京都競馬場 ダート1200m

コース特徴・見解

向正面の2コーナー入り口からスタートし、最初のコーナーまでは約410mと長めで緩やかな上りとなっている。坂の高低差は3mあり、3コーナー手前が坂の頂点で、以降は下りとなる。3コーナーの下りで勢いが付き、直線もゴールまでずっと平坦のため、前はなかなか止まらない。先行馬が4コーナーで突き放し、行った行ったの競馬になるケースも少なくない。

枠・脚質の傾向

枠は、勝率ベースでは5枠、連対率ベースでは8枠が好成績で、真ん中より外の枠が僅かに有利。

脚質は、逃げ・先行が好成績。とくに逃げ馬は複勝率が50%と好成績で、下級条件ではとくに注目したい。全体的にコース形態を活かした先行押し切りが決まりやすい。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠71-73-106-931(6.0%/12.2%/21.2%)
2枠80-79-91-1007(6.4%/12.6%/19.9%)
3枠82-85-101-1047(6.2%/12.7%/20.4%)
4枠87-89-92-1083(6.4%/13.0%/19.8%)
5枠114-87-73-1105(8.3%/14.6%/19.9%)
6枠90-86-90-1136(6.4%/12.6%/19.0%)
7枠93-107-80-1142(6.5%/14.1%/19.7%)
8枠100-112-86-1124(7.0%/14.9%/21.0%)

集計期間:2009/1/24~2018/10/14

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ176-99-84-358(24.5%/38.4%/50.1%)
先行337-355-283-1615(13.0%/26.7%/37.6%)
差し156-198-260-3335(4.0%/9.0%/15.5%)
追い込み47-66-92-3253(1.4%/3.3%/5.9%)
マクリ1-0-0-0(100.0%/100.0%/100.0%)

集計期間:2009/1/24~2018/10/14

騎手の傾向

騎手は、武豊が好成績。M.デムーロも3着内の数では他騎手に劣るものの、勝率・連対率・複勝率ではトップとなっており、要注目。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
武豊54-35-28-149(20.3%/33.5%/44.0%)
岩田康誠50-38-48-203(14.7%/26.0%/40.1%)
川田将雅42-27-32-190(14.4%/23.7%/34.7%)
福永祐一39-36-25-176(14.1%/27.2%/36.2%)
幸英明38-54-52-379(7.3%/17.6%/27.5%)
浜中俊38-29-28-247(11.1%/19.6%/27.8%)
和田竜二27-35-36-368(5.8%/13.3%/21.0%)
池添謙一25-21-17-218(8.9%/16.4%/22.4%)
M.デムーロ23-13-12-56(22.1%/34.6%/46.2%)
松山弘平22-20-15-215(8.1%/15.4%/21.0%)

集計期間:2009/1/24~2018/10/14

血統の傾向

種牡馬はダートが得意とされているサウスヴィグラス産駒が数で圧倒。短距離にも強い産駒で、ここは好条件。

血統データ(種牡馬)
種牡馬成績(勝率/連対率/複勝率)
サウスヴィグラス39-45-37-366(8.0%/17.2%/24.8%)
クロフネ38-37-29-262(10.4%/20.5%/28.4%)
ゴールドアリュール34-30-30-255(9.7%/18.3%/26.9%)
サクラバクシンオー20-24-18-226(6.9%/15.3%/21.5%)
キングカメハメハ20-17-18-126(10.9%/20.2%/30.1%)
フジキセキ19-18-10-125(11.0%/21.5%/27.3%)
ダイワメジャー17-12-15-155(8.5%/14.6%/22.1%)
マンハッタンカフェ16-10-4-85(13.9%/22.6%/26.1%)
プリサイスエンド14-11-17-132(8.0%/14.4%/24.1%)
キンシャサノキセキ14-5-16-74(12.8%/17.4%/32.1%)

集計期間:2009/1/24~2018/10/14