有馬記念プレレーティング発表。1位は120ゴールドシップとラブリーデイの同立

female-865110_1280

2015年12月27日(日)中山競馬場で開催される有馬記念出走予定馬のプレ・レーティングがJRAより発表されました。最も高レートを示したのは120ポンドとなったラブリーデイとゴールドシップが同立で2頭となりました。ラブリーデイの戦績を考えるともう少し高くても良いような気もしますが、海外の高レート所持馬との対戦が少ないため、評価が伸び悩んだ結果となりました。

また、ショウナンパンドラは116ポンドで牝馬のため+4ポンドが付き、実質ラブリーデイ、ゴールドシップと同等のレーティングとなりますが、追いきりでの息の入りが普段より悪いということで、慎重策をとり有馬記念回避が発表されました。競走馬には競争生活と同じくらい大切な繁殖生活が残されていますので、ショウナンパンドラほどの馬になれば無理をしないのは致し方無いということになります。

以下にその他のレーティングを転記いたします。

馬名 性齢 今期の最高値
オーシャンブルー 牡7
ペルーサ 牡8 103
トーセンレーヴ 牡7 108
アルバート 牡4 110
サトノノブレス 牡5 110
マイネルフロスト 牡4 110
ダービーフィズ 牡5 111
ゴールドアクター 牡4 112
ヒットザターゲット 牡7 112
ルージュバック 牝3 114(110)
リアファル 牡3 115
アドマイヤデウス 牡4 116
マリアライト 牝4 116(112)
キタサンブラック 牡3 117
サウンズオブアース 牡4 117
ワンアンドオンリー 牡4 118
ラストインパクト 牡5 119
ショウナンパンドラ 牝4 120(116)
ゴールドシップ 牡6 120
ラブリーデイ 牡5 120

ラストインパクトはジャパンカップ僅差での2着が評価され119。直近で言えばラブリーデイにも勝利しています。牝馬はショウナンパンドラが回避したことにより、マリアライトとルージュバック2頭の出走。あと一歩のところでG1に届かなかったルージュバックの挑戦に注目。

3歳馬ではキタサンブラックの117が最高となりました。もしもドゥラメンテが出ていたならば、ダービー時で121のレーティングとなっていたため、誰よりもレートの高い3歳馬となっていた可能性もありますが、その無念を晴らすべくぜひ頑張ってもらいたいです。

レースの展開は様々な要因が複雑に絡み合って出来上がるものなので、馬の強さのレーティングなどは所詮お遊びの範疇、という見方もありますが、それでもやはり高いレートがつくにはそれなりの理由があります。ぜひ参考にしてはいかがでしょうか。