東京は前残り?JRA共同通信杯(2020)当日の馬場は?馬場傾向を距離別データで分析・予想

今週で東京は開催3週目。先週までのレースを見る限りでは、そこまで高速化している印象はありませんでした。今週は週中・週末と雨予報が出ているので、馬場がどれくらい変わるのかが気になるところです。ということで、今回は東京競馬場の馬場傾向を把握するため、先週行われた東京の芝レースの「脚質」と「枠順」のデータを距離別にまとめてみました。

■2200m~

対象レースは、未勝利、1勝クラス、ゆりかもめ賞(1勝クラス)、箱根特別(2勝クラス)の4レース。枠は「1枠」と「2枠」が2勝ずつを挙げており、内枠が好走しております。外枠は2・3着はありますが、勝ち馬は内枠から出やすい傾向となっております。

脚質は「先行」と「追い込み」が2勝ずつ挙げており、前からも後ろからも決まっております。ただ、「先行」は2着3回と連対数も多く、「逃げ」も勝利数こそ0回ですが3着には2頭絡んでおり好走率は高めです。前で競馬をする馬が残っております。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠2002
2枠2012
3枠0014
4枠0005
5枠0114
6枠0205
7枠0006
8枠0116
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0023
先行2307
差し01213
追い込み20010
マクリ0001

■2000m

該当レースなし

■1800m

対象レースは新馬戦と未勝利の2レース。枠は「8枠」が2勝を挙げており、3着内に入った6頭中4頭が「6枠よりも外の枠」に入った馬でした。外枠が好走しております。

脚質は「先行」が2勝を挙げており、先行馬が好走しております。「差し・追い込み」は頭数の多いわりに勝ちきれず、好走率ベースにおいても先行馬が好成績です。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0004
2枠0013
3枠0103
4枠0004
5枠0004
6枠0103
7枠0013
8枠2002
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0003
先行2012
差し01012
追い込み0119
マクリ0000

■芝1600m

対象レースは東京新聞杯(G3)、節分S(3勝クラス)、未勝利の3レース。枠は「3枠」が2勝、「1枠」が1勝を挙げており、勝ち馬は内枠から出ております。

脚質は「先行」が2勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。東京新聞杯は1・2着馬が差し馬でしたが、いずれも1・2番人気と強い馬でした。ただ、3~5着は先行馬でしたし、節分Sと未勝利は1・2着がいずれも先行馬となっており、先行馬の成績が良いです。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠1005
2枠0015
3枠2103
4枠0006
5枠0006
6枠0105
7枠0024
8枠0105
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0012
先行2217
差し10114
追い込み01016
マクリ0000

■芝1200~1400m

対象レースは2勝クラスと春菜賞(1勝クラス)の2レース。枠は「4枠」と「5枠」が1勝ずつを挙げており、真ん中枠から勝ち馬が出ております。「1~2枠」は3着内が0回となっており、短距離は内枠が不振でした。

脚質は「逃げ」と「先行」が1勝ずつを挙げており、前が残っております。とくに「逃げ」は2勝クラスが逃げ切り、春菜賞は3着といずれのレースでも残っており、複勝率100%と好成績です。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0003
2枠0003
3枠0102
4枠1012
5枠1003
6枠0004
7枠0103
8枠0013
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1012
先行1104
差し01110
追い込み0009
マクリ0000

■まとめ

8~9日に行われた芝の全レースの成績を見てみますと、全体的に「前残り」の決着が多い印象を受けます。枠に関しては「外枠」よりは「内枠」からの方が好走馬が多く出ております。

今週末は芝1800mで共同通信杯(G3)が行われますが、芝1800mに関しては先週は「外枠」&「先行」が好走しておりました。こちらは人気馬が外枠に入っていた関係もあるので、全体の傾向も見ながら考察する必要がありそうです。また、週末は雨の予報も出ておりますので、当日の馬場状態を見てから最終印&買い目を決めたいと思います。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠30014
2枠20313
3枠23112
4枠10117
5枠11117
6枠04017
7枠01316
8枠22216
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1048
先行76220
差し13449
追い込み22144
マクリ0001