チャンピオンズカップ(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

2日は中京競馬場でダートの頂上決戦「チャンピオンズカップ」が行われます。2014年に名称がジャパンカップダートから現在のチャンピオンズカップに変わり、舞台は阪神競馬場から中京競馬場へと変わりました。

今回は中京に変わってからの過去4年間に加え、阪神・ダート1800mで行われた2008~2013年を含めた過去10年のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心に傾向を探っていきたいと思います。なお、「枠番」、「脚質」のデータのみ中京競馬場で行われた2014年以降の過去4年のデータをまとめました。

■近年は波乱傾向

「1番人気」は3勝、連対率50%、複勝率70%とまずまず。昨年は8番・9番人気が1着・3着に入着し、一昨年は6番・10番人気が1着・3着、その前の年は12番人気が優勝するなど、近年は波乱傾向が見られます。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3223
2番人気1018
3番人気1216
4番人気1009
5番人気0217
6番人気2107
7番人気0109
8番人気1207
9番人気0028
10番人気0019
11番人気0019
12番人気1018
13番人気00010
14番人気00010
15番人気00010
16番人気0007
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0010
2.0~2.9倍1121
3.0~3.9倍2104
4.0~4.9倍0102
5.0~6.9倍1107
7.0~9.9倍20112
10.0~14.9倍1129
15.0~19.9倍2204
20.0~29.9倍03025
30.0~49.9倍00418
50.0~99.9倍10024
100.0倍以上00021
馬単/三連単データ
馬単三連単
200821,570円69,460円
20093,160円131,960円
20106,310円94,860円
20112,180円6,180円
201211,620円165,230円
20139,810円24,440円
20149,020円70,890円
201536,260円318,430円
20164,800円85,980円
20179,400円158,490円
該当馬1番人気(下記「オッズ予想」を参考)
ルヴァンスレーヴ

オッズ予想

下記のオッズ予想は登録馬の独自のオッズ予想になります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

オッズ予想
人気馬名オッズ予想
1ルヴァンスレーヴ2.2
2ゴールドドリーム3.1
3ケイティブレイブ5.4
4オメガパフューム8.7
5サンライズノヴァ9.5
6サンライズソア13.5
7ノンコノユメ16.4
8インカンテーション36.8
9アンジュデジール42.6
10パヴェル56.3
11アポロケンタッキー69.3
12センチュリオン75.2
13ウェスタールンド86.5
14アスカノロマン96.0
15ミツバ112.1
16クインズサターン138.7
17ヒラボクラターシュ181.0
18チュウワウィザード230.5
19ダノングッド285.2
20メイショウスミトモ320.1

■「内枠」&「先行」が好走傾向に

コースは中京競馬場のダート1800mを使用。過去4年とデータは少ないですが、1~2枠が3着内3頭ずつなのに対し、7~8枠は2着が1頭のみで、内枠有利の傾向が見られます。「先行」が脚質は勝利数こそ1勝のみですが、3着内の頭数は最多で、連対率・複勝率(21.4%・35.7%)ではトップです。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0124
2枠1205
3枠0014
4枠1007
5枠2006
6枠0017
7枠0107
8枠0007
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0013
先行1229
差し11021
追い込み21117
マクリ0000

※中京競馬場で開催された2014~2017年の過去4年間のデータになります。

該当馬先行馬候補
ケイティブレイブ
サンライズソア
ヒラボクラターシュ

■馬体重は「-3kg~+3kg」に注目

馬体重は最多の8勝をあげている「-3kg~+3kg」に注目。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg0014
-9~-4kg10010
-3~+3kg84655
+4~+9kg02141
+10~+19kg13211
+20kg~0100
不明・初出走・未更新0006
今回減31427
同体重21113
今回増58581

■「5~6歳」が中心

年齢は、4勝をあげている「5歳」が勝率(10.0%)トップで、「6歳」が連対率・複勝率(18.8%・28.1%)でトップです。性別はほとんどが「牡馬」で、所属は「関西馬」が中心となります。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳02218
4歳31129
5歳43231
6歳33323
7歳01215
8歳以上0009
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬1009
牡馬91010118
所属データ
所属1着2着3着4着以下
栗東99998
美浦11122
地方0001
外国0006
該当馬5~6歳の関西馬
クインズサターン(牡5)
ケイティブレイブ(牡5)
ゴールドドリーム(牡5)
アポロケンタッキー(牡6)
ウェスタールンド(セ6)
ダノングッド(牡6)
ミツバ(牡6)

■前走が「JBCクラシック」だった馬に注目

前走が「JBCクラシック」だった馬が3着内の頭数が一番多く、最多の3勝をあげております。3着内に入った述べ30頭中23頭が、前走「2着以上」でした。

前走データ
前走1着2着3着4着以下
JBCクラシック(G1)34431
みやこS(G3)23330
武蔵野S(G3)22025
マイルチャンピオンシップ(G1)2004
JBCレディスクラシック(G1)1002
トパーズS(OP)0100
JBCスプリント(G1)0017
ブラジルC(OP)0011
エルムS(G3)0010
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
1600万下0001
オープン特別0115
G345460
G20000
G10003
海外0008
地方64550
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着36426
2着31317
3着12219
4着11013
5着10014
6~9着10019
10着以下00118
該当馬前走がJBCクラシックだった馬
ケイティブレイブ(1着)
オメガパフューム(2着)
サンライズソア(3着)
ノンコノユメ(4着)
アスカノロマン(6着)
センチュリオン(11着)

■騎手は「C.ルメール」に注目

騎手は「C.ルメール」が唯一2勝しており、3着内の回数も最多です。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
C.ルメール2115
幸英明1023
大野拓弥1013
M.デムーロ1005
酒井学1004
R.ムーア1004
和田竜二0212
武豊0207
小牧太0114
古川吉洋0101
岩田康誠0026
田辺裕信0012

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬C.ルメールの騎乗予定馬
ゴールドドリーム