京阪杯(2022)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

今週は1年で最後の芝スプリント重賞「京阪杯」です。昨年は10番人気が優勝し、一昨年と2018年はヒモが荒れ、その前は上位人気がこぞって馬券圏外に飛ぶなど近年は波乱が目立っている一戦ですが、一体どのような傾向があるのでしょうか?今回は過去10年間のデータをもとに京阪杯の傾向を探っていきたいと思います。

■波乱傾向強め、穴馬の選定必須

人気は「2人気」と「10番人気」が最多タイの2勝ずつを挙げており、連対数は「1・3番人気」、3着内の回数は「1・3・10番人気」が最多となっています。下位人気を見ますと「6~9番人気」が3着内7回、「10番人気以下」も3着内が11回と伏兵の好走が非常に目立っています。とくに「10番人気以下」は3着が7回と多く、穴馬が3着に絡んでくる傾向にあります。3連単の配当が10万馬券以上だったのは6回と多く、そのうち2回は100万馬券以上の超高額配当となっており、波乱の頻度も度合いも高めです。穴馬の選定は必須と言えるでしょう。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気1306
2番人気2008
3番人気1306
4番人気1009
5番人気1018
6~9番人気22333
10番人気以下~22769
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0100
2.0~2.9倍0003
3.0~3.9倍1002
4.0~4.9倍1305
5.0~6.9倍21010
7.0~9.9倍00014
10.0~14.9倍12214
15.0~19.9倍2015
20.0~29.9倍11216
30.0~49.9倍21418
50.0~99.9倍01221
100.0倍以上00031
馬単/3連単データ
馬単3連単
201228,150 円792,900 円
201326,610 円467,650 円
201451,340 円2,029,240 円
20153,860 円33,650 円
20162,020 円11,140 円/15,050 円
201745,190 円1,674,510 円
201823,220 円541,480 円
20193,530 円32,470 円
20203,230 円85,070 円
202119,160 円222,660 円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1トウシンマカオ2.8
2タイセイビジョン4.1
3テイエムスパーダ5.2
4サンライズオネスト6.3
5エイティーンガール11.1
6ヴァトレニ19.8
7キルロード24.8
8スノーテーラー28.1
9ジュビリーヘッド31.3
10ビアンフェ35.5
11プルパレイ38.9
12ファストフォース47.4
13シャインガーネット53.7
14モントライゼ65.3
15キャプテンドレイク77.4
16ライトオンキュー95.2
17マリアズハート132.9
18ロードベイリーフ201.4
19スマートクラージュ221.3
20ジャスパージャック234.1
21ディヴィナシオン256.8
22リレーションシップ301.8
23ビリーバー331.7
24ダイメイフジ355.6

■「内枠」&「逃げ」が好成績

コースは阪神競馬場の芝1200mを使用。例年京都の芝1200mで行われていますが、今年は京都競馬場の改修工事の影響で、阪神コースでの開催となります。「枠」と「脚質」についてはコースに依存するところも大きいデータとなるため、今年は傾向が当てはまりにくいところがある点をあらかじめご注意ください。(阪神・芝1200mの傾向はこちら

枠は「2枠」が最多の4勝を挙げており、勝利数は断トツです。「6枠」から外からは勝ち馬が出ておらず、勝ち馬に関しては外枠が不振傾向にあります。連対数は「3枠」、3着内の回数は「3枠」と「4枠」が最多となっており、内目の枠が好走傾向にあります。

脚質は「逃げ」が最多の4勝を挙げており、連対率50%、複勝率60%と好走率は高めです。「差し」も2着5回、3着6回で連対数と3着内の回数は最多ですが、勝ち切れない傾向にあります。「先行」も「逃げ」に次いで勝利数が多い3勝を挙げており、勝ち馬は「逃げ・先行」から狙った方が良さそうです。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠31114
2枠40016
3枠14213
4枠11513
5枠10118
6枠01118
7枠01123
8枠02024
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ4114
先行32330
差し25657
追い込み12146
その他0002

■馬体重の増減が「-3~+3kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の5勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「-3~+3kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
-19~-10kg0002
-9~-4kg22121
-3~+3kg57662
+4~+9kg11243
+10~+19kg20211
今回減44239
同体重14329
今回増52671

■「4歳」に注目

年齢は「4歳」と「5歳」が3勝ずつを挙げており、連対数と3着内の回数は「4歳」が最多となっています。基本的には「4・5歳」が中心となりますが、中でも好走数も多い「4歳」には注目です。

性別は9勝している「牡馬」が中心ですが、「牝馬」も2着4回、3着3回と2・3着は多く、勝ちきれないまでも馬券には絡んできます。所属は勝ち馬全てが「栗東」の馬となっており、関西馬が中心となります。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳21016
4歳36226
5歳32547
6歳20331
7歳01116
8歳以上0003
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牡馬86876
牝馬24359
セン馬0004
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦00124
栗東101010115
該当馬 4歳馬
  • モントライゼ
  • ヴァトレニ

■前走レースが「キーンランドC」だった馬に注目

前走レースは最多の3勝を挙げている「キーンランドC」が参考レースとしての重要度が高そうです。前走着順は、「1着」と「4着」が最多タイの2勝ずつを挙げており、連対数と3着内の回数は「1着」が最多となっています。ただ、「10着以下」の馬も3勝を挙げており、3着内は7回とよく絡んでいます。前走で二桁着順に敗れた馬にも十分警戒したほうが良さそうです。

前走レースデータ
前走レース1着2着3着4着以下
キーンランドカップ3004
スプリンターズステークス21221
MBS賞スワンステークス/毎日放送賞スワンステークス14025
桂川ステークス1112
京洛ステークス10217
JBCスプリント(中央交流) Jpn11001
福島民友カップ1000
夕刊フジ杯オパールステークス02317
ルミエールオータムダッシュ0106
長篠ステークス0100
前走クラスデータ
前走クラス1着2着3着4着以下
G121223
G214235
G330016
リステッド/オープン23553
3勝クラス12210
新馬・未勝利0001
地方1001
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着23224
2着10111
3着0236
4着2216
5着0106
6~9着21139
10着以下~31347
該当馬 前走がキーンランドCだった馬
  • ジュビリーヘッド(7着)

■騎手はフラットな傾向

騎手は2勝以上を挙げている騎手はおらず、傾向らしい傾向は見当たりません。騎手についてはフラットな目線で予想したいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
和田竜二1114
秋山真一郎1113
酒井学1005
吉田隼人1003
北村友一1003
古川吉洋1003
吉原寛人1001
田中健1001
M.バルザローナ1000
M.デムーロ1000