引退 一覧

JRAクリソベリルが重度の喉なりで引退、種牡馬入り

JRAクリソベリルが重度の喉なりで引退、種牡馬入り

2019年のチャンピオンズCを制し、JRA・地方でG1・4勝を上げたクリソベリル(牡5、音無秀孝厩舎)が、“喉鳴り”とも言われる喘鳴(ぜん...

記事を読む

JRAパッシングスルーが引退、繁殖馬へ

JRAパッシングスルーが引退、繁殖馬へ

2019年の紫苑Sの勝ち馬、パッシングスルー(牝5、黒岩陽一厩舎)が、10月6日に競走馬登録を抹消し、現役を引退した。今後は、北海道勇払郡...

記事を読む

コパノリチャード種牡馬引退、第三の馬生へ

コパノリチャード種牡馬引退、第三の馬生へ

優れたスピードを武器にデビュー戦勝利やアーリントンカップ勝利など早い時期から活躍し、2014年に高松宮記念を制するなど重賞4勝を挙げたコパ...

記事を読む

G1馬ダノンプレミアムが引退、種牡馬へ

G1馬ダノンプレミアムが引退、種牡馬へ

2017年の朝日杯FSの覇者・ダノンプレミアム(牡6、中内田充厩舎)が引退することが明らかになった。1日には競走馬登録抹消の手続きが行われ...

記事を読む

トラストが引退、乗馬へ

トラストが引退、乗馬へ

2016年の札幌2歳ステークス(G3、芝1800m)の勝ち馬トラスト(牡7、長谷川浩大厩舎)が、本日24日付けで競走馬登録を抹消したことが...

記事を読む

ハーツクライが種牡馬引退、功労馬に

ハーツクライが種牡馬引退、功労馬に

現役時代、2005年の有馬記念で当時の無敗三冠馬ディープインパクトを下してG1初制覇を飾り、翌年はドバイSCを制したハーツクライ(牡20)...

記事を読む

2016年チャレンジC覇者・マイネルハニーが引退、JRA誘導馬に

2016年チャレンジC覇者・マイネルハニーが引退、JRA誘導馬に

2016年のチャレンジC(G3)を制したマイネルハニー(牡8、栗田徹厩舎)が、現役を引退することが明らかになった。今後はJRAの誘導馬にな...

記事を読む

蛯名正義騎手、ラストデ-に2勝。34年の騎手生活に別れ

蛯名正義騎手、ラストデ-に2勝。34年の騎手生活に別れ

28日の中山11R(10番ゴーフォザサミット・4着)が最後の騎乗となった蛯名正義騎手が、34年間の騎手人生に終止符を打った。 中山最...

記事を読む

JRA蛯名正義騎手、28日で引退

JRA蛯名正義騎手、28日で引退

JRAは9日、2021年2月28日をもって、8名の調教師と1名の騎手の引退を発表した。今回唯一騎手で引退するのは関東の第一人者として関西の...

記事を読む

JRAプリモシーン引退、繁殖入り

JRAプリモシーン引退、繁殖入り

先週31日に中京で行われたシルクロードS(G3)に出走し、12着だったプリモシーン(牝6、木村哲也厩舎)が現役を引退したことが明らかになっ...

記事を読む

1 2 3 4 15