枠のアドバンテージが生きてくるコースとなっております。1,2枠は勝利をあげれておらず、6,7枠が最多の3勝ずつをあげるなど、データでも外枠の好走率が目立ちます。

脚質は差し・追い込みが優勢で、先行馬は勝ち星をあげれておりません。直線ゴール前に高低差1.8mの急坂が待ち受けていることも要因の一つと言えるでしょう。

【該当馬】差し・追い込み馬:
ラッキーライラック
マウレア
シグナライズ
サラキア
スカーレットカラー
レッドランディーニ
カレンシリエージョ
ウインラナキラ

■馬体重は「-9kg~+3kg」が好走傾向に

馬体重増減データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg1-1-1-12
-9~-4kg3-3-3-42
-3~+3kg3-2-4-50
+4~+9kg1-3-1-8
+10~+19kg2-1-0-1
+20kg~0-0-1-1
今回減4-5-4-80
同体重3-1-2-13
今回増3-4-4-21

馬体重は最多の3勝ずつをあげている「-3~+3kg」と「-9kg~-4kg」が好走しており、全体的には馬体重が同体重、または増えている馬の好走率が高くなっております。

■前走「阪神JF」だった馬が好走傾向に

前走データ
前走成績
阪神JF(G1)6-4-5-8
500万下1-1-2-20
未勝利1-0-1-9
こぶし賞(500万下)1-0-0-3
紅梅S(OP)1-0-0-9
エルフィンS(OP)0-1-2-20
新馬0-1-0-5
クイーンC(G3)0-1-0-3
シンザン記念(G3)0-1-0-1
こうやまき賞(500万下)0-1-0-0
前走クラスデータ
前走成績
新馬0-1-0-7
未勝利1-0-1-15
500万下2-2-1-37
オープン特別1-1-2-32
G30-2-1-9
G20-0-0-0
G16-4-5-8
海外0-0-0-0
前走着順データ
前走着順成績
1着6-5-3-43
2着2-2-2-5
3着1-1-1-14
4着0-1-1-9
5着0-0-2-9
6~9着0-1-1-19
10着以下1-0-0-14

前走は6勝をあげている「阪神JF」に注目。複勝率が65.2%と高く、2016年を除いて毎年3着内に絡んでおります。

前走着順は1着馬が6勝をあげており好成績。前走4着以下で勝ったのは1頭のみで、基本的には1~3着だった馬が中心となります。

【該当馬】前走が阪神JFだった馬:
ラッキーライラック(阪神JF・1着)
リリーノーブル(阪神JF・2着)

■騎手は過去10年毎年違い、どの騎手にもチャンスあり

騎手データ
騎手成績
池添謙一1-1-0-6
川田将雅1-1-0-3
藤岡佑介1-1-0-3
福永祐一1-0-1-6
武豊1-0-1-6
C.デムーロ1-0-0-1
木村健1-0-0-1
C.ルメール1-0-0-0
横山典弘1-0-0-0
岩田康誠0-2-2-5
浜中俊0-1-1-3

騎手は2勝以上あげている騎手はおらず、どの騎手にもチャンスはあると言って良いでしょう。