セントライト記念(2019)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

16日(祝・月)の中山メインは菊花賞トライアルの3歳G2「セントライト記念」です。春のクラシックを戦ってきた実績馬と、夏に力をつけてきた上がり馬の出走もあり、秋の大舞台に向けて見逃せない一戦です。今回は過去10年間のデータをもとにセントライト記念の傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気が堅実、順当決着の傾向

人気は、「1番人気」が最多の3勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。また、勝率(30%)・連対率(50%)・複勝率(60%)の全てがトップとなっております。好走率はそこまで高いわけではありませんが、単勝オッズが「1倍台」なら連対率は100%で信頼度は一気に増します。2016年と2017年は1~3番人気の3頭で決着しており、上位人気同士の決着も少なくありません。「7番人気以下」からは勝ち馬は出ておらず、連対率が2%、複勝率も5.1%と下位人気の好走率は低めです(0-2-3-94)。比較的順当決着傾向の強いレースと言えるでしょう。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3214
2番人気2215
3番人気1225
4番人気2116
5番人気0109
6番人気2026
7番人気0019
8番人気00010
9番人気0109
10番人気0028
11番人気00010
12番人気00010
13番人気0009
14番人気0108
15番人気0009
16番人気0005
17番人気0005
18番人気0002
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍2200
2.0~2.9倍1002
3.0~3.9倍0012
4.0~4.9倍1213
5.0~6.9倍3214
7.0~9.9倍1126
10.0~14.9倍11110
15.0~19.9倍0016
20.0~29.9倍11117
30.0~49.9倍00228
50.0~99.9倍01022
100.0倍以上00029
馬単/三連単データ
馬単三連単
20094,130円78,230円
20104,430円19,020円
201113,980円56,160円
201211,880円137,500円
20135,040円40,970円
2014330円4,490円
201524,230円618,050円
2016480円1,820円
20171,490円7,230円
20182,300円33,050円
該当馬 1番人気
  • リオンリオン(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1リオンリオン3.3
2ルヴォルグ4.2
3ニシノデイジー5.4
4ランフォザローゼス6.7
5ザダル8.9
6サトノルークス13.6
7メイショウテンゲン19.8
8オセアグレイト25.8
9タガノディアマンテ29.0
10エングレーバー32.5
11アドマイヤスコール39.4
12モズベッロ47.3
13シークレットラン55.0
14レッドサイオン61.2
15サトノラディウス72.3
16アトミックフォース82.4
17ミューチャリー131.7
18エフェクトオン186.7
19ナイママ224.1
20エターナルヴィテス269.0
21ブラッドストーン305.4
22ショウナンバルディ321.9
23マテリアルワールド364.6

■「外枠」がやや有利、「脚質」はほぼフラットな傾向

コースは中山競馬場の芝2200mを使用。枠番は、「3枠」、「6枠」、「7枠」が最多の2勝ずつを挙げており、好走率ベースでは「3枠」が勝率(11.8%)と連対率(17.6%)がトップです。3着内の回数は「7枠」が最多で、複勝率(30%)がトップとなっております。6~8枠はそれぞれ2着内に3頭が入着しており、連対している馬も多く、大きな差ではありませんが外枠がやや有利です。

脚質は、「先行」と「差し」がいずれも4勝ずつを挙げており、連対数と3着内の回数は「差し」が最多です。ただ、好走率ベースでは頻度の少ない「マクリ」を除けば「先行」が勝率(13.3%)・連対率(20%)・複勝率(26.7%)の全てでトップとなっております。脚質の有利不利はほとんどなく、フラットな脚質傾向となっております。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠02110
2枠10313
3枠21014
4枠11015
5枠01116
6枠21015
7枠21314
8枠12117
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0207
先行42222
差し45551
追い込み00234
マクリ1000

※上記の「枠番データ」と「脚質データ」は、新潟競馬場で行われた2014年を除いた過去9回分のデータになります。

■馬体重の増減は「+4~+9kg」に注目

馬体重の増減は、「+4~+9kg」が最多の6勝を挙げており、勝率(17.1%)・連対率(17.1%)・複勝率(28.6%)の全てがトップとなっております。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0001
-19~-10kg00111
-9~-4kg13226
-3~+3kg26152
+4~+9kg60425
+10~+19kg11213
+20kg~0001
不明・初出走・未更新0000
今回減35351
同体重01022
今回増74756

■前走レースが「東京優駿(日本ダービー)」だった馬に注目

前走レースは、「東京優駿(日本ダービー)」が最多の7勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。前走着順は、「2着馬」が最多の3勝を挙げており、勝率(15.8%)と複勝率(21.1%)がトップです。

前走データ
前走1着2着3着4着以下
東京優駿(G1)74416
ラジオNIKKEI賞(G3)11214
1勝クラス(500万下)10214
いわき特別(2勝クラス)1000
阿賀野川特別(2勝クラス)0213
信濃川特別(2勝クラス)0202
松前特別(2勝クラス)0101
青葉賞(G2)0011
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
未勝利0001
1勝クラス10242
2勝クラス15131
3勝クラス0003
オープン特別0008
G311216
G20014
G174419
海外0000
地方0005
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着14344
2着30115
3着20013
4着11112
5着02010
6~9着01316
10着以下32217
該当馬 前走が東京優駿(日本ダービー)だった馬
  • ニシノデイジー(5着)
  • タガノディアマンテ(9着)
  • メイショウテンゲン(10着)
  • ナイママ(13着)
  • リオンリオン(15着)
  • サトノルークス(17着)

■騎手は「北村宏司」に注目

騎手は、「蛯名正義」が最多の4勝を挙げておりますが、蛯名騎手は今年は騎乗予定がないため、次いで勝利数の多い「北村宏司」に注目です。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
蛯名正義4102
北村宏司2007
横山典弘1105
田辺裕信1017
柴田善臣1007
藤岡佑介1002
C.ルメール0201
戸崎圭太0114
田中勝春0105
松岡正海0104
四位洋文0103
該当馬 北村宏司騎手の騎乗予定馬
  • レッドサイオン