マーチステークス(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

中山ダート1800mで施行される唯一の重賞「マーチS」が今週末開催されます。昨年は10番人気、一昨年が8番人気、その前が6番人気が優勝しており、波乱傾向が非常に強いハンデ戦となっております。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心にマーチSの傾向を探っていきたいと思います。

■「6番人気」が好成績、波乱傾向が強い一戦

人気データ
人気成績
1番人気1-1-2-6
2番人気1-2-2-5
3番人気1-0-2-7
4番人気1-0-0-9
5番人気0-1-1-8
6番人気2-3-1-4
7番人気2-0-1-7
8番人気1-0-0-9
9番人気0-1-0-9
10番人気1-0-0-9
11番人気0-0-1-9
12番人気0-0-0-10
13番人気0-1-0-9
14番人気0-0-0-10
15番人気0-0-0-10
16番人気0-1-0-8
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-1-0
2.0~2.9倍1-1-0-1
3.0~3.9倍0-0-1-3
4.0~4.9倍1-1-1-3
5.0~6.9倍1-1-3-11
7.0~9.9倍1-0-0-9
10.0~14.9倍3-3-3-17
15.0~19.9倍0-1-0-8
20.0~29.9倍3-1-0-11
30.0~49.9倍0-0-1-20
50.0~99.9倍0-1-0-29
100.0倍以上0-1-0-17
馬単/三連単データ
馬単三連単
200834,850円106,110円
200912,200円75,240円
201011,300円81,380円
201128,330円289,140円
2012139,630円2,321,750円
20133,460円21,280円
20144,540円34,910円
201513,190円70,600円
20168,490円50,080円
201725,160円466,890円

一番好走率が高いのが「6番人気」で、勝率・連対率・複勝率全てにおいてトップとなっております。単勝オッズは「10.0~14.9倍」が最多の3勝をあげ、2着3回、3着3回と馬券圏内の頭数は断トツ。

1番人気は2009年以来、8年間勝てておらず不振です。2014年を除けば毎年6番人気以下の馬が連対しており、過去の配当を見てもわかるように、非常に波乱傾向が強いレースであることが分かります。

【該当馬】6番人気(下記「予想オッズ」を参考):
ディアデルレイ

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ハイランドピーク3.2
2エピカリス3.5
3センチュリオン4.8
4ロンドンタウン7.2
5ゴールデンバローズ8.6
6ディアデルレイ14.2
7コスモカナディアン23.5
8アルタイル30.2
9クインズサターン41.2
10リーゼントロック63.7
11ドリームキラリ92.5
12ロワジャルダン112.7
13メイショウウタゲ135.2
14キーグラウンド142.6
15オールブラッシュ178.5
16カフジキング182.7
17サクラルコール226.5
18トラキチシャチョウ280.6
19サンマルデューク305.5
20マイネルオフィール326.1
21タガノディグオ352.3
22ブレスアロット386.9
23ヒラボクプリンス410.5
24サイモントルナーレ425.7
25ジョルジュサンク502.3
26ストロングサウザー523.7

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■「外枠」&「逃げ・先行馬」が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠0-0-3-15
2枠2-3-1-12
3枠0-1-1-15
4枠0-1-1-16
5枠0-1-1-16
6枠3-0-0-15
7枠1-0-1-16
8枠3-3-1-11
脚質データ
脚質成績
逃げ1-1-0-8
先行4-4-3-21
差し3-3-6-40
追い込み1-0-0-46
マクリ0-1-0-1

※上記の「枠番」&「脚質」データは阪神競馬場で開催された2011年を除いた過去9回分のデータとなります。

コースは中山のダート1800m。最初のコーナーまでは約375mと長く、スタンド前の直線には勾配が約2mの急坂があり、直線の距離は約310mあります。坂もありコーナー4つを回ることもあってか、「外枠」の成績がよく、1枠が連対ゼロなのに対し、大外の8枠は3勝、2着3回、と馬券圏内の頭数も一番多くなっております。

