青葉賞(2021)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

いよいよダービーへ向けたトライアル「青葉賞」が東京競馬場で開催。未だに当レースからダービー馬は誕生していませんが、馬券圏内の入着数は皐月賞組に次いで多いので、やはりここで権利を取った馬は注目しておきたいところです。今回は過去10年間のデータをもとに青葉賞の傾向を探っていきたいと思います。

■「1番人気」は堅実も、穴馬の激走にも十分警戒

人気は「1番人気」が最多の3勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。複勝率は90%と高く、軸として最適なデータとなっています。「1番人気」の信頼度は高いですが、「7番人気」と「10番人気」が1・2着に1回ずつ入着するなど、人気薄の好走も目立っています。3連単は10万馬券以上が4回あり、波乱の頻度も多めです。穴馬の激走には十分警戒したい一戦です。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3241
2番人気0019
3番人気1018
4番人気1414
5番人気1117
6番人気2008
7番人気1108
8番人気0019
9番人気0109
10番人気1108
11番人気00010
12番人気00010
13番人気0018
14番人気0008
15番人気0008
16番人気0008
17番人気0007
18番人気0006
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍1001
2.0~2.9倍1120
3.0~3.9倍0112
4.0~4.9倍2018
5.0~6.9倍1124
7.0~9.9倍0107
10.0~14.9倍33213
15.0~19.9倍01010
20.0~29.9倍10111
30.0~49.9倍02013
50.0~99.9倍10122
100.0倍以上00045
馬単/三連単データ
馬単三連単
201119,570円74,960円
20126,260円189,270円
201371,140円428,430円
201419,460円138,430円
20152,260円12,990円
20163,540円14,890円
2017960円8,440円
201819,390円101,530円
20195,400円42,980円
20204,160円14,870円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1キングストンボーイ2.2
2ワンダフルタウン3.4
3スワーヴエルメ8.9
4アオイショー11.4
5レッドヴェロシティ13.6
6ノースブリッジ18.8
7モンテディオ24.5
8リーブルミノル26.9
9レインフロムヘヴン33.0
10ゲヴィナー36.8
11ヴェローチェオロ42.1
12ワンデイモア48.7
13テンカハル54.1
14グレアリングアイ56.3
15アランデル74.1
16タガノカイ88.9
17マテンロウエール154.6
18テーオーロイヤル198.0
19バーボンハイボール212.6
20アウスヴァール241.7
21レンツシュピッツェ251.0
22トーホウバロン265.3

■枠は「大外不利」&脚質は「差し」が好成績

コースは東京の芝2400mを使用。枠は「2・4・5枠」が2勝ずつを挙げており、どの枠からもまんべんなく好走馬が出ています。ただ、「8枠」は連対数が0回となっており、大外不利はデータに現れています。

東京の2400mはスタート後の直線が約400mと長めですが、1コーナーに差し掛かる下り坂付近で位置取りが激しくなりがちです。前目の位置を狙いたい外の馬はより積極的に出していき、譲らない内枠勢とのせめぎ合いで脚を使ってしまうなんてこともよくあります。こうしたコース形態も、外枠が不振である要因の一つと考えられます。

脚質は「差し」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。「追い込み」も2勝、「マクリ」も1勝を挙げており後方から進めた馬が好走傾向にあります。

中距離戦で最後の直線も約520mと長いため、基本的には直線を向いてからの残り3F勝負になりやすく、瞬発力勝負になりがちです。こうしたコース形態や距離の長さも「差し」が好走しやすい要員の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠11115
2枠23013
3枠10215
4枠22114
5枠20414
6枠12017
7枠12122
8枠00126
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1108
先行14028
差し531054
追い込み22046
マクリ1000
該当馬 差し候補
  • キングストンボーイ
  • ワンダフルタウン
  • アオイショー
  • モンテディオ
  • リーブルミノル
  • ヴェローチェオロ
  • テンカハル
  • グレアリングアイ

■馬体重の増減が「-9~-4kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の4勝を挙げている「-9~-4kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0001
-19~-10kg0006
-9~-4kg43451
-3~+3kg37660
+4~+9kg30017
+10~+19kg0001
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0000
今回減46974
同体重12130
今回増52032

■前走レースが「弥生賞」または「アザレア賞」だった馬に注目

前走レースは3勝ずつを挙げている「弥生賞」と「アザレア賞」に注目です。前走着順は「1着」だった馬が最多の5勝を挙げており、勝利数は断トツです。また、3着内に入った述べ30頭中17頭が前走で「1着」だった馬でした。前走を勝っている馬は連続好走する可能性が高そうです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
弥生賞(G2)3106
アザレア賞(1勝クラス)3015
大寒桜賞(1勝クラス)1325
山吹賞(1勝クラス)12114
スプリングS(G2)11010
水仙賞(1勝クラス)1005
ゆきやなぎ賞(1勝クラス)0207
京成杯(G3)0102
すみれS(OP)0014
ゆりかもめ賞(1勝クラス)0015
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
未勝利00015
1勝クラス67768
オープン特別00116
G301217
G242019
G10001
海外0000
地方0000
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着56647
2着02017
3着20214
4着01111
5着0006
6~9着31130
10着以下00011
該当馬 前走が弥生賞かアザレア賞だった馬
  • リーブルミノル(アザレア賞・1着)
  • モンテディオ(アザレア賞・2着)
  • テンカハル(アザレア賞・3着)
  • ワンデイモア(弥生賞・7着)

■騎手はフラットな傾向

騎手は1勝以上を挙げている騎手はおらず、傾向らしい傾向は見られません。騎手については、フラットな目線で予想したいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
内田博幸1008
吉田豊1006
横山典弘1006
M.デムーロ1002
川田将雅1001
L.ヒューイットソン1000
C.ルメール0112
石橋脩0106
三浦皇成0107
松岡正海0104
岩田康誠0102

※現役騎手のみを表示しております。