JRA北九州記念(2021)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

今週はサマースプリントシリーズの第4戦となる「北九州記念」が小倉競馬場で開催されます。昨年は8番人気が優勝、一昨年は9番人気が優勝し、その前は1~3番人気が馬券圏外に飛ぶなど、波乱の結果が続いています。夏のローカルハンデ重賞らしい波乱傾向の強いレースです。今回は過去10年間のデータをもとに北九州記念の傾向を探っていきたいと思います。

■「1番人気」は0勝、波乱傾向はかなり強め

人気は「1番人気」が0勝、「2・3番人気」も1勝ずつとなっており、上位人気の勝率は極めて低いです。勝利数は「8番人気」の5勝が最多で、「9番人気」も1勝を挙げるなど下位人気の台頭が目立ちます。「10番人気以下」からは勝ち馬は出ていませんが、2・3着が3回ずつと馬券にはよく絡んでおり、穴馬もよく絡みます。3連単は10万馬券以上が4回で、そのうち2回は100万馬券以上の高額配当となっており、波乱傾向が非常に強いレースとなっています。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気0316
2番人気1117
3番人気1117
4番人気0118
5番人気0118
6番人気2017
7番人気0019
8番人気5005
9番人気1009
10番人気0019
11番人気00010
12番人気0109
13番人気0108
14番人気0108
15番人気0018
16番人気0008
17番人気0016
18番人気0006
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0100
2.0~2.9倍0100
3.0~3.9倍0113
4.0~4.9倍0102
5.0~6.9倍2119
7.0~9.9倍12415
10.0~14.9倍30118
15.0~19.9倍20112
20.0~29.9倍10017
30.0~49.9倍13021
50.0~99.9倍00118
100.0倍以上00123
馬単/三連単データ
馬単三連単
20118,250円39,250円
201262,760円997,220円
20139,480円55,230円
201453,270円3,953,810円
20151,940円13,770円
20164,970円34,850円
201724,410円1,078,270円
20187,630円71,170円
201922,790円117,900円
20206,910円93,990円

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1モズスーパーフレア3.2
2アウィルアウェイ3.6
3ジャンダルム5.0
4ヨカヨカ6.3
5シゲルピンクルビー11.4
6ファストフォース14.5
7レッドアンシェル22.0
8ボンボヤージ28.7
9ボンセルヴィーソ33.9
10エングレーバー45.7
11アスコルターレ65.5
12ノーワン77.8
13メイショウケイメイ89.9
14ファンタジステラ92.6
15メイショウキョウジ136.6
16メイショウカリン155.4
17ロジーナ202.3
18ロジクライ214.7
19クリノアリエル258.0
20コンパウンダー301.7

■「外枠」&「差し」が好成績

コースは小倉競馬場の芝1200mを使用。枠は「8枠」が最多の3勝を挙げており、連対数は「4枠」、3着内の回数は「4・6・8枠」が最多となっています。「1枠」は3着内が1着1回、「2枠」は1着2回となっており、内枠は勝ち馬こそ出ていますが、好走率は低めです。内枠不利、外枠有利の傾向となっています。

脚質は「差し」が最多の6勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。小倉の1200mは最初のコーナーまでの距離が479mと長く、スタートしてすぐに下りとなるため前傾ラップになりやすい特徴があります。最後の直線も短く先行逃げ切りが決まりそうなイメージがありますが、序盤のオーバーペースで差しがよく決まります。こうしたコース形態も、差し馬が好走している要因の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠10017
2枠20017
3枠12115
4枠14114
5枠11117
6枠12314
7枠01123
8枠30321
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0109
先行35333
差し63355
追い込み11341
マクリ0010
該当馬 差し馬候補
  • アウィルアウェイ
  • シゲルピンクルビー
  • レッドアンシェル
  • エングレーバー

■ハンデが「55kg」の馬が好成績

ハンデは、最多の4勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「55kg」に注目です。馬体重の増減は、最多の5勝を挙げている「+4~+9kg」に注目です。

ハンデデータ
斤量1着2着3着4着以下
~50kg00012
51kg0019
52kg13112
53kg22223
54kg10327
55kg43021
55.5kg0022
56kg11119
56.5kg0102
57kg1008
57.5kg0002
58kg~0001
馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0001
-19~-10kg0007
-9~-4kg02124
-3~+3kg45459
+4~+9kg51334
+10~+19kg1228
+20kg~0005
不明・初出走・未更新0000
今回減15149
同体重11130
今回増84859
該当馬 ハンデが55キロの馬
  • ファストフォース
  • ボンセルヴィーソ

■「3歳」は勝ちきれない&「牝馬」が好成績

年齢は「4・5・6歳」が3勝ずつを挙げており、どの年齢の馬もまんべんなく好走していますが、「3歳」は勝利数が0回となっており、勝率は低めです。性別は「牝馬」が5勝を挙げており、連対数と3着内の回数は「牡馬」よりも上です。所属は「栗東」が9勝を挙げており、関西馬が中心となります。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳02218
4歳33516
5歳35139
6歳30237
7歳10019
8歳以上0008
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬56758
牡馬54380
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦1007
栗東91010131
地方0000
外国0000

■前走レースが「CBC賞」だった馬に注目

前走レースは「アイビスSD」が最多の3勝を挙げていますが、今年は同レースから来る馬がいません。次いで勝利数が多いのは「CBC賞」と「バーデンバーデンC」ですが、今年はバーデンバーデンCから来る馬がいないので、CBC賞に注目したいと思います。前走着順は「1着」が最多4勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
アイビスSD(G3)33334
CBC賞(G3)20331
バーデンバーデンC(OP)20219
佐世保S(3勝クラス)1114
佐世保特別(2勝クラス)1000
ルミエールS(OP)1000
高松宮記念(G1)0102
葵S(OP)0103
船橋S(3勝クラス)0100
水無月S(3勝クラス)0100
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
2勝クラス1102
3勝クラス13115
オープン特別32238
G353675
G20002
G10116
海外0000
地方0000
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着48319
2着00213
3着2006
4着10111
5着0008
6~9着32238
10着以下00242
該当馬 前走がCBC賞だった馬
  • ファストフォース(1着)
  • アウィルアウェイ(3着)
  • ヨカヨカ(5着)
  • ノーワン(6着)
  • メイショウケイメイ(8着)

■騎手は「武豊」に注目

騎手は「北村友一」と「武豊」の2名の騎手が2勝ずつを挙げていますが、今年は北村騎手の騎乗予定がないため、武豊騎手に注目したいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
北村友一2106
武豊2014
藤岡康太1212
秋山真一郎1101
福永祐一1001
小牧太1003
菱田裕二1002
丸田恭介1000
川田将雅0121
高倉稜0115
松若風馬0106

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬 武豊騎手の騎乗予定馬
  • レッドアンシェル