東京競馬場 ダート2100m

コース特徴・見解

2007年まではジャパンカップダートが行われていたコースだが、現在は条件戦を中心に行われているコース。

4つのコーナーを回る長距離コース。スタンド前の坂の上からスタートし、1コーナーまでは約236mと直線は短い。長距離戦だが序盤の直線が短いため先行争いは激しくなりやすく、カーブも大回りで緩やかのためそのまま緩まずペースは速くなりがち。

スタミナが要求され、最後の直線も長いため、適性の差がハッキリ出やすいコース。好走経験のある馬は狙い目。

枠・脚質の傾向

好走率が高いのは3枠と5枠で、真ん中よりの枠番が好走している。揉まれ込む危険のある内枠や、長距離戦ではとくに距離損を喫しやすい外枠は不振。

脚質は逃げ・先行が圧倒的に有利。勝率・連対率・複勝率全てにおいて中団以降の馬を圧倒している。

枠番データ
枠番 成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠 24-32-37-371(5.2%/12.1%/20.0%)
2枠 25-40-32-401(5.0%/13.1%/19.5%)
3枠 46-40-37-406(8.7%/16.3%/23.3%)
4枠 41-36-38-428(7.6%/14.2%/21.2%)
5枠 45-40-38-440(8.0%/15.1%/21.8%)
6枠 41-40-45-450(7.1%/14.1%/21.9%)
7枠 34-38-36-482(5.8%/12.2%/18.3%)
8枠 45-35-36-480(7.6%/13.4%/19.5%)

集計期間:2007/10/07~2017/06/25

脚質データ
脚質 成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ 43-37-31-213(13.3%/24.7%/34.3%)
先行 142-125-110-693(13.3%/25.0%/35.2%)
差し 85-96-113-1272(5.4%/11.6%/18.8%)
追い込み 23-38-38-1245(1.7%/4.5%/7.4%)
マクリ 8-5-7-31(15.7%/25.5%/39.2%)

集計期間:2007/10/07~2017/06/25

騎手の傾向

成績が良いのは戸崎圭太、横山典弘、蛯名正義。

騎手データ
騎手 成績(勝率/連対率/複勝率)
蛯名正義 22-18-22-107(13.0%/23.7%/36.7%)
北村宏司 22-18-12-122(12.6%/23.0%/29.9%)
戸崎圭太 20-16-14-77(15.7%/28.3%/39.4%)
内田博幸 19-22-21-119(10.5%/22.7%/34.3%)
横山典弘 17-16-8-77(14.4%/28.0%/34.7%)
吉田豊 15-26-18-146(7.3%/20.0%/28.8%)
田辺裕信 15-9-6-107(10.9%/17.5%/21.9%)
三浦皇成 12-11-8-107(8.7%/16.7%/22.5%)
柴山雄一 11-3-7-100(9.1%/11.6%/17.4%)
松岡正海 8-11-6-131(5.1%/12.2%/16.0%)

集計期間:2007/10/07~2017/06/25

血統の傾向

種牡馬ではキングカメハメハ産駒、マンハッタンカフェ産駒に注目。スピードとスタミナがあり、持続力のあるタイプが活躍している。

血統データ(種牡馬)
種牡馬 成績(勝率/連対率/複勝率)
キングカメハメハ 22-27-18-141(10.6%/23.6%/32.2%)
シンボリクリスエス 17-19-6-158(8.5%/18.0%/21.0%)
マンハッタンカフェ 15-9-13-75(13.4%/21.4%/33.0%)
ハーツクライ 11-3-7-77(11.2%/14.3%/21.4%)
ゴールドアリュール 9-14-12-73(8.3%/21.3%/32.4%)
クロフネ 9-13-14-131(5.4%/13.2%/21.6%)
ネオユニヴァース 9-11-10-70(9.0%/20.0%/30.0%)
ブライアンズタイム 9-10-12-70(8.9%/18.8%/30.7%)
ロージズインメイ 9-5-4-79(9.3%/14.4%/18.6%)
ジャングルポケット 9-5-4-67(10.6%/16.5%/21.2%)

集計期間:2007/10/07~2017/06/25