【海外競馬】豪華すぎる10頭の日本馬、ロンジン香港国際競争に選出

a1370_000133

12月13日(日)に香港のシャティン競馬場で開催される、ロンジン香港カップ(G1)、ロンジン香港マイル(G1)、ロンジン香港スプリント(G1)の各レースに合計10頭の日本馬が選ばれた。今年のロンジン香港国際競争の予備登録をしていた馬は全てで50頭いた。

JRAは関係者からこの招待を受諾したことを25日(水)にJRAの公式ホームページで発表。ロンジン香港国際競争に選出された日本馬は以下の通りである。

ロンジン香港カップ(G1、芝2,000m)

  • エイシンヒカリ(牡4、坂口正則厩舎)
  • サトノアラジン(牡4、池江泰寿厩舎)
  • ステファノス(牡4、藤原英昭厩舎)
  • ヌーヴォレコルト(牝4、斎藤誠厩舎)

ロンジン香港マイル(G1、芝1,600m)

  • ダノンプラチナ(牡3、国枝栄厩舎)
  • フィエロ(牡6、藤原英昭厩舎)
  • モーリス(牡4、堀宣行厩舎)

ロンジン香港スプリント(G1、芝1,200m)

  • サクラゴスペル(牡7、尾関知人厩舎)
  • ストレイトガール(牝6、藤原英昭厩舎)
  • ミッキーアイル(牡4、音無秀孝厩舎)

また、ヌーヴォレコルト、ダノンプラチナ、モーリス、サクラゴスペルの4頭は、12月5日(土)に成田空港から香港へ出発する予定となっている。