フィリーズレビュー(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

フィリーズレビューは桜花賞トライアルという位置付けのレースですが、同じトライアルのチューリップ賞とは全くの別物。1400mという非根底距離ということもあり、スタミナや底力の問われるレースです。スプリンターが多く参戦するという特徴があり、本番と同じマイルで行われる他の桜花賞トライアルとは違った傾向を持つのが特徴の一つです。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にフィリーズレビューの傾向を探っていきたいと思います。

■波乱傾向は強め。人気上位同士の差は少なく、人気薄の激走にも注意

人気データ
人気成績
1番人気2-3-0-5
2番人気2-0-2-6
3番人気2-1-0-7
4番人気0-1-1-8
5番人気0-0-2-8
6番人気1-1-2-6
7番人気0-2-1-7
8番人気1-1-0-8
9番人気1-0-0-9
10番人気0-0-0-10
11番人気1-0-1-8
12番人気0-0-0-10
13番人気0-1-0-9
14番人気0-0-0-10
15番人気0-0-1-9
16番人気0-0-0-10
17番人気0-0-0-3
18番人気0-0-0-3
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-0-0
2.0~2.9倍0-1-0-1
3.0~3.9倍3-2-0-2
4.0~4.9倍1-0-2-5
5.0~6.9倍1-0-0-6
7.0~9.9倍1-0-2-10
10.0~14.9倍0-4-3-13
15.0~19.9倍1-2-0-10
20.0~29.9倍2-0-1-14
30.0~49.9倍0-0-1-16
50.0~99.9倍1-0-1-22
100.0倍以上0-1-0-35
馬単/三連単データ
馬単三連単
200871,110円461,660円
200914,640円668,740円
201014,430円86,630円
20116,490円54,370円
20124,420円50,550円
20133,850円96,300円
201488,570円1,750,540円
20154,290円23,720円
201611,330円47,890円
20171,070円9,570円

1~3番人気が2勝ずつあげており人気上位同士の差はそこまでありません。「単勝オッズ3倍台」の馬は複勝率が71.4%と好成績をあげている点が一つの取捨のポイントとなりそうです。また、「10番人気以下の馬」が4頭、「単勝オッズ50倍以上の馬」が3頭馬券に絡んでおり、46万、66万、175万馬券といった高額配当が飛び出すなど、波乱決着も目立っております。

【該当馬】単勝オッズ3倍台の馬(下記「予想オッズ」を参考):
モルトアレグロ

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1モルトアレグロ3.0
2アマルフィコースト4.5
3アンコールプリュ5.8
4コーディエライト7.9
5ラテュロス11.2
6トロワゼトワル13.6
7デルニエオール18.7
8アルモニカ25.3
9アンヴァル29.7
10アリア42.1
11ラブカンプー50.2
12レッドレグナント69.7
13シグナライズ72.1
14リバティハイツ88.2
15レッドシャーロット102.8
16マドモアゼル156.3
17イサチルルンルン245.1
18スウォナーレ284.2
19メイショウコゴミ304.2
20ナディア320.6
21ミトノレインボー352.7
22ダンシングチコ388.5
23キープシークレット412.6
24キャッチミーアップ452.7
25ギンコイエレジー485.1
26クリノフラッシュ521.3
27ビリーバー563.2

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■「内枠」がやや優勢。「追い込み馬」が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠2-2-0-16
2枠2-0-2-16
3枠1-2-1-16
4枠2-0-1-17
5枠0-1-2-17
6枠1-1-0-18
7枠0-3-3-17
8枠2-1-1-19
脚質データ
脚質成績
逃げ0-1-2-7
先行4-2-4-29
差し0-5-1-56
追い込み6-2-3-44

コースは阪神競馬場の芝1400m。スタートして平坦~下り坂となるためテンが速くなる傾向があり、スピード勝負になれば最短距離を走ることができる「内枠」が有利となります。しかし、勝ち星こそ挙げておりませんが、2,3着に3回ずつ入着している「7枠」が一番複勝率が高く、外枠の成績も決して悪くありません。

脚質は最多の6勝をあげている「追い込み馬」の好走が目立ちます。「差し」も勝ち星こそあげておりませんが、2着に5回入着するなど健闘しております。

【該当馬】追い込み馬:
アマルフィコースト
アリア
レッドシャーロット
スウォナーレ
ナディア

■馬体重は「-9kg~-4kg」が好走傾向に。馬体重が減っている馬が9勝をあげ断トツ

馬体重増減データ
馬体重増減成績
~-20kg1-0-0-0
-19~-10kg0-0-0-15
-9~-4kg6-3-3-41
-3~+3kg3-3-2-59
+4~+9kg0-4-5-18
+10~+19kg0-0-0-3
+20kg~0-0-0-0
今回減9-3-4-79
同体重0-1-1-23
今回増1-6-5-34

馬体重は最多の6勝をあげている「-9~-4kg」が好成績。馬体重が減っている馬が9勝をあげており、断トツの成績です。

■前走が「阪神JF」だった馬に注目

前走データ
前走成績
阪神JF(G1)2-3-4-17
エルフィンS(OP)2-1-1-14
クイーンC(G3)1-1-1-14
こぶし賞(500万下)1-1-0-4
500万下1-0-2-32
菜の花賞(500万下)1-0-0-1
万両賞(500万下)1-0-0-0
朝日杯FS(G1)1-0-0-0
春菜賞(500万下)0-1-0-4
クロッカスS(OP)0-1-0-2
前走クラスデータ
前走成績
新馬0-0-0-4
未勝利0-0-0-6
500万下4-3-3-50
オープン特別2-2-2-30
G31-2-1-24
G20-0-0-1
G13-3-4-17
海外0-0-0-0
前走着順データ
前走着順成績
1着3-3-4-49
2着1-1-0-6
3着0-0-1-9
4着2-3-2-7
5着1-2-0-9
6~9着1-0-2-25
10着以下2-1-1-31

前走は馬券圏内が最多数の「阪神JF」に注目。ただ、クラス別では「500万下」が最多の4勝をあげており、注意が必要。前走着順は「4着」だった馬が複勝率50.0%と高く、10着以下だった馬も2勝、2,3着が1回ずつと大敗から巻き返すケースも少なくありません。前走の着順はそこまで気にしなくても良さそうです。

【該当馬】前走が「阪神JF」だった馬:
コーディエライト(13着)
ナディア(18着)

■騎手は「川田将雅」&「M.デムーロ」に注目

騎手データ
騎手成績
川田将雅2-0-0-5
M.デムーロ2-0-0-2
武豊1-1-2-3
池添謙一1-0-0-6
藤岡佑介1-0-0-3
北村宏司1-0-0-0
福永祐一0-2-0-4
四位洋文0-1-0-7
浜中俊0-1-0-6
横山典弘0-1-0-1
菱田裕二0-1-0-2

騎手は2勝をあげている「川田将雅」と「M.デムーロ」に注目。

【該当馬】川田将雅騎手の騎乗予定馬:
アルモニカ

M.デムーロ騎手の騎乗予定馬:
なし