シンザン記念(2020)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

最強牝馬アーモンドアイもこのレースで重賞初勝利を挙げ、その後連勝街道を突き進んでいきました。クラシックを見据えた馬たちの参戦が多く、俗に“クラシックの登竜門”とも言われている一戦です。明け3歳一発目の重賞ということで各馬の評価が難しい一戦ですが、どのような傾向があるのでしょうか?今回は過去10年間のデータをもとにシンザン記念の傾向を探っていきたいと思います。

■波乱傾向強め、伏兵馬の台頭に注意

「1番人気」は最多の3勝を挙げておりますが、勝率・連対率ともに30%と信頼度はそこまで高くありません。また、「7番人気」が1勝、「8番人気」が2勝を挙げるなど伏兵が勝利するケースも少なくありません。「9番人気」も2着4回、「10番人気以下」も3着3回と2・3着にも人気薄がよく絡み、3連単は10万馬券以上が6回と高配当が出る頻度も多いです。馬券的には手広く押さえる買い方が良さそうです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3016
2番人気2215
3番人気0127
4番人気2116
5番人気0019
6番人気0019
7番人気1108
8番人気2008
9番人気0406
10番人気0118
11番人気0028
12番人気0009
13番人気0007
14番人気0006
15番人気0006
16番人気0004
17番人気0001
18番人気0001
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍1000
2.0~2.9倍1013
3.0~3.9倍1006
4.0~4.9倍1202
5.0~6.9倍2038
7.0~9.9倍1118
10.0~14.9倍01013
15.0~19.9倍03212
20.0~29.9倍32110
30.0~49.9倍0117
50.0~99.9倍00115
100.0倍以上00030
馬単/三連単データ
馬単三連単
201011,170円230,140円
201122,230円279,230円
20129,420円281,970円
20134,840円29,880円
2014430円2,220円
20156,320円43,840円
201613,060円671,850円
201748,680円151,880円
20183,100円26,730円
201917,720円112,900円
該当馬 1番人気
  • サンクテュエール(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1サンクテュエール2.6
2ルーツドール3.0
3タガノビューティー4.7
4プリンスリターン8.5
5オーマイダーリン9.3
6ヴァルナ11.3
7カバジェーロ16.2
8フルフラット19.7
9ディモールト26.3
10ヒシタイザン72.1
11コルテジア195.2
12カイトレッド254.1

■「内枠」&「先行」が好成績

コースは京都競馬場の芝1600mを使用。枠は「2~4枠」が2勝ずつ挙げており、「1枠」も2着3回で内枠の好走が目立ちます。

脚質は、最多の4勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「先行」に注目です。京都競馬場の芝1600mはスタート後は3コーナーまで約712mもあり直線が長く、テンからペースは速くなる傾向にあります。しかし最後の直線は約400mと短く平坦であることから、ペースが流れても前が残りやすい特徴があります。こうしたコース形態も先行馬が好走しやすい要因の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠1319
2枠21211
3枠20212
4枠22112
5枠10018
6枠02018
7枠10218
8枠12216
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ2125
先行43227
差し23543
追い込み23139
マクリ0000
該当馬 先行馬候補
  • ルーツドール
  • サンクテュエール
  • ヴァルナ
  • カバジェーロ
  • ディモールト
  • ヒシタイザン
  • コルテジア

■馬体重の増減が「-3~+3kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の5勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「-3~+3kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg2002
-9~-4kg22428
-3~+3kg54549
+4~+9kg03127
+10~+19kg1108
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0000
今回減73546
同体重12021
今回増25547

■「牡馬」が中心。「牝馬」も1・2番人気の人気馬なら

性別は、8勝を挙げている「牡馬」が中心となります。馬券に絡んだ5頭の牝馬のうち、3頭は「2番人気内」の馬でした。牝馬でも1・2番人気に推される人気馬なら注意した方が良さそうです。所属は、「栗東」が8勝を挙げており、関西馬が優勢です。

性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬22113
牡馬889101
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦2109
栗東8910105
地方0000
外国0000

■前走レースが「朝日杯FS」または「未勝利」だった馬に注目

前走レースは「千両賞」が2勝を挙げ、連対数も最多で好成績ですが、今年は千両賞から来る馬がいないため、同じく2勝ずつ挙げている「朝日杯FS」と「未勝利」に注目したいと思います。前走着順は、最多の4勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「1着」に注目です。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
千両賞(1勝クラス)2308
朝日杯FS(G1)21219
未勝利21130
新馬1215
1勝クラス10315
東京スポーツ杯2歳S(G3)1001
ひいらぎ賞(1勝クラス)1001
デイリー杯2歳S(G2)0103
京王杯2歳S(G2)0101
中京2歳S(OP)0100
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
新馬1219
未勝利21130
1勝クラス43539
オープン特別0105
G31015
G20204
G121220
海外0000
地方0002
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着45555
2着1004
3着0108
4着2117
5着0117
6~9着21215
10着以下11118
該当馬 前走が朝日杯FS、未勝利だった馬
  • タガノビューティー(朝日杯FS・4着)
  • プリンスリターン(朝日杯FS・5着)
  • オーマイダーリン(未勝利・1着)

■どの騎手にもチャンスあり

騎手は、最多の4勝を挙げている「浜中俊」騎手が断トツですが、浜中騎手は昨年11月の落馬負傷で今春まで休養となっております。浜中騎手以外は2勝以上挙げている騎手はおらず、傾向らしい傾向は見られません。騎手についてはそこまで気にしなくて良さそうです。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
浜中俊4024
池添謙一1204
武豊1107
北村友一1011
C.ルメール1003
戸崎圭太1001
高倉稜1001
和田竜二0215
M.デムーロ0111
秋山真一郎0106
岩田康誠0105

※現役騎手のみを表示しております。