【加付式“連番の法則”】安田記念など先週の回顧・検証

先週は春の東京開催での最終GⅠ、マイル王決定戦「第72回 安田記念(GⅠ)」をメイン重賞に、土曜中京にて「第75回 鳴尾記念(GⅢ)」が行われた。

混戦が続いた春のGⅠ、前週の皐月賞でようやく上位拮抗頭数が4頭と落ち着いたが、先週の安田記念では再び多頭数の「混戦GⅠ」となった。制したのは4番人気ソングライン(池添謙一騎手)で、GⅠ初勝利。2着に2番人気シュネルマイスター、3着には8番人気サリオスが入り、3連複・3連単ともに万馬券となったが、残念ながら「法則外」決着に終わった。

しかし、前日中京での鳴尾記念は、GⅠ2着1回、GⅡ2着3回という「シルバーコレクター」になっていたヴェルトライゼンデがついに重賞初勝利を挙げ、3着サンレイポケットとの「一組連番」で決着した。

では先週の結果を振り返ろう。全結果は下表のとおり。

6月4日
-東京中京合計出現率(%)
ALL連番01(1)14.2
一組連番6(2)9(1)1562.5
同番2(1)2(1)416.7
合計812--
出現率(%)66.7100.0--
6月5日
-東京中京合計出現率(%)
ALL連番02(1)28.3
一組連番4(2)3729.2
同番1128.3
合計56--
出現率(%)41.750.0--
  • ※「同番」「一組連番」、同時に成立(13番→2番→3番 等)は「同番」としてカウント
  • ※( )内は同枠2頭が入った回数

先週は東京・中京の2場開催・計48レース。内訳は、「一組連番」が計22レース、「ALL連番」が計3レース、「同番」が計6レース、と「同番」が2場開催ながら前週に続いて好調を持続した。ただ、確率を牽引すべき「一組連番」が2場とも半数未満に終わった日曜が全体的に不調土曜は全体的に好調、といった週であった。また配当面でも「100万超無し、10万超も僅か1回」とローカル開催無しも響いてか激減週となった。そして高額決着が続いてきたメインレースは、5万超配当が土日メイン4レース中3レースと低配当ではなかったものの、「メインレース10万超・法則高額決着」は途切れ、これで「近14週中12週」となった。

「一組連番」は、圧倒的に土曜に偏った。東京で通常の半数、中京では実に9回と3/4を占めた。日曜は前週のように他組に押される影響が無いにも関わらず激減。1日9回の土曜中京は、配当面でも先週唯一の10万超高額を3番人気と推奨末人気との「一組連番」がもたらし、なんとか面目を保てたか・・・。冒頭の鳴尾記念の「一組連番」でも、「メイン重賞・法則決着」を保てたのが救い。夏競馬が始まる次週以降の復権を期待して、抑え続けよう。

「ALL連番」は全3回、と前週より若干復調したが全て中京でのもの。東京ではまったくの不発に終わり、配当的にも2週連続で高額は出ず終い。ただ3回中2回が「同枠2頭絡み」での出現で「狙い易かった」ことだけは続いた。残る1点に人気薄が入っての高額配当になることを期待して引き続き少額投資で継続しよう。

「同番」は前週のような祭りモードとはいかなかったが、2場開催で計6回と好調は維持した。回数的にはこちらも土曜が2場とも複数回数と好調を牽引。また出現6回すべて「同番」の軸馬は推奨人気内で、内5回が万馬券。日曜中京メイン「松風月S」での3連複1.2万、3連単8.5万の他、7万超もあり、そこそこ好配当は残した。長期好調維持な「同番」狙いで、次週以降の夏競馬も攻めていこう。

「万馬券の宝庫・最終R」も、4回中1回と法則不調に終わった。配当も万馬券に届かない不発であったが、「5回に1回以上の10万超」は「法則外」から1回記録。法則外決着からは、10万に迫る9万配当も出ていたので、引き続き最終Rで「大型配当」を狙えることは確かだ。

※YouTubeは、筆者プロフィール欄のリンクから、もしくは「馬券的塾」で検索ください