阪神カップ(2019)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

阪神競馬を締めくくる重賞「阪神カップ」が今週土曜に開催されます。スプリンターやマイラーなど様々な路線から有力馬が集結するため、各馬の評価が非常に難しい一戦。波乱が多い印象が強い一戦ですが、果たしてどんな傾向があるのでしょうか?今回は過去10年間のデータをもとに阪神カップの傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気が大不振、波乱傾向はかなり強め

「1番人気」は1勝、「2・3番人気」も2勝ずつと上位人気の勝率は低めです。とくに「1番人気」は複勝率も20%とかなり不振で、信頼度はかなり低め。人気薄を見ますと、「8番人気」が2勝、「7番人気」は3着内が4回、「10番人気以下」も3着内が7頭もおり(1-3-3-76)、穴馬の激走が目立っております。配当も10万馬券以上の3連単が7回もあり、高配当となる頻度も多くなっております。波乱傾向はかなり強めの一戦と言って良いでしょう。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気1018
2番人気2215
3番人気2116
4番人気1009
5番人気0325
6番人気00010
7番人気1216
8番人気2008
9番人気00010
10番人気0109
11番人気1108
12番人気0019
13番人気0019
14番人気0109
15番人気0019
16番人気0009
17番人気0008
18番人気0006
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0000
2.0~2.9倍0014
3.0~3.9倍1104
4.0~4.9倍2012
5.0~6.9倍0114
7.0~9.9倍31012
10.0~14.9倍13315
15.0~19.9倍22017
20.0~29.9倍03019
30.0~49.9倍10116
50.0~99.9倍00119
100.0倍以上00131
馬単/三連単データ
馬単三連単
20094,900円/7,190円123,100円/146,420円
20104,900円438,250円
201112,090円490,330円
201225,580円284,680円
201328,440円328,560円
201419,610円213,360円
20159,350円49,650円
20167,940円80,280円
20176,070円24,440円
201825,640円345,820円
該当馬 1番人気
  • グランアレグリア(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1グランアレグリア2.0
2マイスタイル3.9
3グァンチャーレ4.2
4イベリス7.2
5スマートオーディン10.1
6フィアーノロマーノ11.6
7レッツゴードンキ14.9
8ロジクライ19.3
9ストーミーシー29.6
10シュウジ33.0
11メイショウショウブ42.5
12ノーワン50.6
13シヴァージ62.8
14グランドボヌール75.6
15タイムトリップ88.4
16レインボーフラッグ101.7
17キャプテンペリー139.6
18ワンアフター188.7
19ショウナンライズ221.7
20メイショウケイメイ265.8

■「外枠」&「差し」が好成績

コースは阪神競馬場の芝1400mを使用。枠番は、「7枠」が最多の4勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。また、好走率においても勝率(15.4%)・連対率(26.9%)・複勝率(30.8%)の全てがトップとなっております。「1枠」も3勝を挙げているので内枠の成績が悪いというわけではありませんが、「8枠」も2着が4回と多く、外枠の好走が目立っております。

脚質は、「差し」が最多の5勝を挙げており、3着内の回数も最多です。阪神の芝1600mは最初のコーナーまでの直線が長く、先行争いが長引きやすいという特徴があります。前半から激しい流れになり、内に入った先行馬が崩れると内の差し馬も進路が無くなってしまい、結果的に外目の差し馬が活躍するというケースが目立ちます。こうしたコース形態の特徴も「外枠」と「差し」が好走している要因の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠31115
2枠10217
3枠01118
4枠10216
5枠11117
6枠01019
7枠43118
8枠04123
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ2107
先行26130
差し52559
追い込み12347
マクリ0000
該当馬 差し馬候補
  • スマートオーディン
  • レッツゴードンキ
  • ストーミーシー
  • ノーワン
  • レインボーフラッグ
  • ワンアフター

■馬体重の増減が「+4~+9kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の4勝を挙げ、連対数も最多の「+4~+9kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg1000
-19~-10kg0001
-9~-4kg20320
-3~+3kg35563
+4~+9kg46142
+10~+19kg00017
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0000
今回減31438
同体重22430
今回増58175

■「6歳馬」に注目

年齢は、最多の4勝を挙げている「6歳」に注目です。性別は、9勝を挙げている「牡馬」が中心で、「牝馬」の出走も少なくありませんが、馬券に絡んだのは2018年の勝ち馬ダイアナヘイロー(11番人気)の1頭のみとなっております。所属は、「美浦」が8勝を挙げており、関東馬が優勢です。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳13225
4歳12325
5歳33243
6歳42128
7歳11115
8歳以上0006
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬10023
牡馬91010120
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦86240
栗東257103
地方0000
外国0000
該当馬 6歳馬
  • キャプテンペリー
  • シュウジ
  • ショウナンライズ
  • ストーミーシー
  • スマートオーディン
  • レインボーフラッグ
  • ロジクライ
  • ワンアフター

■前走レースが「マイルCS」だった馬に注目

前走レースは、最多の4勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「マイルCS」に注目です。前走着順は、「10着以下」だった馬が12頭もおり、大敗馬の巻き返しも目立っております。前走大敗した馬でも十分警戒しておく必要がありそうです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
マイルCS(G1)45435
スワンS(G2)2018
京阪杯(G3)11120
オーロC(OP)11115
スプリンターズS(G1)11012
キャピタルS(OP)1009
CBC賞(G3)0101
フェブラリーS(G1)0100
JBCスプリント(G1)0100
チャレンジC(G3)0010
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
3勝クラス0005
オープン特別21230
G312230
G220112
G157451
海外0000
地方0100
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着21018
2着0219
3着1026
4着20013
5着1117
6~9着21126
10着以下26464
該当馬 前走がマイルCSだった馬
  • マイスタイル(4着)
  • グァンチャーレ(8着)
  • タイムトリップ(12着)
  • フィアーノロマーノ(13着)

■騎手の傾向はナシ

騎手は「M.デムーロ」と「吉田豊」が2勝を挙げておりますが、今年は騎乗予定がなく、その他の騎手に傾向らしい傾向は見られないため、騎手はついてはそこまで気にしなくて良さそうです。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
M.デムーロ2112
吉田豊2103
C.ルメール1115
川田将雅1016
R.ムーア1011
菱田裕二1001
W.ビュイック1000
C.スミヨン1000
武豊0217
C.デムーロ0111
岩田康誠0109

※現役騎手のみを表示しております。