札幌2歳ステークス(2019)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

夏の札幌競馬も今週末でラスト。最後の重賞を飾るのは2歳G3の「札幌2歳S」です。過去の上位馬にはゴールドシップやロジユニヴァース、アヴェンチュラなど、翌年の3歳クラシックを盛り上げた名馬たちがいることから、3歳クラシックへの登竜門と呼ばれるレースです。昨年の勝ち馬ニシノデイジーはダービー5着、昨年3着のクラージュゲリエは皐月賞5着、ダービー6着といずれも善戦止まりですが、来年のクラシック戦線を占う上でも見逃せない一戦です。ということで、今回は過去10年間のデータをもとに札幌2歳Sの傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気が堅実

「3番人気」が最多の3勝を挙げており、勝率(30%)がトップです。「1・2・4番人気」が連対数・連対数(40%)が同率トップです。複勝率は「1番人気」の60%がトップとなっております。上位人気で抜けて好成績を挙げている人気馬はおりませんが、人気サイドは全体的にまずまずといった成績です。

下位人気は「7~11番人気」の3着が多く(0-2-5-43)、このあたりが穴馬選びの狙い所となりそうです。人気上位馬がこぞって飛んで荒れた年が2回ありますが、単勝オッズ30倍以上は「0-2-1-58」で複勝率は4.9%と低く、基本的には堅実な決着で決まることが多いレースと言えるでしょう。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気2224
2番人気2206
3番人気3007
4番人気0406
5番人気2017
6番人気1027
7番人気0037
8番人気0019
9番人気0019
10番人気0109
11番人気0109
12番人気00010
13番人気00010
14番人気0008
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍1000
2.0~2.9倍0123
3.0~3.9倍1105
4.0~4.9倍2201
5.0~6.9倍3105
7.0~9.9倍1208
10.0~14.9倍10311
15.0~19.9倍0135
20.0~29.9倍10112
30.0~49.9倍01011
50.0~99.9倍01123
100.0倍以上00024
馬単/三連単データ
馬単三連単
20097,430円103,440円
20102,400円6,200円
2011580円2,430円
20121,190円22,330円
20134,220円51,340円
201437,730円452,740円
20152,110円26,990円
201630,290円501,710円
20172,670円33,770円
201823,600円87,570円
該当馬 1番人気
  • ゴルコンダ(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ゴルコンダ2.0
2サトノゴールド3.5
3ダーリントンホール5.4
4レザネフォール10.2
5ブラックホール18.7
6アールクインダム25.8
7エイリアス33.6
8ヨハネスボーイ40.1
9コスモインペリウム48.6
10カップッチョ69.7
11ディアセオリー96.3
12コンドゥクシオン150.2
13カワキタアジン197.6

■「外枠」&「先行馬」が好成績

コースは札幌競馬場の芝1800mを使用。枠番は、「3枠」と「7枠」が最多の3勝を挙げており、連対数と3着内の回数は「7枠」が最多です。勝率は「3枠」がトップ(18.8%)で、連対率と複勝率は「7枠」がトップ(いずれも38.9%)です。「1・2枠」が3着内が僅か3回なのに対し、「7・8枠」が3着内が13回と多く、外枠が有利な傾向となっております。

脚質は、「先行馬」が最多の5勝を挙げており、連対数も最多です。頻度の少ない「マクリ」を除けば、「先行馬」が勝率(16.7%)・連対率(33.3%)・複勝率(36.7%)の全てでトップです。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0018
2枠1017
3枠30112
4枠10116
5枠01215
6枠01116
7枠34011
8枠13212
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1008
先行55119
差し23640
追い込み01030
マクリ1020

※上記の「枠番データ」と「脚質データ」は、函館競馬場で行われた2013年を除いた過去9回分のデータになります。

該当馬 先行馬候補
  • ゴルコンダ
  • サトノゴールド
  • コスモインペリウム
  • コンドゥクシオン

■馬体重の増減が「-3~+3kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、最多の5勝を挙げ、連対数・3着内の回数が最多の「-3~+3kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg0003
-9~-4kg22520
-3~+3kg53437
+4~+9kg25141
+10~+19kg1007
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0000
今回減32530
同体重32319
今回増46259

■「牡馬」が中心

性別は、8勝を挙げている「牡馬」が中心となります。所属は、東西で数や好走率に大きな差はなく、どちらも好走しております。

性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬23327
牡馬87781
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦44450
栗東55554
地方1114
外国0000

■前走は「新馬」、前走着順は「1着馬」が中心

ほとんどの出走馬が新馬、または未勝利を勝ち上がってきた馬なので、必然的に前走は「新馬・未勝利」、前走着順は「1着馬」が占めるかたちとなります。ただ、好走率ベースでは「クローバー賞」が勝率(15.4%)・連対率(23.1%)・複勝率(38.5%)の全てでトップとなっておりますので、数は少ないですが注目してみても良いかもしれません。

前走データ
前走1着2着3着4着以下
新馬54760
未勝利31017
クローバー賞(OP)2128
コスモス賞(OP)04116
函館2歳S(G3)0006
中京2歳S(OP)0001
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
新馬54760
未勝利31017
オープン特別25325
G30006
G20000
G10000
海外0000
地方0000
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着99979
2着10010
3着0104
4着0014
5着0002
6~9着0005
10着以下0004
該当馬 前走が新馬だった馬
  • アールクインダム(1着)
  • エイリアス(1着)
  • コンドゥクシオン(1着)
  • サトノゴールド(1着)
  • ダーリントンホール(1着)
  • ディアセオリー(1着)
  • レザネフォール(1着)

■騎手は「C.ルメール」騎手に注目

騎手は、「岩田康誠」騎手が唯一2勝を挙げておりますが、今年は騎乗なしです。今年騎乗予定がある騎手の中では、「C.ルメール」騎手が連対数が最多となっておりますので、ルメール騎手を注目騎手に挙げたいと思います。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
岩田康誠2113
柴田大知1202
C.ルメール1101
勝浦正樹1013
横山典弘1004
藤岡佑介1003
田辺裕信1001
秋山真一郎1001
蛯名正義0102
池添謙一0106
五十嵐冬樹0102
該当馬 C.ルメール騎手の騎乗予定馬
  • ゴルコンダ