【加付式“連番の法則”】2021年の総決算

28日、有馬記念の興奮冷めない中1日で今年のJRA最終開催が行われ、メインに2歳GⅠ「第38回 ホープフルステークス」が行われた。

レースは2番人気キラーアビリティ(横山武史騎手)が、好位から力強い伸びをみせ完勝。横山武史騎手は、同じ勝負服もあってか、一昨日の再現VTRのような騎乗ぶりでGⅠ連勝。2着に4番人気ジャスティンパレス、3着には8番人気ラーグルフが入り、残念ながら法則外決着に終わった。

横山武史騎手は、GⅠ初勝利を挙げた今年だけでGⅠ5勝。さらに続く最終レースも勝ち、区切りのJRA通算300勝でシーズンを締めくくった。初の年間100勝以上もマークし2年連続関東リーディングを決め、最後の活躍ぶりはまさに今年一年を象徴する大活躍であった。

では最終日の結果、そして今年1年の「法則結果」を振り返ろう。28日の結果は下表のとおり。

12月28日
-中山阪神合計出現率(%)
ALL連番12312.5
一組連番6(2)3(2)937.5
同番1014.2
合計85--
出現率(%)66.741.7--
  • ※「同番」「一組連番」、同時に成立(13番→2番→3番 等)は「同番」としてカウント
  • ※( )内は同枠2頭が入った回数

28日は1日単独開催の2場計24レースで「一組連番」が計9レース、「ALL連番」が計3レース、「同番」が計1レース、という内訳。中山では「一組連番」が半数を占め、「ALL連番」「同番」が各1回ずつの平均的出現傾向。一方阪神では、「一組連番」「同番」がそれぞれ3回、0回と鳴りを潜め、「ALL連番」が1日で2回と今秋の傾向通りの存在感を示した。配当的には10万弱はあったものの、超える高額は1本も出なかった。最終日の場別出現率は、中山が「66.7%」の5割超え、阪神は「41.7%」と5割を割って終えた。

「一組連番」は、中山で半数の6レース出現し軸馬はすべて推奨人気内から。2回の「同枠・一組連番」からは9.3万のこの日の法則最高配当を輩出。また、お勧め術としてきた「1番人気3着付け」からも5万という適度な配当も出ていた。阪神では3レースのみの出現に終わったが、うち2回を「同枠・一組連番」が占める結果が目立っていた。

一年間好調を持続してきた「同番」は、残念ながら最終日は中山での1回のみ。その1回では、1番人気が勝利し、その1番人気との人気薄(9番人気)「同番」が3着に入ってのもの。軸馬との人気薄・同番は、最終日唯一の出現でも存在感を示した。

今秋絶好調の「ALL連番」は、最終1日だけでも3レース出現と好調ぶりを示した。3回すべてで「1番人気絡みのALL連番」で、オール万馬券。最終日も少額「ALL連番」で遊べたのではなかろうか。

では、最後に2021年の総括として年間データと傾向を記しておこう。まず年間データは下記の通り。

通期
-東日本西日本第3場合計出現率(%)
ALL連番100114812958.5
一組連番572543455157045.4
同番1521159536210.5
合計824772631--
出現率(%)64.864.364.1--
通期:1日平均出現回数
-東日本西日本第3場
ALL連番0.91.10.8
一組連番5.45.44.7
同番1.41.21.0
上半期
-東日本西日本第3場合計出現率(%)
ALL連番4064411458.3
一組連番28528323280045.7
同番71634417810.2
合計396410317--
出現率(%)63.565.762.9--
夏季
-東日本西日本第3場合計出現率(%)
ALL連番181518517.9
一組連番1208412032450.0
同番3018237111.0
合計168117161--
出現率(%)70.069.667.1--
下半期
-東日本西日本第3場合計出現率(%)
ALL連番423522999.4
一組連番16717610344642.2
同番51342811310.7
合計260245153--
出現率(%)63.760.063.7--
東日本
東京・中山、夏季は福島・新潟
西日本
阪神・中京、夏季は小倉
第3場
福島・新潟・小倉・中京(西日本が阪神開催時)、夏季は札幌・函館
重賞レース
-ALL連番一組連番同番全回数
重賞回数75016127
重賞出現率5.5%39.4%12.6%-
全配当データ
単位(¥)ALL連番同番
3連複3連単3連複3連単
平均配当17,60596,09427,774211,843
最高配当362,5301,556,3201,619,91020,738,890

※一組連番はデータ過多につき割愛、最高配当は3連複103万・3連単1,004万

重賞データ
単位(¥)ALL連番同番一組連番
3連複3連単3連複3連単3連複3連単
平均配当46,137324,93434,223193,66429,539237,347
最高配当135,9001,228,010338,4001,944,140282,7103,393,960
最終Rデータ
最終R万馬券内訳
全出現回数出現率10万以上出現率100万以上出現率
23983.0%6622.9%51.7%

年間「組み合わせ別」表で目につくのは、コラムで度々「昨秋以来好調の『同番』、今秋好調の『ALL連番』」と記した通り、今シーズンのこの2組の好調さが表れていると思う。場別では、年間通じてほぼ平均的な出現率となった。

全体の平均配当と最高配当は、「同番」の破壊力がやはり顕著であった。また、データ過多のため「一組連番」は全体平均を割愛したが、最高配当は「同番」を凌ぐ1,000万オーバーを記録した。さらに、読み始め読者やYoutube「馬券的塾」視聴者には度々「重賞だけでも試してみては・・・」とお勧めしている重賞でも、平均・最高配当ともに「その価値はある」ことがお分かりいただけるのではないだろうか。

「万馬券の宝庫」として思い切った買い方をお勧めしている「最終R」は、今シーズンは上げ下げ激しかったが、「100万オーバーの破壊力は昨シーズンに比して乏しかった」データとなった。ただ、10万超であれば法則出現率だけでも「22.9%」、つまり5回に1回以上は期待できる。3場開催時であれば「土日で1回」は期待できるので、やはり「狙う価値はある・・・」と思う。

読者諸兄はもちろん、「最近当たらない・・・」とお悩みの諸兄には、お正月にでもゆっくりご覧いただいて、2022シーズンの作戦参考にしていただきたいと思う。

※YouTubeは、筆者プロフィール欄のリンクから、もしくは「馬券的塾」で検索ください