脚質は「逃げ・先行」の好走が多くなっております。ペースが落ち着き安く、尚且つ最後の直線も短いため、差し馬同士で決まることは少ない傾向にあります。

【該当馬】逃げ・先行馬:
ハイランドピーク
エピカリス
ディアデルレイ
リーゼントロック
オールブラッシュ
マイネルオフィール
ジョルジュサンク

■ハンデは「58キロ」、馬体重は「-9kg~-4kg」が好走傾向に

ハンデデータ
斤量成績
~50kg0-0-0-1
51kg0-0-0-1
52kg0-0-0-1
53kg0-0-0-5
54kg1-1-1-22
55kg2-4-2-28
55.5kg0-0-0-0
56kg2-3-2-28
56.5kg0-0-1-5
57kg0-1-1-19
57.5kg2-0-1-10
58kg3-1-2-6
58.5kg0-0-0-3
59kg~0-0-0-0
馬体重増減データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg1-0-1-12
-9~-4kg5-1-4-45
-3~+3kg3-4-3-53
+4~+9kg0-5-2-14
+10~+19kg1-0-0-5
+20kg~0-0-0-0
今回減8-4-6-79
同体重0-1-1-16
今回増2-5-3-34

ハンデは最多の3勝をあげている「58キロ」が好成績です。53キロ以下、58.5キロ以上からは3着内馬がゼロとなっております。馬体重は最多の5勝をあげている「-9~-4kg」が好走しており、全体的には馬体重が減っている馬の好走が多いです。

【該当馬】ハンデ58キロ:
オールブラッシュ

■「6歳馬」&「関西馬」が好走傾向に

馬齢データ
馬齢成績
4歳2-4-2-25
5歳3-0-5-31
6歳3-5-2-37
7歳以上2-1-1-29
性別データ
性別成績
牝馬0-1-0-3
牡馬10-9-10-126
所属データ
所属成績
栗東7-7-6-75
美浦3-3-4-51
地方0-0-0-3
外国0-0-0-0

年齢は最多の3勝をあげ、かつ馬券圏内の頭数が一番多い「6歳馬」が好走傾向にあります。牡馬が中心で、所属は「関西馬」が好走しております。

【該当馬】6歳馬の関西馬:
オールブラッシュ
ドリームキラリ
マイネルオフィール

■前走が「フェブラリーS」だった馬に注目

前走データ
前走成績
フェブラリーS(G1)3-0-0-8
仁川S(OP)2-1-4-17
総武S(OP)1-3-0-9
ダイオライト記念(G2)1-1-0-2
平安S(G3)1-0-1-1
佐賀記念(G3)1-0-0-10
北山S(1600万下)1-0-0-0
ポラリスS(OP)0-1-0-5
みやこS(G3)0-1-0-1
エンプレス杯(G2)0-1-0-1
前走クラスデータ
前走成績
1600万下1-1-2-15
オープン特別3-6-6-60
G31-1-1-13
G20-0-0-6
G13-0-1-12
海外0-0-0-0
地方2-2-0-22
前走着順データ
前走着順成績
1着2-4-4-27
2着0-1-4-11
3着3-0-1-12
4着1-2-0-8
5着0-2-0-8
6~9着2-0-0-25
10着以下2-1-1-38

前走は最多の3勝をあげている「フェブラリーS」に注目。前走着順は6着以下から勝馬が4頭出るなど、巻き返しが目立っております。前走着順はそこまで気にしなくて良さそうです。

【該当馬】前走がフェブラリーSだった馬:
ロンドンタウン(14着)

■騎手は「松岡正海」に注目

騎手データ
騎手成績
松岡正海2-0-1-5
蛯名正義1-0-1-7
津村明秀1-0-0-4
丹内祐次1-0-0-2
勝浦正樹1-0-0-1
四位洋文1-0-0-1
北村宏司0-2-1-3
田辺裕信0-2-0-2
北村友一0-2-0-0
内田博幸0-1-0-4
柴山雄一0-1-0-6

騎手は唯一2勝以上をあげている「松岡正海」に注目。

【該当馬】松岡正海騎手の騎乗予定馬:
ロンドンタウン