弥生賞(2020)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

クラシック戦線に直結する重要な前哨戦として位置づけられている「弥生賞」が、いよいよ今週中山競馬場で開催されます。本番を見据えたトライアル故に出走メンバーも毎年ハイレベルなメンバーが集う形となりますが、未知数な馬の参戦も多く、例年予想は困難を際めます。ということで、今回は過去10年間のデータをもとに弥生賞の傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気堅実も、中穴人気に警戒

人気は「1番人気」が最多の5勝を挙げており、連対数も最多です。3着内の回数は「1・2番人気」が最多タイとなっており、上位人気は堅実です。下位人気を見ますと、「11番人気以下」は3着内が0回となっておりますが、「7~10番人気」は3着内が7回と多く(2-3-2-33)、このあたりの中穴人気の激走には警戒したいところです。本命サイドで安い配当に終るケースもありますが、10万馬券以上は4回と少なくないので、波乱にも警戒したい一戦です。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気5104
2番人気2224
3番人気0118
4番人気0226
5番人気0037
6番人気1108
7番人気0118
8番人気1108
9番人気1009
10番人気0118
11番人気0008
12番人気0006
13番人気0003
14番人気0001
15番人気0001
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍3101
2.0~2.9倍2014
3.0~3.9倍1102
4.0~4.9倍0014
5.0~6.9倍1102
7.0~9.9倍0358
10.0~14.9倍0016
15.0~19.9倍1106
20.0~29.9倍12110
30.0~49.9倍10011
50.0~99.9倍0019
100.0倍以上01026
馬単/三連単データ
馬単三連単
2010600円5,050円
20113,130円18,840円
201222,190円126,790円
2013122,810円461,810円
2014860円3,850円
20156,200円187,960円
2016440円830円
20175,480円46,720円
2018450円1,320円
201969,140円457,370円
該当馬 1番人気
  • ワーケア(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ワーケア2.0
2サトノフラッグ2.8
3オーソリティ3.7
4ブラックホール8.9
5ウインカーネリアン14.5
6パンサラッサ18.1
7オーロアドーネ25.4
8アラタ31.6
9メイショウボサツ41.7
10ディヴィナシオン71.7
11ヴィズサクセス136.5
12エンデュミオン194.3

■「外枠」&「先行」が好成績

コースは中山競馬場の芝2000mを使用。枠は「8枠」が最多の4勝を挙げており、「7枠」が連対数が最多です。「3枠」も3着が4回で3着内の回数は最多ですが、「1枠」は1着1回のみと不振で、全体的には外枠の好走が目立っております。

脚質は「先行」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。中山の2000mは小回りでカーブがキツく最後の直線も短いため、脚を溜めても4コーナー大外ブン回しでは前で粘った馬に届かないケースが目立ちます。すんなりと先行できる器用な馬が好走傾向にあります。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠1009
2枠0128
3枠1244
4枠1138
5枠02014
6枠20016
7枠14114
8枠40016
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0109
先行56328
差し41519
追い込み12230
マクリ0003
該当馬 先行馬候補
  • サトノフラッグ
  • ウインカーネリアン
  • パンサラッサ
  • ディヴィナシオン

■馬体重の増減が「-3~+3kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の5勝を挙げている「-3~+3kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0002
-19~-10kg0024
-9~-4kg23232
-3~+3kg53339
+4~+9kg2239
+10~+19kg1202
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0001
今回減44654
同体重31112
今回増35322

■前走レースが「若駒S」だった馬に注目

前走レースは、「朝日杯FS」と「若駒S」が2勝ずつを挙げておりますが、今年は朝日杯FSから来る馬がいないため、「若駒S」に注目したいと思います。前走着順は「1着」だった馬が最多の7勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。前走勝っている馬は連続好走する可能性が高そうです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
朝日杯FS(G1)2332
若駒S(OP)2101
ラジオNIKKEI賞(G3)1205
東京スポーツ杯2歳S(G3)1100
きさらぎ賞(G3)1015
1勝クラス(500万下)1019
共同通信杯(G3)1005
京都2歳S(G3)1001
新馬0105
つばき賞(1勝クラス)0101
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
新馬0105
未勝利0007
1勝クラス12133
オープン特別2108
G353425
G20003
G12354
海外0000
地方0003
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着75040
2着0257
3着0028
4着1216
5着2014
6~9着01116
10着以下0007
該当馬 前走が若駒Sだった馬
  • パンサラッサ(4着)

■どの騎手にもチャンスあり

騎手は、「福永祐一」「川田将雅」の2名の騎手が2勝ずつを挙げておりますが、今年はいずれの騎手も騎乗予定がないため、騎手についてはどの騎手にもチャンスはあると考えたいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
福永祐一2111
川田将雅2002
池添謙一1100
武豊1023
C.ルメール1011
内田博幸1006
岩田康誠1003
柴田大知1002
横山典弘0213
田辺裕信0203
石橋脩0102

※現役騎手のみを表示しております。