コラム班 一覧

コラム班

コラム班

競走馬にまつわる小ネタや、騎手の話。レースからちょっと外れた競馬の面白いことを更に見つけてみませんか?

JRA天皇賞(春)に欧州から予備登録、まさかのダークホースか?

JRA天皇賞(春)に欧州から予備登録、まさかのダークホースか?

新型コロナウイルスの影響で海外遠征にも多大な影響が出てきている2020年の競馬ですが、アメリカではケンタッキーダービーが少なくとも9月まで...

記事を読む

夢は次世代に、ファンディーナ初仔誕生

夢は次世代に、ファンディーナ初仔誕生

昨年なくなったウオッカが達成した偉業といえば64年ぶりの牝馬による日本ダービー制覇でしたが、それに勝る長期に渡り更新されていない記録を破る...

記事を読む

【注目新馬】未来への“望み”は“翼”よりも羽ばたくか?

【注目新馬】未来への“望み”は“翼”よりも羽ばたくか?

三連単の登場により万馬券という単語の重みは減りましたが、単勝での万馬券となれば話は別。穴党でなくとも一度は当ててみたいと思うのではないでし...

記事を読む

ワンダーアキュートの初年度産駒、JRA初勝利を達成

ワンダーアキュートの初年度産駒、JRA初勝利を達成

父も母も自身の所有馬で、なおかつ重賞やひいてはG1まで制覇するとなるとディープインパクト、キングカメハメハを擁し、それらの産駒から多くのG...

記事を読む

JRA名馬スクリーンヒーローの系譜を受け継ぐゴールドアクター、初年度は56頭に種付け

JRA名馬スクリーンヒーローの系譜を受け継ぐゴールドアクター、初年度は56頭に種付け

2008年ジャパンカップで衝撃の走りを見せたスクリーンヒーローですが、種牡馬としての現段階の最高傑作と目されるのが現役時代に稀代のマイラー...

記事を読む

JRA賞年度代表馬リスグラシュー、最初の種付けはモーリス

JRA賞年度代表馬リスグラシュー、最初の種付けはモーリス

昨年の年度代表馬リスグラシューが引退、繁殖入りしましたが、種付けの候補として同じキャロット所有のレイデオロを含め様々な種牡馬が挙がっていま...

記事を読む

アメリカからきた種牡馬2頭、初年度から大物産駒が期待できる?

アメリカからきた種牡馬2頭、初年度から大物産駒が期待できる?

サンデーサイレンス以来となる期待の大物輸入種牡馬として期待されるのがブリックスアンドモルタルです。アメリカの年度代表馬が引退後すぐに日本に...

記事を読む

JRAのジャパンカップ褒賞金増額は、外国馬招待の決め手となるか?

JRAのジャパンカップ褒賞金増額は、外国馬招待の決め手となるか?

ルメール騎手、デムーロ騎手が2015年に来日してから今年で6年目となります。両騎手の移籍は結果として大成功と言えるものとなり、今では様々な...

記事を読む

イタリア産のダービー2冠馬マクマホン、日本の馬産に新風を吹かせられるか

イタリア産のダービー2冠馬マクマホン、日本の馬産に新風を吹かせられるか

日本近代競馬の礎を築いたとも言えるのがノーザンテーストやブライアンズタイム、そしてサンデーサイレンスといった輸入種牡馬たちの活躍によるもの...

記事を読む

JRA年度代表馬リスグラシュー、“お相手”はレイデオロが有力か

JRA年度代表馬リスグラシュー、“お相手”はレイデオロが有力か

今月19日、京都競馬場の最終レース終了後に2019年度の年度代表馬リスグラシューの引退式が行われた。22日には競走馬登録が抹消され、北海道...

記事を読む

1 2 3 4 84