【菊花賞2015予想】スタミナと鞍上が揃ったミュゼエイリアン、レッドソロモンに期待大

toy-story-alien-195835_1280

京都の芝3000mというのはあまりない条件ながら個人的にはかなり魅力のあるレースの1つです。そんな舞台で行われるクラシック最終戦の菊花賞。これまでにも数々の名馬が勝利し、数々の人気馬が敗退したレースでもあります。

2冠馬ドゥラメンテが残念ながら骨折でかなりチャンスありと見ていた凱旋門にも、菊花賞にもにも出走できなかったのは残念ですが、皐月賞、ダービーとも2番人気だったリアルスティールやダービー2着のサトノラーゼンといったディープ産駒の代表2頭をはじめしっかり好メンバーが揃いました。

出走馬の中でもスタミナ自慢のハービンジャー産駒3頭に目が行きますが、日本のスタミナレースはやはり日本馬産駒の方が一利あると思いたいところ。そう考えるとメイショウサムソン産駒やステイゴールド産駒、ゼンノロブロイ産駒、スクリーンヒーロー産駒はやはり気になります。

恐らく人気になるリアファルやダービー7着のタンタアレグリアと言ったゼンノロブロイ産駒は、もちろん注目なのですが、どうしても更に気になってしまうのが武豊騎手、横山典騎手の乗るミュゼエイリアンとレッドソロモンの2頭の方なのです。

武豊騎手と言えば、菊花賞4勝、春の天皇賞5勝と京都の長距離GⅠでは抜群の成績を誇っています。最近は活きのいい若手や元地方のトップジョッキーにおされ気味ですがそれでも先日JRA重賞300勝を達成するなどまだまだ上位の腕を持っている騎手です。長距離はやはりコントロールする騎手の腕が物を言いますから武豊騎手の乗るメイショウサムソン産駒レッドソロモンは期待しない訳には行きません。

そしてもう1人の横山典騎手。菊花賞はセイウンスカイでの1勝のみですが、春の天皇賞では3勝していますし10番人気だったイングランディーレで逃げ切ったレースは競馬ファンならその印象は凄いものがあります。ここぞという時の勝負強さはやはり現役ジョッキーの中でもトップクラスの騎手です。そんな横山典騎手が乗るスクリーンヒーロー産駒ミュゼエイリアンは最近逃げたり前々の競馬が多いだけにまた横山典騎手の勝負強さを見せつけられる可能性も十分あるでしょう。

ということで、今回の菊花賞は、血統的にも日本馬産駒でスタミナ豊富なレッドソロモンとミュゼエイリアンが武豊、横山典という鞍上が揃った2頭にかなり期待してしまうのです。リアファルが注目を集めている分、人気も実力ほどにはなさそうなので一発は十分あると思いますよ!