ゴールドシップ引退戦の有馬記念では未定の鞍上には誰が乗る?

saddle-419745_1280

ゴールドシップが宝塚記念で見せた衝撃から早くも季節は秋です。年内引退が決まっていて来年からは種牡馬としてデビュー予定。引退レースが有馬記念かつ葦毛と言われると、オールドファンでなくとも頭に浮かんでしまうのがオグリキャップ。とはいえ、オグリほどのローテーションは組まれず、ジャパンカップと有馬記念のみにしぼるとのこと。

府中の芝2,400mはスタートからゴチャつきやすいコースで気分屋ゴールドシップからすると、スタートして数秒でやる気がうせる可能性があります。また、宝塚記念からぶっつけでジャパンカップを勝った馬というのも記憶にありません。となると、やはりドラマは有馬記念までお預けになるんでしょうか。ヤネはジャパンカップは横山騎手で確定で、有馬記念は未定。なぜ抱き合わせで依頼しなかったんでしょうか。

またオグリキャップの話を蒸し返しますと「終わった」とまでいわれたあの怪物をラストランで復活させた武豊騎手の起用を勘ぐる気持ちも湧いてきます。不幸中の幸いといいますか、キズナ電撃引退で武騎手は有力なお手馬が古馬では不在です。秋の天皇賞の有力候補となっているエイシンヒカリはいますが、おそらく今年けっこうなレース数を使っていることもあるのと、気性も考えると、有馬記念の2,500mには出走してこないと考えられます。

葦毛の怪物。引退レース。人気落ち。武豊。ここまでそろったら逆に売れてしまいそうですね、日本人はなぜか葦毛好きです。既出のオグリキャップ、ゴールドシップをはじめ、タマモクロス、クロフネ、そして牝馬ではユキチャンはじめ白毛の乙女たち。オルフェーブルやディープインパクトが引退レースの有馬記念で圧勝したのを見てきた側からすると、引き際は美しく、とは思いますが、過去には勝てずに引退式を迎えてしまったブエナビスタなどもいますし、引退レースだから勝てるわけでもないのが有馬記念。そういう意味でも必見のレースになりそうですね。