チューリップ賞(2020)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週の阪神土曜メインは、牝馬クラシックの第一弾となる桜花賞へ直結する一戦「チューリップ賞」です。2018年にG2へ格上げされてから有力馬の参戦も多くなってきており、この後の牝馬クラシック戦線やG1戦線を占う上で見逃せない一戦と言えるでしょう。ということで、今回は過去10年間のデータをもとにチューリップ賞の傾向を探っていきたいと思います。

■「1番人気」は堅実も、ヒモ荒れに警戒

人気は「1番人気」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。連対率は70%、複勝率は80%と好走率が高く、信頼度は高めです。また、勝ち馬は10頭中9頭が「5番人気内」の馬となっており、勝ち馬は比較的人気馬で決まる可能性が高くなっております。人気薄は「7~9番人気」が2着3回、3着2回となっており(1-3-2-24)、勝利数こそ1勝のみですが2・3着にはよく絡みます。ヒモ荒れには警戒しておく必要がありそうです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気5212
2番人気1135
3番人気1207
4番人気1207
5番人気1018
6番人気0028
7番人気0316
8番人気0019
9番人気1009
10番人気0019
11番人気0009
12番人気0009
13番人気0007
14番人気0005
15番人気0004
16番人気0003
17番人気0001
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍5010
2.0~2.9倍0221
3.0~3.9倍0012
4.0~4.9倍0002
5.0~6.9倍2003
7.0~9.9倍1204
10.0~14.9倍01113
15.0~19.9倍0304
20.0~29.9倍0116
30.0~49.9倍20311
50.0~99.9倍01118
100.0倍以上00044
馬単/三連単データ
馬単三連単
201015,690円186,190円
2011260円2,930円
201224,660円57,290円
20139,220円116,790円
2014540円3,730円
201511,040円30,600円
20161,830円44,410円
20174,590円11,200円
2018990円1,950円
20191,310円10,890円
該当馬 1番人気
  • レシステンシア(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1レシステンシア2.0
2クラヴァシュドール3.1
3ウーマンズハート4.2
4スマイルカナ9.1
5マルターズディオサ12.6
6ギルデッドミラー20.3
7シャンドフルール36.5
8チェーンオブラブ41.3
9ショウリュウハル49.4
10ピーエムピンコ53.8
11スマートリアン59.6
12メデタシメデタシ65.2
13モズアーントモー80.3
14イズジョーノキセキ94.0
15エーポス152.0
16フルートフルデイズ222.7

■「外枠」&「差し・追い込み」が好成績

コースは阪神競馬場の芝1600mを使用。枠は「6枠」と「7枠」が3勝ずつを挙げており、「8枠」も勝利数こそ0回ですが2着4回、2着3回と2・3着は多く、外枠が好走傾向にあります。

脚質は、最多の4勝を挙げている「差し」に注目。「追い込み」も3勝を挙げており、後方から進めた馬の好走が目立っております。阪神の1600mは、最初のコーナーまでの距離が約444mと長いためゆったりとした流れになることが多く、また最後の直線も約474mと長く、ゴール前には高低差1.8mの急坂もあるため、差し・追い込みが届きやすいといった特徴があります。こうしたコース形態も、差し・追い込みが決まりやすい要因の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠11011
2枠00113
3枠10113
4枠11312
5枠11215
6枠31015
7枠32015
8枠04314
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1027
先行24427
差し42336
追い込み34138
マクリ0000
該当馬 差し馬候補
  • クラヴァシュドール
  • ウーマンズハート
  • マルターズディオサ
  • ギルデッドミラー
  • チェーンオブラブ
  • ピーエムピンコ

■馬体重の増減が「-3~+3kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、3勝を挙げ、3着内の回数が最多の「-3~+3kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg1218
-9~-4kg23242
-3~+3kg32447
+4~+9kg12210
+10~+19kg3101
+20kg~0010
不明・初出走・未更新0000
今回減36374
同体重31212
今回増43522

■前走レースが「阪神JF」だった馬に注目

前走レースは、最多の7勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「阪神JF」が断トツです。前走着順は、「1着」が最多の7勝を挙げ、連対数と3着内の回数も最多です。前走で勝利している馬は連続好走する可能性が高そうです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
阪神JF(G1)73510
未勝利11010
紅梅S(OP)1009
1勝クラス(500万下)1008
クイーンC(G3)0203
エルフィンS(OP)01323
新馬0104
シンザン記念(G3)0102
こうやまき賞(1勝クラス)0100
フェアリーS(G3)0013
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
新馬0105
未勝利11016
1勝クラス11129
オープン特別11335
G303110
G20000
G173510
海外0000
地方0003
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着74238
2着2237
3着11214
4着0109
5着0126
6~9着01122
10着以下00011
該当馬 前走が阪神JFだった馬
  • レシステンシア(1着)
  • マルターズディオサ(2着)
  • クラヴァシュドール(3着)
  • ウーマンズハート(4着)

■どの騎手にもチャンスあり

騎手は「川田将雅」騎手が唯一2勝を挙げておりますが、今年は騎乗予定がないため、騎手についてはどの騎手にもチャンスはあると考えたいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
川田将雅2112
武豊1116
福永祐一1024
池添謙一1007
C.デムーロ1001
C.ルメール1001
石橋脩1000
横山典弘1000
岩田康誠0226
浜中俊0114
M.デムーロ0102

※現役騎手のみを表示しております。