京都金杯(2020)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

年が明ければ京都競馬が開催です。京都の一発目の重賞は古馬マイラーがしのぎを削る名物ハンデ戦「京都金杯」です。フルゲートのハンデ戦ということで例年混戦の金杯レースですが、どのような傾向があるのでしょうか?今回は過去10年間のデータをもとに京都金杯の傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気の勝率は低め

「1番人気」は最多の3勝を挙げており、連対率と3着内の回数も最多です。勝率は30%とそこまでで、「2番人気」も勝利数が0回、「3番人気」も2勝となっており、1着における上位人気の信頼度はそこまで高くありません。人気薄を見てみますと、「7~9番人気」が3着3回、「10番人気以下」も3着が3回となっており、穴馬が3着に絡むケースが目立っております。3連系の馬券で勝負するなら人気薄は絡めておきたいところです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3214
2番人気0118
3番人気2206
4番人気1108
5番人気2125
6番人気1207
7番人気1036
8番人気00010
9番人気00010
10番人気0019
11番人気0019
12番人気00010
13番人気0118
14番人気0009
15番人気0009
16番人気0008
17番人気0004
18番人気0002
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍1000
2.0~2.9倍1101
3.0~3.9倍1012
4.0~4.9倍0204
5.0~6.9倍3317
7.0~9.9倍10114
10.0~14.9倍3238
15.0~19.9倍01113
20.0~29.9倍00010
30.0~49.9倍01123
50.0~99.9倍00221
100.0倍以上00029
馬単/三連単データ
馬単三連単
20104,230円193,260円
20119,330円51,840円
20122,880円68,090円
20133,600円62,550円
20145,820円55,260円
20154,960円69,520円
201623,080円347,310円
20171,390円11,040円
20183,610円11,480円
20192,530円98,580円
該当馬 1番人気
  • ダイアトニック(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ダイアトニック3.4
2カテドラル3.8
3サウンドキアラ4.3
4ソーグリッタリング5.9
5ジャンダルム7.8
6エメラルファイト10.4
7ドーヴァー13.1
8ストロングタイタン18.9
9ハッピーアワー26.7
10オールフォーラヴ30.5
11リライアブルエース39.6
12モズダディー48.0
13マルターズアポジー60.6
14キョウヘイ67.7
15エントシャイデン82.8
16ボンセルヴィーソ132.7
17メイケイダイハード202.7

■「内枠」&「差し」が好成績

コースは京都競馬場の芝1600m(外)を使用。枠は「1枠」が最多の3勝を挙げており、連対数も最多です。勝ち馬は真ん中より内の枠に集中しており、3着内に入った述べ30頭中16頭が「1~3枠」で、半分以上の馬が内枠から来ております。「7・8枠」からは勝ち馬が出ておらず、内枠が有利です。

脚質は「差し」が最多の4勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。「追い込み」もよく決まっており、後ろからの馬がよく届きます。京都の1600mは、向正面から坂を上って3コーナーで頂点に達し、そこから下って平坦の直線へ入っていくというコース形態です。早めに動いていくロングスパート戦になりやすく、直線も長いので前がバテたところを差すパターンがよく見られます。後ろから脚を使える差し馬にとって有利な展開になりやすいコース形態となっていることも、差し・追い込みが決まっている要因の一つと考えられます。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠32113
2枠21115
3枠13213
4枠21314
5枠00218
6枠20017
7枠01021
8枠02121
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ2017
先行23427
差し44558
追い込み23040
マクリ0000
該当馬 差し馬候補
  • ダイアトニック
  • カテドラル
  • サウンドキアラ
  • エメラルファイト
  • ドーヴァー
  • ハッピーアワー
  • リライアブルエース
  • キョウヘイ
  • エントシャイデン

■ハンデが「57kg」の馬に注目

ハンデは、4勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「57kg」に注目です。馬体重の増減は、最多の5勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「-3~+3kg」に注目です。

ハンデデータ
斤量1着2着3着4着以下
~50kg0000
51kg0000
52kg0006
53kg10313
54kg02330
55kg41024
55.5kg0000
56kg02128
56.5kg1004
57kg43016
57.5kg0127
58kg0114
58.5kg0000
59kg~0000
馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg0101
-9~-4kg11018
-3~+3kg55652
+4~+9kg13343
+10~+19kg30115
+20kg~0003
不明・初出走・未更新0000
今回減33335
同体重03217
今回増74580
該当馬 ハンデが57キロの馬
  • ※ハンデ確定後に反映

■「4歳」に注目

年齢は、4勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「4歳」に注目です。性別は、9勝を挙げている「牡馬」が中心となります。所属は「栗東」が9勝を挙げており、関西馬が優勢です。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
4歳44231
5歳22222
6歳42236
7歳02329
8歳以上0015
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬10315
牡馬9107117
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦11224
栗東998108
地方0000
外国0000
該当馬 4歳馬
  • カテドラル
  • エメラルファイト
  • ハッピーアワー

■前走レースが「リゲルS」だった馬に注目

前走レースは、最多の3勝を挙げている「リゲルステークス」に注目です。前走着順は満遍なく来ており、前走で「6着以下」だった馬も4勝を挙げるなど、負けた馬の巻き返しも目立ちます。前走着順が低い馬でも、好走の可能性は十分あると見て良いでしょう。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
リゲルS(OP)30113
マイルCS(G1)12116
チャレンジC(G3)1102
鳴尾記念(G3)1102
キャピタルS(OP)10213
菊花賞(G1)1002
ファイナルS(OP)1002
毎日王冠(G2)1001
阪神カップ(G2)02216
朝日チャレンジC(G3)0106
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
3勝クラス02012
オープン特別50446
G324330
G212224
G122119
海外0000
地方0001
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着22219
2着0127
3着2019
4着01010
5着22210
6~9着32232
10着以下12145
該当馬 前走がリゲルSだった馬
  • ストロングタイタン(1着)
  • キョウヘイ(2着)
  • サウンドキアラ(3着)
  • エントシャイデン(8着)
  • メイケイダイハード(10着)

■騎手は「武豊」に注目

騎手は、2勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「武豊」騎手に注目です。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
武豊2115
川田将雅2002
C.ルメール2001
岩田康誠1125
池添謙一1105
小牧太1014
松岡正海1001
福永祐一0304
浜中俊0207
田中勝春0101
藤岡康太0015

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬 武豊騎手の騎乗予定馬
  • カテドラル