東京競馬場 ダート2400m

コース特徴・見解

このコースは1年で1回だけ、2月に行われる古馬1000万が1鞍だけ施行される珍しいコース。

ダートとしては長い距離で、日本のダートコースで最長距離を誇るコース。坂を3回越え、スタンド前の長い直線を2回も走るタフなコースで、言うまでもなくスタミナが要求される。

前半3ハロンが速く、1度スローペースに落ちて、その後じわじわとスピードを上げ加速していくような展開となりやすい。勝ち馬は。

枠・脚質の傾向

好走率が高いのは外枠で、とくに7枠の好走率が高い。内の1,2枠からは勝ち馬がゼロ、連対率もゼロという結果になっている。

脚質は先行馬が中心となっているが、長距離戦ということもあって差し馬も比較的多く決まっている。

枠番データ
枠番 成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠 0-0-2-13(0.0%/0.0%/13.3%)
2枠 0-0-0-17(0.0%/0.0%/0.0%)
3枠 2-2-0-14(11.1%/22.2%/22.2%)
4枠 0-0-2-17(0.0%/0.0%/10.5%)
5枠 2-2-1-15(10.0%/20.0%/25.0%)
6枠 1-2-3-14(5.0%/15.0%/30.0%)
7枠 3-2-0-15(15.0%/25.0%/25.0%)
8枠 2-2-2-14(10.0%/20.0%/30.0%)

集計期間:2008/02/23~2017/02/18

脚質データ
脚質 成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ 1-2-1-8(8.3%/25.0%/33.3%)
先行 4-4-2-24(11.8%/23.5%/29.4%)
差し 5-2-4-48(8.5%/11.9%/18.6%)
追い込み 0-2-2-38(0.0%/4.8%/9.5%)
マクリ 0-0-1-1(0.0%/0.0%/50.0%)

集計期間:2008/02/23~2017/02/18

騎手の傾向

成績が良いのは蛯名正義、内田博幸、田中勝春。とくに内田騎手は複勝率が60%と高くなっている。

騎手データ
騎手 成績(勝率/連対率/複勝率)
蛯名正義 1-1-0-3(20.0%/40.0%/40.0%)
内田博幸 1-0-2-2(20.0%/20.0%/60.0%)
吉田豊 1-0-1-4(16.7%/16.7%/33.3%)
川田将雅 1-0-1-0(50.0%/50.0%/100.0%)
C.デムーロ 1-0-0-1(50.0%/50.0%/50.0%)
T.ベリー 1-0-0-3(25.0%/25.0%/25.0%)
武士沢友治 1-0-0-2(33.3%/33.3%/33.3%)
田中博康 1-0-0-1(50.0%/50.0%/50.0%)
角田晃一 1-0-0-0(100.0%/100.0%/100.0%)
田中勝春 0-3-0-4(0.0%/42.9%/42.9%)

集計期間:2008/02/23~2017/02/18

血統の傾向

種牡馬で成績が良いのはキングカメハメハ産駒で、複勝率も45%と高め。データ自体が少ないので、1勝のみの種牡馬が多く、厳密な比較はそこまでできない。

血統データ(種牡馬)
種牡馬 成績(勝率/連対率/複勝率)
キングカメハメハ 2-2-1-6(18.2%/36.4%/45.5%)
シンボリクリスエス 1-1-0-4(16.7%/33.3%/33.3%)
ハーツクライ 1-0-0-4(20.0%/20.0%/20.0%)
マンハッタンカフェ 1-0-0-1(50.0%/50.0%/50.0%)
ネオユニヴァース 1-0-0-1(50.0%/50.0%/50.0%)
ステイゴールド 1-0-0-1(50.0%/50.0%/50.0%)
サクラローレル 1-0-0-1(50.0%/50.0%/50.0%)
スパイキュール 1-0-0-0(50.0%/50.0%/50.0%)
ウォーエンブレム 1-0-0-0(100.0%/100.0%/100.0%)
ブライアンズタイム 0-1-1-1(0.0%/33.3%/66.7%)

集計期間:2008/02/23~2017/02/18