紫苑ステークス(2017)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

気温も涼しくなり、過ごしやすい季節となってきました。今週末から中山・阪神競馬が開催され、いよいよ秋競馬が開催となります。中山の初日を飾る土曜メインの重賞は「紫苑ステークス」です。

このレースは去年G3に格上げされたばかりのレースで、今年で開催2回目と重賞としてはまだ新しいレースです。格上げされたことと秋華賞への優先出走権が2着から3着までとなった以外は開催時期もコースも距離も変わりはありません。

重賞として開催された過去1年のデータだけでは傾向も何も分かりませんので、今回はオープン特別だったころの紫苑Sの過去9年のデータと、去年G3として開催された第1回目の紫苑Sのデータを合わせた過去10年間のデータをもとに、人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にレース傾向を探っていきたいと思います。

上位人気の信頼度はそこまで、夏の上がり馬にも注意が必要

1~3番人気内からの勝ち馬は3頭のみで、4~6番人気内からは5頭と、上位人気よりも中穴人気あたりの好走率が高くなっております。

大きく荒れたのは2009年と2011年で、2009年は前がやり合い息の入らない流れで二桁人気が抜け出し優勝、2011年は休み明けの人気上位が先行するもこぞって直線坂で後退し、夏の上がり馬が台頭。

基本的に開幕週は速い時計の出るコンディションである場合がほとんどで、どの馬も好走する可能性があります。上位人気の信頼度はそこまでといった感じで、前走大きなレースを走っている実績馬でも疑ってかかった方が良さそうです。

人気データ
人気成績
1番人気2-1-2-5
2番人気1-3-0-6
3番人気0-1-0-9
4番人気2-2-1-5
5番人気2-1-2-5
6番人気1-2-2-5
7番人気0-0-1-9
8番人気1-0-1-8
9番人気0-0-0-10
10番人気0-0-0-10
11番人気1-0-0-9
12番人気0-0-1-8
13番人気0-0-0-9
14番人気0-0-0-8
15番人気0-0-0-8
16番人気0-0-0-6
17番人気0-0-0-4
18番人気0-0-0-3
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-1-0
2.0~2.9倍0-1-0-2
3.0~3.9倍1-0-1-2
4.0~4.9倍1-1-0-3
5.0~6.9倍1-3-0-12
7.0~9.9倍3-3-1-11
10.0~14.9倍3-2-5-6
15.0~19.9倍0-0-1-9
20.0~29.9倍0-0-0-11
30.0~49.9倍1-0-0-20
50.0~99.9倍0-0-1-25
100.0倍以上0-0-0-26
馬単/三連単データ
馬単三連単
20073,770円35,400円
20084,410円10,900円
200949,040円488,650円
20104,730円16,660円
20118,490円431,040円
20123,510円48,520円
20135,140円49,900円
20144,730円62,570円
20158,440円84,840円
20162,230円14,590円

予想オッズ

出走予定馬と独自予想オッズになります。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ディアドラ2.6
2ホウオウパフューム3.2
3ルヴォワール6.7
4ライジングリーズン7.2
5サロニカ10.2
6カリビアンゴールド16.7
7ポールヴァンドル19.4
8ハナレイムーン22.6
9ブラックオニキス32.6
10ナムラムラサキ44.2
11マナローラ57.4
12シーズララバイ64.3
13プリンセスルーラー80.2
14レッドミラベル97.3
15ミッシングリンク110.9
16エバープリンセス148.5
17ジッパーレーン208.1
18ドリームマジック278.7
19カジュマル325.8
20ワラッチャウヨネ398.4
21シンボリジュネス439.3
22ナルハヤ501.1
23フレスコパスト522.6

「真ん中の枠」&「差し馬」有利

コースは中山の2000m。小回りでカーブがきつく、外を回る差し・追込み馬は距離ロスが大きくなりやすいです。内枠の成績の方が若干良いですが、最内の1枠からは勝ち馬は出ておらず、中枠の5枠の好走率が高くなっております。

脚質は差しが決まっておりますが、差し馬でも外枠に入った場合は注意が必要です。

枠番データ
枠番成績
1枠0-2-2-10
2枠1-1-0-14
3枠1-1-2-13
4枠1-0-0-16
5枠3-2-1-10
6枠1-0-3-14
7枠1-2-1-16
8枠1-1-0-19
脚質データ
脚質成績
逃げ1-1-0-9
先行2-1-2-25
差し5-7-5-43
追い込み0-0-2-34
マクリ1-0-0-1

※2014年の新潟開催を除く

「1000万下」&「オークス」組に注目

1000万下組の成績が良いですが、去年は前走オークス組が1,3着に入着しており、重賞組も注意が必要です。とくにオークス組の好走が目立っております。重賞へ格上げされたことで前走の傾向は少しずつ変わってくる可能性が高いです。

前走は1600mが意外と好走しております。前走着順は上位着順が中心ですが、6~9着の好走も多く、中でも9着の好走率が高くなっており(3-0-1-9)、巻き返しも目立っております。

前走データ
前走成績
村上特別(500万下)2-0-0-0
信濃川特別(1000万下)2-0-0-0
優駿牝馬(G1)1-0-4-18
大倉山特別(1000万下)1-0-0-2
桜花賞(G1)1-0-0-2
関東オークス(G2)1-0-0-1
小豆島特別(1000万下)1-0-0-0
前走クラスデータ
前走成績
500万下3-4-6-65
1000万下4-3-0-16
1600万下0-0-0-1
オープン特別0-1-0-5
重賞2-2-4-32
前走距離データ
前走距離成績
1200m0-0-0-3
1400m0-0-0-2
1600m4-0-0-10
1800m2-6-5-51
2000m2-3-1-25
2100m~2-1-4-24
前走着順データ
前走着順成績
1着3-5-3-32
2着1-1-1-9
3着2-0-0-12
4着1-0-1-9
5着0-1-1-5
6~9着3-1-3-25
10着以下0-2-1-35

騎手は「吉田豊騎手」に注目

騎手は吉田豊騎手の成績が良いです。

騎手データ
騎手成績
吉田豊2-1-0-5
内田博幸1-0-1-5
松岡正海1-0-1-7
北村宏司1-0-1-8
戸崎圭太1-0-0-5
川田将雅1-0-0-1