東京スポーツ杯2歳ステークス(2022)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

東京競馬場の土曜メインはホープフルSのステップ競走に指定されている「東スポ杯2歳S」です。この時期の2歳重賞はキャリアもまだ少ない馬がほとんどのため、参考となる情報も限られてきますが、過去のデータ分析によるレース傾向も判断材料の一つとなるのではないでしょうか。ということで、過去10年間のデータをもとに東京スポーツ杯2歳ステークスの傾向を探っていきたいと思います。

■「1番人気」が好成績

人気は「1番人気」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。勝率は50%、複勝率は70%と好走率は高めです。また、勝ち馬は10頭中9頭が「4番人気以内」から出ており、人気サイドの勝率が高めです。人気薄を見ますと「10番人気以下」は3着内が0回となっており、大穴は全く絡んでいません。「6~9番人気」が3着4回と3着に食い込むケースが目立っていますので、3連系の馬券で勝負するならこのあたりの人気馬の選定は必須と言えるでしょう。

2019年と2017年は1~3番人気が人気順に決着しているように、全体的に順当決着が多いレースですが、2011年には二桁人気馬が2頭絡む波乱となり、2018年も1~3番人気が圏外に飛んで波乱決着となるなど、掴みどころがないといった印象もあります。何れにせよ「1番人気」の信頼度は高く勝ち馬が荒れるケースも少ないので、1着馬に関しては手堅くいったほうがベターかもしれません。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気5113
2番人気2305
3番人気0136
4番人気2314
5番人気0118
6~9番人気11431
10番人気以下~00030
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍3001
2.0~2.9倍2112
3.0~3.9倍1302
4.0~4.9倍0013
5.0~6.9倍1106
7.0~9.9倍2221
10.0~14.9倍01310
15.0~19.9倍0127
20.0~29.9倍0009
30.0~49.9倍11113
50.0~99.9倍00011
100.0倍以上00022
馬単/3連単データ
馬単3連単
2012660 円6,330 円
20136,700 円62,980 円
20142,440 円40,850 円
20153,220 円20,880 円
20162,390 円8,270 円
2017240 円820 円
201857,730 円593,030 円
2019640 円1,330 円
20201,580 円7,080 円
20211,580 円9,350 円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1フェイト2.5
2ハーツコンチェルト3.3
3ダノンザタイガー4.5
4ドゥラエレーデ8.0
5タイセイクラージュ11.2
6ロッククリーク22.4
7ガストリック37.8
8テンカノギジン52.9
9ジョウショーホープ74.1
10シルトホルン154.6
11シルバースペード202.6

■枠は「1枠」が好成績、脚質はフラットな傾向

コースは東京競馬場の芝1800mを使用。枠は「1枠」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。全体的にどの枠も満遍なく馬券に絡んではいますが、「1枠」が際立って好成績を残しております。最内枠の「1枠」に入った馬は問答無用で狙ってみるのも手でしょう。

脚質は「先行」が最多の4勝を挙げていますが、「差し」と「追い込み」も3勝ずつと控えた馬も好走しています。「逃げ」は2・3着に1回ずつと少ないので割り引いても良さそうですが、脚質についてはフラットな目線で予想しても良さそうです。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠5033
2枠0319
3枠2128
4枠00014
5枠02112
6枠20113
7枠02115
8枠12113
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ01111
先行41326
差し33524
追い込み35126

■馬体重の増減が「-3~+3kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の4勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「-3~+3kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
-19~-10kg0011
-9~-4kg12116
-3~+3kg45538
+4~+9kg33323
+10~+19kg1007
+20kg~1002
今回減14329
同体重32316
今回増64442

■「新馬戦を勝ち上がってきた馬」が中心

前走レースは「新馬」が最多の4勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。ただ、2歳戦ということで新馬戦を勝ち上がってきた馬の出走が多く、当然のデータと言えるでしょう。前走着順は、過去10年で3着内に入った30頭中24頭が「1着」だった馬でした。前走が「4着以下」の馬は3着内が0頭となっており、割り引きが必要です。ただ、前走着順においても、前走を勝ち上がってきた馬がほとんどのため、「1着」の馬が占めるのは当然とも言えます。

レースの特徴的な要素が反映してのもので、傾向とは言い難いところがあるので、参考レースとしての重要度はそこまで高いとは言えないでしょう。キャリアの少ない2歳戦なので、参考レースは特定のレースを重要視するよりも内容を見るしかなさそうです。

前走レースデータ
前走レース1着2着3着4着以下
新馬43220
札幌2歳ステークス2004
いちょうステークス1014
萩ステークス1013
野路菊ステークス1004
サウジアラビアロイヤルカップ1001
未勝利02321
百日草特別0106
芙蓉ステークス0104
新潟2歳ステークス0104
前走クラスデータ
前走クラス1着2着3着4着以下
G33109
重賞0001
リステッド/オープン32520
1勝クラス01016
新馬・未勝利45541
地方0100
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着98752
2着12210
3着0018
4着0002
5着0006
6~9着0006
10着以下~0003

■騎手は「R.ムーア」に注目

騎手は唯一2勝を挙げている「R.ムーア」騎手に注目です。英国競馬は秋冬はオフシーズンとなるため、毎年この時期になると来日してくる日本でもお馴染みの名手です。国内の重賞16勝という実績からも、注目度の高い騎手です。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
R.ムーア2114
川田将雅1101
C.ルメール1013
武豊1013
福永祐一1012
横山典弘1005
蛯名正義1003
柴田善臣1002
勝浦正樹1001
戸崎圭太0214
該当馬 R.ムーア騎手の騎乗予定馬
  • ドゥラエレーデ